人や会社に依存しているうちは絶対に自由にはなれない。自分で稼ぐスキルと自動収益化の知識を身につけて、経済と時間と精神の自由の確立を。人生は短い。いますぐ始めよう。

【事例あり】コピーライティングの3つのNOTをわかりやすく解説【初心者向け】

こんにちは、ユウトです。

今回はコピーライティングをしていく上での基礎中の基礎、「コピーライティングの3つのNOT」についてお話ししていきたいと思います。

ぶっちゃけた話、「3つのNOT」をきちんと理解できているか否かで、「文章を書く」ということの労働対効果が2倍も3倍も変わりますし、そこから得られる収益にも格段の差が生まれます。

コピーライティングへの理解が深まれば深まるほど、この概念がネットで稼いでいく上でものすごく重要なであるということがわかってくるはずです。

そこで今回は、具体例も交えつつコピーライティングの3つのnotについてバッチリ解説してみたので、ぜひ最後までしっかり読み込んで、知識を脳に染み込ませていってくださいね。

では、参ります。

3つのNOTって?
そもそもコピーライティングって?

3つのNOTとは、簡単い言うと、
あなたの文章を見た時の読者の反応を表す言葉です。

人にあなたの文章を読んでもらい、その先にある「メルマガに登録してもらう」「商品を買ってもらう」などといった行動を起こしてもらう場合には、以下の3つのNOTを越えさせなければ行けません。

  1. 読まない(Not Read)
  2. 信じない(Not Believe)
  3. 行動しない(Not Act)

「読者に3つの壁を越えてもらう」と言った方がわかりやすいかもしれませんね。

この超情報化社会において、人々は日々膨大な数の情報に触れています。

どんな暇そうな人でもネット上の情報処理には忙しいので、自分に必要がなさそうな情報はほとんど反射的にスルーしてしまいます。

仮に必要な情報だったとしても、より興味を引くタイトルが一緒に並んでいればそちらを読みますし、仮にタイトルに目を引かれたとしても、中身がつまらなければ最後まで読まずに離脱してしまいます。

つまりあなたが文章を読者に読ませ、行動させたいと思った場合には、読者の意識を引きつけ、離さない文章を書く必要がある、ということです。

そこで役立つのがコピーライティングです。

コピーライティングとは、端的に言えば「人を行動させる文章術」のこと。

コピーライティングにはさまざまなテクニックがありますが、3つのNOTは最も基本的な概念であり、あらゆるテクニックの幹に当たるものになります。

すべてのコピーライティングのテクニックは、3つのNOTに通ず。

例えばですが、あなたは

  • 「タイトルには数字を入れると良い」
  • 「タイトルには○○があると良い」

みたいな話を聞いたことがありますか?

これらは全て人間の心理に即したテクニックというか、つまるところコピーライティングのテクニックなのですが、これって全て「読者の目を引くためのテクニック」なんですよね。

つまり、3つのNotの1つ目の壁「読まない(Not read)」を越えさせるためのテクニックなんです。

コピーライティングを真剣に勉強していくと様々なテクニックを知ることになると思うのですが、それらは全て、以下の3つに分類されます。

  1. 読者の目を引くためのテクニック
  2. 読者の信頼を獲得するためのテクニック
  3. 読者に行動を促すためのテクニック

つまり、全て3つのNOTを越えさせるためのテクニックなんですね。

数あるコピーライティングのテクニックを覚え、きちんと使いこなせるようになるためには、たくさんの勉強と鍛錬が必要になります。

しかし、最低限3つのNOTを頭に入れておけば、3つのNOTを意識しながら文章を書けば、細かいことを考えなくてもそれなりのコピーライティングができるわけです。

3つのNOTとは、いわば「ネットでものが売れない理由」そのもの。

つまり、3つのNOTを越えさせられる文章が書けるようになれば、

  • 成約率10%超えのセールスレターが書けたり
  • ブログやウェブサイトから勝手に商品が売れたり
  • SNSでイベント告知をしたらすぐに満員になったり

と、文章だけでいくらでも人を動かすことができるようになるわけです。

つまりそれは、
あなたの書く1文字あたりの価値がグーンと上がるということ。

……3つのNOTの重要性がなんとなくでも伝わったでしょうか。

では、これからいよいよ、具体的な解説に入ります。

3つのNOTを1つずつみていきましょう。

1つ目のNOT:読まない(Not Read)

 

当たり前の話ですが、読者に文章を読み始めてもらえなければ、文章の内容を信じてもらうことも、その先の行動へ誘うこともできません。

そういう意味では、Not Readを越えさせることは、3つのNOTの中でも最も重要なポイントであると言えます。

Not Readを越えさせるための方法としては色々なテクニックがあります。

具体的には、

  • タイトルの中に「○選」みたいな感じで数字を入れる
  • タイトルに「○○の方法」と付ける
  • タイトルの最後に疑問文をつける
  • 「98%」みたいにインパクトのある数字を使う

などといった感じ。

これらの文字列をタイトルに入れるのは、主に読者の知的好奇心を刺激するためです。

ただ、これらはあくまでテクニックであり、本質ではありません。

確かにこれらの言葉をタイトルに入れておけば読まれやすくはなりますが、あなたのライバルたちがこれらのテクニックを使っていた場合、その中に埋もれてしまいます。

例えばですが、

  • 初心者向け! ブログで稼ぐために必要な16のステップ
  • 【完全保存版】ブログで稼ぎたい初心者が最初にするべき10のこと
  • 98%のブログ初心者が稼げるようになった○○の方法とは?

みたいな記事がズラズラズラーって並んでたら、この中で選ばれるタイトルをつけるのって普通に考えて大変ですよね。

テクニックって、つまるところノウハウですから、知っていれさえすれば誰にでも活用できてしまいます。

ではそのテクニックが溢れた中でどう目立つか。やっぱり一番は、他の人があまりしていないアプローチをすることですよね。

ちょっと余談になりますが、「テクニック」の対義語は「本質」だと僕は思ってます。

「テクニック」は具体的でわかりやすく、使いやすいもの。悪い言い方をすれば小手先の技術です。

それに対する「本質」は、物事の根幹的な要素です。抽象度が高くてわかりづらいけれど、その分汎用性が高く、きちんと理解できれば、同じアクションをする場合でも絶大な効果が得られるようになります。

木に例えるなら、幹(本質)と枝(テクニック)ですね。枝をどれだけ整えても、幹が腐っていては意味がありません。本質を理解してテクニックが初めて生きるのです。

では、読者に文章を読ませることの本質とは何か。

それは、読者の興味のある言葉を使う、ということです。

これがめちゃくちゃ大事。

これを念頭に置くことが本っっっっっっっっ当に大事!

ぶっちゃけた話、
本質がきちんと理解できていれば、
「○選」とか「〜の方法」なんて書かなくても十分文章を読んでもらえます。

例えばですが、

あなたのターゲットが

「ネットビジネス未経験で
なんとなくアフィリエイトに興味がある人」

だったら、

【今からアフィリエイトを始めるのは危険です】

って書いてあったら、
多分ものすごく気になっちゃいますよね?

(人はネガティブワードに反応しやすい生き物です)

他にも、

「生まれてこの方一度も彼女ができたことのないアラサー歳男性」

があなたの文章のターゲットなら、

【28まで童貞だった俺が
初めての彼女を作るまでにやったことを全部教えてやる】

なんて書いてあったら多分反応しちゃいますよね。

まあ、後者は数字も入ってますし、「やったこと」=「方法」なのでキャッチコピーのテクニックが自然と織り交ぜられちゃってるんですが、いずれにせよ、

  • 読者の興味を引くようなタイトル

もう少し具体的に言うと、

  • 読者が「自分ごと」に置き換えられるタイトル
  • 読者にとって重要度の高い悩みや欲求が解決されそうなタイトル

だったら、そのタイトルがぴったり当てはまる属性の読者は、強く興味を引かれるわけです。

またちょっと余談になりますが、ついさっき書店でこんな本を見つけました。

……僕がどの本のことを言っているか、わかりますか?

なんとなくわかるかな、と思います。

真ん中の右側にある「性学」という本です。

これ、普通に気になりません?(笑)

もちろんイラストの効果もあると思いますが、めちゃくちゃ目を引くタイトルだなーと思って、思わず写真を撮ってしまいました。

これを見つけた時、別にムラムラしていたとかそういうわけじゃないんですが、やっぱり本能的に訴えかけるものがあったんでしょうね。

正直、中身が気になって仕方がありませんでした。

特に、「性学」というタイトルの下にある、

「SEX BOOK」

という文字。

シンプルイズザベスト。

健康的な若い男に対して、
このワードは強力ですね……。

(周りに誰もいなかったら、
確実に手にとってたと思います)

……。

と、事例のせいで話がちょっとシモ寄りになってしまいましたが、

3つのNOTに限らず、コピーライティングを理解する上で重要なのは、あなたの見込み客の心理をしっかりと理解することです。

  • 見込み客が何に興味を持つのか
  • どんな悩みや欲求を抱えているのか
  • どんな言葉を出されると、反射的に反応してしまうのか

これらをきちんと理解し、バッチリ刺さる言葉を使えば、感情が刺激され、行動に至らせることができる、というわけです。

ちなみにタイトルの具体性が高ければ高いほど、そのタイトルの内容に当てはまる人への訴求力は高くなります。

極端な話ですが、

「女性・24歳・爬虫類好き(41匹飼ってる)・彼氏ができなくて困ってる」

という人がターゲットだった場合、

【24歳で41匹の爬虫類を飼っている私が彼氏を作った方法】

というタイトルが目に入ったらほぼ100%クリックしますよね?

アバター
爬虫類女子

!?!?!?
えっ、なにこれ、ドッペルゲンガー?
え、私……何? 盗撮……?
(部屋の中キョロキョロ)

みたいな感じで、感情揺さぶられまくって、クリックせずにはいられなくなっちゃうと思います。

もちろん、具体化しすぎると今度は当てはまる人がいなくなってしまうので加減が必要ですが、読者の属性や考えていることをある程度具体的に言い当てられた方が、読んでもらえる可能性は大きくなるわけです。

市場調査で読者の理解を深める

じゃあどうやって読者の心理を言い当てるのか、顧客の心理を理解するのかというと、推測するか、事前に調査をしておくかの2つしかありません。

ただ、前者は大抵あてにならないので、正確には1つですね。

事前調査。
別の言い方をすると、市場調査です。

そもそもの話、

今あなたがこうしてコピーライティングの記事を読んでいるということは、あなたにも売りたい商品(登録させたいサービス、参加させたいイベント)があるということですよね?

(ある、という前提で話しますが)

あなたはその商品が、どういった人たちのどんな悩みや欲求を解消するものなのかを、詳しく説明することができますか?

もし説明できるなら、その商品のターゲットとなる人たちが共通して持っていそうな興味、悩み、欲求に訴求するタイトルをつけてあげれば、刺さるタイトルが付けられるわけです。

市場調査をするそもそもの目的は、自分が参入しているジャンルでまだ解決されてない悩みや欲求(=顧客ニーズ)を見つけること。

そしてそれを具体化すること

しっかり市場調査を行ってから商品を作れば大きな失敗をすることはないし、しっかり悩みや欲求をデータとして収集しておけば、集客の時の材料として(それこそ、コピーライティングを行う際に)とても役立つわけです。

でも、世の中の多くの稼げていない人たちは、この市場調査をろくに行いません。

だから新しくビジネスを初めても失敗するし、集客のための記事を書いても膨大な競合の中に埋もれてしまうんです。

でも逆説的に考えれば、この市場調査をしっかり行うことで、市場調査がわからないから、面倒くさいからという理由でやっていない大多数の人たちに対して優位に立てるわけです。

 

Do you understand?

 

2つ目のNOT:信じない(Not Believe)

1つ目の「見ない(Not Read)」に思いのほか長くなってしまったので、2つ目以降はちょっとサクサク行きますね。

読者に「信じない壁」を突破させるためにポイントを3つお伝えします。

以前、僕は

ネットビジネスは顔出しなしでも稼げる?顔出しありと比べた時のメリットやデメリットをまとめてみました

という記事で、「顔出しあり」と「顔出しなし」の信頼性の差について書きましたが、

ぶっちゃけ、これから紹介する3つのポイントを全て抑えていれば、例え顔写真を公開しなくても、読者の信頼感を得ることは可能です。

信頼関係の構築は、セールスを行う上で最重要と言っても過言でない要素。

 

これをしっかり行えば
10万円の壺を売りつけるハードルも下がります!

 

……

 

(冗談でもこういうことを言うと信頼感が損なわれるので、言わないでくださいね)

……それでは、2つ目のNOT:信じない(Not Believe)を突破するための3ポイントを見ていきましょう。

1. 自信を持って、言い切る

ちょっと文章の話からは離れますが、あなたはリアルで人と対面した時に、その人を信じるか、それとも信じないかを、何をもってジャッジしますか?

もちろん一言ではまとめづらいと思いますが、おそらく、外見・言葉遣い・雰囲気・態度などのさまざまな要素を考慮して、

「この人は信頼できるぞ」
「なんか頼りなさそうな人だなぁ……」
「こいつ、胡散臭ぇ……w」

などと判断しているのではないかと思います。

文章にもある程度同じことが言えます。

とはいえ、文章で信頼を勝ち取る手段は、基本的には「文字(言葉)」しかありません。

そこで特に重要になってくるのが、
「書き手の自信が感じられるか」ということです。

例えば、あなたはこんな導入分をどう思いますか?

 

今回は、3つのNOTについて書いていこうと思います。

あらかじめ断っておきますが、今回お伝えする内容は、僕が3のNOTに対して個人的に抱いてる考え・ノウハウであり、万人に通ずる絶対的なものではありません。

人によっては、3つのNOTについて、僕とは異なる解釈をしている場合もあるかと思います。

僕もできるだけ強い根拠を集めてこの記事を書いてみましたが、もしかすると、読んだ後に「あまり役に立たなかった」と感じる人もいるかもしれません。

僕は、コピーライティングについて長年勉強してきましたが、まだ一人前と呼べるほどになったとは思っておりません。(権威とされる人からすれば、本当に、素人に毛が生えたレベルだと思います)

そのため、この記事を読む際は、あらかじめそれらのことを念頭に置いておいていただけると幸いです。

 

……。

いかがでしょう。

「長い!」と言うのは一旦おいておくとして、一見すると謙虚に見える文言の節々に、「自身のなさ」が感じられたのではないでしょうか。

なぜそう感じるのか。

答えは簡単です。

断言を避けているから

あとは

予防線を張りまくっているいるから

です。

具体的にどの辺がそうなのかというと、

  • 「あらかじめ断っておくと」
  • 「もしかすると、中には」
  • 「感じることもあるかもしれません」

このあたりですね。

リアル世界では、明確な根拠を述べたり、相手の気持ちを配慮したりせずに「断言」を連発する人は嫌われます。

理由は単純で、

「え、私はそうは思わないんだけど……」

という感情が聞き手側に生まれるからです。

しかし、
話し言葉と書き言葉はまったくの別物。

書き言葉、つまり文章は、話し言葉と違って威力が弱いので、ハッキリ言い切らないと相手の心に刺さらないんですよね。

また、言い切りの重要性は、「1人(もしくは少数)を相手に話すのか」、「不特定多数に向かって発信するのか」でも大きく変わってきます。

当然、後者の方が言い切りの必要性は高くなります。

(例えばですが、
何を発言するにも明言を渋る政治家って
全然信じられないですよね。

あの逆パターンで、
自分の主張をハッキリ言える人は
一定の信頼を獲得することができます)

もちろん、断言すると

「え、私はそうは思わないんだけど……」

と思う人が一定数は生まれるんですが、

逆に断言することで

「うんうん、すごくわかるよ!」

と思う人もまた生まれてくれるんです。

例えばですが、

「優しいだけの男性」って、話し相手や友だちとしてはいいんだけど、なかなかモテないですよね。

なぜかというと、
答えは単純で、無難だから。

つまりキャラクターとしてのフックが弱いから、「付き合ってでも自分の傍に置いておきたい」っていう気持ちが女性の中に生まれにくいんですよね。

多少の荒さがあったとしても、自分の頭で考えたことをバシッと「こうだ!」と言える人の方が、好かれやすい(信頼を獲得されやすい)んです。

コピーライティングの話に戻ると、、

自信なさげに、「まあ、どちらかと言えば、おすすめですよ」と商品を勧められるよりも、

自信満々に

  • 「この商品は買うべき」
  • 「騙されたと思って買ってみてよ」
  • 「絶対に良かったって思うから」

って言われた方が、信用してみたくなりませんか?

ネットに掲載する文章は、強い自信が感じられる言い切り形にする。

誤解を恐れずに言えば、「俺(私)の言うことは絶対だ!」くらいの意気込みで、書く。

これ、めちゃくちゃ大事です。

2. 読み手側の視点に立ち、共感する

読者に「信じない(Not Believe」の壁を越えさせる2つ目のポイントは、共感です。

 

人の信用を得るためには共感が大事。

だからあなたが文章を書くときは、相手を共感させまくってください。

 

 

 

 

 

……って言われても、よくわからないですよね?

 

 

 

 

 

そう。

↑の太字の文がまさに「共感」です。

 

文章における共感とは、

読者の気持ちを読み、先回りして

  • 「○○だと思っちゃいますよね」
  • 「△△な時って本当に辛いよね」
  • 「××ってマジで許せないよね」

などと、
相手の気持ちを代弁してあげること
です。

 

人間って、
自分のことをわかって欲しい生き物なんですよね。

相手の自慢話をベラベラ聞かされるよりも、自分の話をしたい。

自分の悩んでいること、困っていることを吐き出して、それに共感してもらいたい。わかってもらいたい。

人は誰しも、そのように思っているんです。

人の文章を読むときもそう。

でも、文章では過去に書かれたデータです。

リアルタイムで自分の気持ちに共感してもらうことはできません。

だからこそ、文章で共感を得ようと思った場合には、こちら(書き手)が先回りして、読者が思うであろうことにあらかじめ共感してあげる必要があるんです。

大事なのは、文章を書きながら、「これを読んだら読者はどう思うかなあ……」ってことを考えることです。

例えばですが、

「僕は寝ながらでも月に100万以上は必ず稼ぎます


って書いてあったら、読者はどう思と思いますか?

そもそも、
あなたはどう思いますか?

「え……、羨ましい」
「自分もそうなりたい!」

と肯定的に捉える人もいると思います。

しかしその反面、

「うわっ……怪しっ」
「自慢うぜぇなあ……」
「ハイハイ、嘘乙。死ねよ詐欺師」

なんて風に否定的に捉える人も必ずいるはずです。

この否定的な人たちの見方をガラッと変えてしまうのが、「共感」のすごいところです。

  • 「寝ながら月収100万円稼ぐだなんて言われても、
     信じられる分けないし、正直ウザいですよね。
     そう思われても仕方ないと思います」
  • 「昔の僕だったら、確実に疑ってます」

こんな文章が入っているかどうかで、あなたの文章の印象がガラッと変わります。

「うんうん、普通は信じないですよね。
疑いを抱くあなたは正しいのです」

と正直に言って読者に寄り添うことで、信頼性が格段に高められるのです。

だからこそ、あなたが文章を書いている時にも「これはちょっと怪しむ人いるだろうな」なんて思ったら、すかさず読者の気持ちを先回りして、共感する文章を入れるようにしましょう。

3. 何で? の説明を添える

あなたはこんな話を聞いたことがありませんか?

コピー機の前に行列ができている時に、列の先頭に行って、

「先にコピーを取らせてください」

とた頼むのにくらべ、

急いでいるので、コピーを取らせてください」

と理由を添えて頼んだ方が、
列に入れてもらえる確率が格段に高くなる。

これはハーバード大学の心理学者のエレン・ランガーが、

「人にものを頼む時、
言い方によって承諾率が変わるかどうか」

ということを調べるために行った実験の話です。

実験結果がどうだったかと言うと、

理由を述べない場合は6割の人が順番を譲り
(人って意外と優しいんですね)、

理由を述べた場合は9割の人が
順番を譲ってくれたんだそうです。

ちなみに同実験によると、
「理由」に正当性がない場合でも、同様の結果が得られたんだとか。

どういうことかと言うと、

「コピーをしたいので、コピーを取らせてください」

これでも承諾率が上がったんだそうです。

「は、何言ってんだこいつ?」

と思いませんか?

言うまでもなく、
全然理由になってないですよね。

でも、多くの人がこの頼みを承諾したんですよね。

この実験結果から言えるのは、

人は「〜だから」「〜なので」と理由を添えられると、
反射的に承諾しやすくなってしまう性質がある

ということです。

もちろん、この話だけが根拠というわけではありませんが、人は「何で?」をあらかじめ説明されると、話を信じやすくなります。

例えばですが、

 

新型コロナウィルスで経営が苦しくなった飲食店へ支援金を集めてます!

 

と言うより、

 

僕たちに美味しい料理を提供してくれる素晴らしい飲食店の数々が、今、新型コロナウィルスの影響で経営が苦しくなってます!

料理人たちが技を発揮する場所と、心から料理を楽しめる環境が失われてしまうのは悲しいと思えませんか?

僕らの日常に「美味しい」を提供してくれる人たちが路頭に迷わないよう、少しでも応援したいんです!

 

と動機と理念を乗っけた方が、支援してみようかな、という気持ちが強くなりませんか?

 

そう。

ただ「何で?」の理由を説明するだけでなく、そこに「あなたの想い」を乗っけた方が圧倒的に信頼度は高まるんです。

むしろ「何で?」の具体的な回答は、
相手が行動することを決断した後でもOKだったりします。

(文章でセールスを行う場合は、まず相手に書いたい気持ちになってもらってそれから価格や内容などの説明に入るのが基本です)

とにかく大事なのは相手になんとなく納得してもらうことです。

徹底的にわかってもらう必要はありません。

むしろ多くの読者は「長い説明」が始まったら途中で抜けてしまいます。

大切なのは、その文章の中に「〜だから」「〜なので」の要素があることです。

それさえあれば、わりとシンプルな文章でもしっかり相手に訴求することができます。

そう。

3つのNOTに関する話からはちょっと離れますが、
文章の簡潔さ、進行のスムースさも、「読んでもらえる文章」には欠かせない要素なのです。

番外編:やっぱり写真は強い

今回はコピーライティングに関する記事なのであまり深堀はしませんが、やっぱり写真があると相手からの信頼獲得は格段にしやすくなります。

あなたの人相がわかる顔写真が一番効果が大きいですが、横顔や後ろ姿、作業環境がわかる写真でも、全くないよりは相手の信頼を得やすくなります。

3つ目のNOT:行動しない(Not Act)

さて、残るは最後の1つとなりました。

3つ目のNOT。Not Act。

コピーライティングはそもそも読者の感情を揺さぶり行動に至らせることが目的なので、この「Not Act」をクリアできるかどうかは、コピーライターとしての腕の見せ所でもあります。

ただ、ここで注意してほしいことが1つあります。

それは、「感情を揺さぶり行動に至らせる」というのは、「読者を操って無理やり行動させる」というものではないということです。

これ、結構勘違いしている人が多いんですが、

どちらかというと、コピーライティングって

「行動させるのではなく、自発的に行動したくなるよう読者の心に作用していく」

ための文章術なですよね。

上手いコピーライティングの文章というのは、必ずしも「売り込みの力が強い文章」というわけではありません。

そういうのは、どちらかというとセールスライティングと呼ぶ方が正しいですね。

売り込まれることを嫌う人は多いので、強引なセールスライティングをしてしまうと逆に反応率が悪くなることもあります。

コピーライティングが目指すところは、あくまで読者に自然に歩んでもらいつつ、そっと背中を押してあげられるような文章を書くこと。

以上の話をまとめ、コピーライティングの文章を再定義すると、

  • 売り込まれている感が一切ないのに、知らず知らずのうちに買いたい気持ちが強くなる文章
  • 「これはセールスの文章だ」とわかっていても、先を読まずにいられなくなってしまうような文章

などといった文章を書くことが、コピーライターたちの目指すところになります。

簡潔にて流麗。

絹のような肌触りで、
自然と読み手の脳や心に沁みていく文章……。

(↑ちょっとうまいことを言おうとしたつもり)

まあ、僕のポエムはどうでも良いとして、
上手な文章というものは日常会話のようにナチュラルで、しかしどこまでも戦略的なんです。

具体的にどのように戦略的なのか、ということを本格的に説明し始めると文章量がまたすごいことになってしまうので、ここでは3つの観点からお話ししてみたいと思います。

人を行動させるための戦略①
「行動する理由」を与える

人という生き物は、本来、かなり怠惰な生き物です。

特に行動する必要性がなければ、行動しないという選択肢をとります。

あなたにもおそらく、思い当たる節があるでしょう。

学校の宿題がたくさん出されても「まだいいや」と後回しにし続け、本格的にヤバくなってきたら手をつけ始めるみたいな感じですね。

「行動する必要性」という言葉を言い換えると、「行動する理由」になります。

つまり、人を動かすためには行動の明確な理由が必要なのです。

例えばこの記事においても、
僕は冒頭であなたが記事を読みたくなるような仕掛けというか、読まなければいけない理由づけをしています。

具体的には、この辺。

ぶっちゃけた話、「3つのNOT」を知っているか知らないか、きちんと理解して、実践レベルまで落とし込めているかどうかで、「文章を書く」ということの労働対効果が2倍も3倍も変わりますし、そこから得られる収益にも格段の差が生まれます。

つまり、3つのNOTをあなたが乗り越えさせられるようになれば、

  • 成約率10%超えのセールスレターが書けたり
  • ブログやウェブサイトから勝手に商品が売れたり
  • SNSでイベント告知をしたらすぐに満員になったり

と、文章だけでいくらでも人を動かすことができるようになるわけです。

それはつまり、あなたの書く1文字あたりの価値がグーンと上がるということ。

おそらくあなたは、この辺の文章に期待を寄せて、この記事を読み進めてくれたのではないでしょうか。

そうです。

こう言った文言を冒頭に設置しておくことで、

  • 「売り上げをあげることができそうだから、読んでみよう」
  • 「反応率10%のレターが書けたら収入も爆上がりだ。長い記事を読むのは億劫だけど、これも1つの投資だと思って読んでみよう」

という風に、読者に記事を読む明確な理由を持たせることができるんですね。

つまり、あなたが文章を書く際にも、冒頭に読者が行動をしたくなるような文章をちょっと盛り込んであげることで、文章全体の精読率を大きく高めることができるというわけです。

2つ目のNOT「信じない(Not Believe)」のところで話たコピー機の話と同じですね。

人は理由があると承諾しやすくなる。

言い換えると、

人は理由があると順番を譲るという行動をなる。

「急いでいるので、先にコピーを取らせてください」

もちろん、読者が行動する理由がたくさんあったり、行動の必要性がより強まるような書き方をした方が効果は大きいのですが、ほんの一言でも読者の行動に作用することができます。

今まで意識したことがない方は、ぜひ次から実践してみてください。

人を行動させるための戦略②
「行動できない理由」を取り除く(リスクリバーサル)

「行動しない(Not Act)」の壁を越えさせる2つ目の戦略は、リスクリバーサルと呼ばれるテクニックです。

リスクリバーサルとは、行動を妨げる心理的な要因を取り除いてあげること

例えばですが、会社をやめて起業したいと思った時、あなたはすぐに会社をやめられるでしょうか。

  • 「起業して、もし稼げなかったら……」
  • 「会社を辞めたいって上司に言ったら、上司になんて言われるかな……」
  • 「家族は反対するだろうな……。今まで大した成果も出してこれなかった俺が、いきなり『起業する』だもんな……」

などなど、行動に移れない様々な心配事が出てくるのではないでしょうか?

もちろん、会社を辞めて起業するなんて、多くの人にとってめちゃくちゃハードルが高いことです。しかし、別にそこまで大それたことでなくとも、人は行動する前には多かれ少なかれ必ず心配をするものです。

例えばですが、あなたがこれから、「twitterを使ってビジネスの情報発信をする人向けのセミナー」を開くとしましょう。

価格も1,000円と良心的で、
内容にもすごく自信があるとします。
でも、セミナー参加が初めての人からすれば、

  • 「稼いでいないのに大丈夫かな……」
  • 「変な高額商材とか売りつけられないかな……
  • 「他の人がみんなレベルが高くて、自分だけが素人だったらどうしよう……」

などと、様々な不安が出てくるものです。

そこで、2つ目のNot「信じない(Not Believe)」でも書いた、先読みの共感です。

読者の感情を先読みして、不安を取り除く文章を書いてみましょう。

  • 「参加者の90%は、Twitter運用はおろか、ビジネスも未経験の方々です」
  • 「今回のセミナーでは、高額商品のオファーは絶対に行いません」
  • 「前回の開催では、会社員の方、主婦の方、フリーターの方など、様々な属性の方が参加してくれました」

この世にして読者が抱くであろう不安や心配を前もって解消してあげれば、同じセミナーの案内文でも、実際に行動に移る人が増えてきます。

つまり、最終的な成約率が上がる、と。

だからリスクリバーサルってめちゃくちゃ重要なんですが、コピーライティングを勉強していない人は、この概念はおろか、この言葉すら知らずに案内文を書き始めたりしてしまいます。

(そりゃ売れないわけです)

ちなみに、世の中の大半のネット起業家は稼げてなくて、その内の多くの人たちは、勉強不足です。いや、各々勉強はしてるんですが、稼げてない人ほど、本質の学習を疎かにして、テクニックとかノウハウとか、枝葉なことばかり勉強しているんですよね。

(そりゃ売れないわけです(2回目))

リスクリバーサルは、コピーライティングの、もっと広い言い方をすれば、ネットビジネスのあらゆるフェーズでとても重要になる概念なので、ここでしっかりと理解して、日頃あなたが書く文章(もしくは、発する言葉)の中に、どんどん織り交ぜられると理想的ですね。

それだけで、多くの稼げてないネット起業家に、圧倒的な差をつけることができますよ。

人を行動させるための戦略③
「行動してほしい内容」を明記する(オファー)

では、最後ですね。

「行動しない(Not Act)」の壁を越えさせる3つ目の戦略であり、本記事の最後の項目である、

「オファー」

についてお話しします。

オファーとは、提案のことですね。

商品購入を促すために、「ご購入希望の方はこちらをクリック」と書いておく。

セミナー参加を促すために、「申し込みはこちらのフォームから」と書いておく。

こういった、読者の行動の道筋を示す文を添えてあげることが、読者に行動を促す上では非常に重要になります。

あなたも経験があるかもしれませんが、

せっかく商品を買おうと思ったけど、
どうすればいいかわからなかったからやめた。

これではめちゃくちゃ勿体ないですよね。

一度は「買おう」と思った人を、みすみす逃してしまってるわけですからね

「ご購入希望の方はこちらをクリック」

この1フレーズを目立つように配置することが、大事。

「ちょっと考えればこんなこと書いてなくてもわかるだろ」

と「わかる人目線」で考えず、こちらの意図をちゃんと言葉にして伝えた後で、「何をすればいいのか」を具体的に案内してあげなければ、読者は最後の最後で立ち止まってしまうのです。

あ、もちろん、強引にお客さんを「行動させる」のはダメですよ。

あくまで、購入したい気持ちになってくれた人を取りこぼさないようにする、が基本です。

せっかくのチャンスを棒に振るわないよう、最後に明瞭快活なオファーを行いましょう。

まとめ

今回は、コピーライティングを理解する上で最重要とも言える、コピーライティングの3つのNOTについて解説してきました。いかがだったでしょうか?

おさらいですが、
コピーライティングの3つのNOTとは、

  • 読まない(Not Read)
  • 信じない(Not Believe)
  • 行動しない(Not Act)

です。

冒頭でもお話ししましたが、コピーライティングに関するあらゆるテクニックは、どれもこの3つのNOTに繋がっています。

読者にこの3つの壁を越えさせることを意識することで、きちんと反応の取れるコピーが書けるようになります。

つまり、本質である3つのNOTを理解しておけば、枝葉のテクニック論やノウハウ思考から脱することができるようになります。

コピーライティングに限らず、
あらゆる物事のもっとも早い学習方法は、以下の3ステップを踏むことです。

  1. 本質を理解すること
  2. 具体的なアクションプランを理解すること
  3. 反復学習して脳にすり込むこと

なので、この記事はぜひともお気に入りに登録して、コピーライティングに行き詰まった時などにまた見返してみてくださいね。

 

 

 

 

 

……ハイ、お察しの通り、
最後の一文は「オファー」です(笑)

こんな風に行動するためにフックを最後に仕込んでおけば、お客さんが行動してくれる確率を高めていくことになります。

とまあ、冗談っぽい感じになってしまいましたが、このブログでは実践で役立つような知識・情報を今後も発信していく予定なので、是非ともお気に入り登録して、情報を反芻(はんすう)しながら、あなたのマーケティングスキル向上に役立てていただければと思います。

てことで、今回は長い記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

また別の記事でお会いしましょう。

自分で稼げるようになれば、
人生の自由度と満足度が爆上がりする

 

僕は今、起業して7年目になりますが、
累計200名以上の方に、起業・副業に関するアドバイスをしてきました。

  • 大学在学中に月収30万円を達成して就活を辞めた女子大生
  • 在宅でライター業をしたり、webメディア運営をしたりして月収50万円以上稼ぐ元バンドマン
  • 飲食店経営を行う傍らネット完結型のビジネスをマスターし、売上を10倍以上にした飲食店オーナー

など、年齢もビジネス経験もさまざまな方が、
自分の好きな分野で結果を出しています。

「ネットを使って稼ぐ」
という概念が生まれてしばらく経ちます。

今では、ネットを使って稼ぐ方法は
ほとんどパターン化されているので、

正しい知識を入れ、正しい努力を行えば、
誰でも同じ結果を出すことができます。

以下のページでは僕が実際に
ネット使って月100万円以上を稼ぐまでに
してきたことを公開しています。

あなたも僕と同じように
自分で稼ぐスキルを身につけて、
人生の自由度を爆上げしましょう。

 

ユウト公式メールマガジン

 

僕のメルマガでは、

  • ネットを使って自分の労働を減らしていく方法
  • 全ての自己投資を成功させる「回収力」の高め方
  • 年商数億円以上の経営者たちに学んだ、成功者に共通する思考
  • 人の心理に作用し、ファンや顧客なってもらう文章術

などといったことを学ぶことができます。

また、今なら
登録していただいた全ての方に

24時間・年中無休で自動収益を生み続ける
「自動人形」の作り方がわかる動画講座

をプレゼントしています。

こちらは期間限定の配布になるので、
これを機にぜひGETしてくださいね。

ちなみに、
LINE公式アカウントもやっています。

こちらは僕と直接やり取りができるので、
気軽に質問などしてみてください。

コピペ用に一応テキストでも表記しておきますね。

@643lnjje

どうぞよろしくお願い致します。

最新情報をチェックしよう!
>ユウト公式メルマガ「会社依存の終わらせ方」

ユウト公式メルマガ「会社依存の終わらせ方」

世の中には2種類の人間がいます。

1つは、自分が主導権を握れるビジネスを持つ人間、
もう1つは、誰かのビジネスの中で歯車として働く人間。

言うまでもなく、
人生の自由度が低いのは後者。
人生の安定性が低いのは後者。
いざという時に大切な人を守れないのも、後者です。

富裕層と貧困層の格差は年々広がるばかり。
あなたは10年後、どちら側の人間でいたいですか?

もしあなたが前者を望むのであれば、
起業して72ヶ月以上、PC1つで稼ぎ続けてきた
僕の知識や方法論をインプットして、
今すぐ幸福な未来を手に入れる準備を始めましょう。