" alt="">

ベーシックインカムを待つのではなく、自分から近づく

こんにちは、ユウトです。

皆さんはベーシックインカムって知ってますか?

ベーシックインカムというのは何かというと、

「国民全員に
 一律・無条件で支給されるお金」

のことです。

では、

「国民全員に一律・無条件」

というのはどういうことかというと、

例えば今の日本には、

  • 所得が低い人への生活保護
  • 高齢の人への国民年金

など、

一定の条件を満たした人への
限定的なお金の支給制度がありますよね。

この条件がなくなり、国民誰もが、
等しい額のお金をもらえるようになる制度。

ベーシック(基本的な)+インカム(収入)

これがベーシックインカムです。

テクノロジーの発展が
ベーシックインカムの実現を可能にする?

近い未来。

今よりもテクノロジーが発展し、
ロボットやAIが人間に代わり働くようになると
お金が余り、人間が働かなくても良い未来が来るだろうと予想されています。

そうなったらそうなったで、
暇すぎて困ってしまいそうですが、

  • いま仕事が大変でしんどいという方
  • 仕事が嫌いな方

にとっては、
この話が現実になったら嬉しいですよね。

しかし残念ながら、この話は
やはりまだだいぶ未来の話になりそうです。

ベーシックインカムを実現するためには、
まだまだたくさんの課題があります。

テクノロジー的に無理、
と言ってしまえばそれまでですが、
もう少し紐解くと、金額的な問題も出てきます。

ベーシックインカムを実現するためには、
やはり膨大なお金が必要となります。

仮に全ての人に月7万円支給したとすると、

毎月の予算は8兆7,500億円、
1年間に換算すると105兆円が必要、

ということになります。

もちろん、
7万円で人が生活を送れるわけがないので、
実際にはもっと大きな予算が必要になります。

ではその予算をどこから捻出するか。

AIやロボットが普及していない現代において、
その財源は「税金」ということになりますが、

それでは意味がないですよね。

そもそもベーシックインカムは
国民が何もしなくても貰えるお金ですから、
それを捻出するために国民の生活を圧迫してしまっては、本末転倒です。

だからAIやロボットに
代わりに働いてもらって……
という話につながっていくわけですが、

AIやロボットが人間の労働を丸まるっと請け負い、
僕らがまったく働かなくてよくなるまでには、
それこそテクノロジー的に、まだまだ相当な時間がかかるでしょう。

どれくらい先かは……わかりません。
でも、少なくとも5年、10年とかいうレベルでないのは確かです。

「ベーシックインカム早く来ないかなあ……」←「来ません」

ベーシックインカムという概念を知っている人は、
会社などでの労働がキツいと、
ついつい以下のように考えがちです。

「ベーシックインカムで生きていける時代が
 早く来ないかなあ……」

先ほどお話した通り、
そんな時代がやってくるのは
まだまだ先の話です。

そのため、ベーシックインカムによって
労働解放されることに期待を寄せるのは、
現段階では間違っているということになります。

ぶっちゃけ
月70,000円くらいの不労所得なら2、3ヶ月あれば作れる。

本記事をここまで読んでいただき、
ありがとうございました。

そのお礼ということで、
収入の大半を不労所得で賄っている僕が、
ちょっと現実的に不労所得を作る方法を
お話してみたいと思います。

僕は6年前に起業し、現在7年目になります。

今まで稼いできた額の総額を
正確に数えたことはありませんが、

トータルで一億以上は
ゆうに稼いでいると思います。

「嘘だろ!?」
と思うかも知れませんが、本当です。

「凄すぎだろ!」
と思うかも知れませんが、
世の大物たちに比べるとまだまだ少ないです。

世の中には僕より若い年齢で
僕より稼いでしまう人もたくさんいるので。

もちろん、僕より年上の人も含めれば、
僕の実績など一瞬で埋もれてしまいます。

……ただ、
僕には一つ強みがあります。

それは僕が、その一億以上のお金を
ほとんど不労所得で稼いできた、ということです。

その具体的方法を語り始めると
長くなるので、簡潔にまとめますが、
僕の主な不労所得源は以下のような感じでした。

①アフィリエイト
②資産運用
③ネット自動化の仕組み造り

ざっくりとそれぞれの用語の説明をします。
(わかってるよ!という方はスルー可)

アフィリエイトとは、
自分のメディア(主にブログ)に広告を張り、
広告収入を得るビジネス。

基本的には、
記事を書いておくだけで利益が上がるので、
完全な不労所得が狙えます。

僕はもともとアフィリエイターとして起業し
最大時には月収360万円ほど、
このアフィリエイトだけで稼いでいました。


②資産運用
とは、
別の言葉で言い換えると、投資のことです。

投資は主に三種類に分けられます。

FX、株、仮想通貨などの
ハイリスク・ハイリターンの投資(投機)。

不動産投資、投資信託などの
ミドルリスク・ミドルリターンの投資。

定額預金、国債などの
ローリスク・ローリターンの投資。

このうちミドル以降の投資は、
一度購入してしまえば、基本的には、
一切の労働をしなくていいので、不労所得になります。

(僕はFXや株トレードも経験してますが
あれはただの労働です)

もちろん、投資なので、
上手くいかないケースもありますが、
そのリスクは投資商品次第である程度抑えることができます。

投資信託は
リターンも年間数%と少なめですが、
その分大きな失敗をしにくいです。

不動産投資は「誰から買うか」で
成功率が大きく変わってきますが、
上手くいけば、不労所得になります。

さて、現段階で、

①アフィリエイト
②資産運用

について話してきましたが、
これらはぶっちゃけて言うと、
あまりオススメできません。

なぜかと言うと、
再現性が低いからです。

 

例えば①アフィリエイトは、
文章力と継続力が稼ぐための鍵となります。

無論、それだけでなく、
SEO対策やwebデザインなどの知識も必要になります。

まあ後者はロジックなので、
勉強すればどうにかなりますが、

前者はセンスに左右される部分なので、
努力でどうにかならない領域で、
稼げる人、稼げない人が分かれます。

あなたがもし、
文章や継続に自信があるのであれば、
アフィリエイトに取り組むのは全然アリですが、

そうでないのであれば、
他にもっと最適なビジネスがあると思います。

 

②の資産運用は、
センスは必要ありませんが、
単純な資金力が必要になります。

例えば投資信託は
比較的リスクが低いですが、
1年置いておいて得られるリターンは数%。

数十万程度の額を入れておいても
お小遣い程度にしかなりません。

僕も気が向いたタイミングで
投信をちょいちょい買い足してますが、
必ず100万円以上は買うようにしています。

その買い方が正しいかどうかは別として、
やっぱり少ない金額を買っても、
あまり意味がないと思っているからです。

あなたに資金力があるなら、
投資信託や不動産をいくつか買っておくのは、
リスクヘッジ的にも良いのではないかな、と思います。

 

と、以上が、
①と②が不労所得を得る手段として
再現性が低いと思う理由です。

では再現性が高い不労所得を得る手段とは
どんなものかと言うと、

一言で言えば、

資金力が必要なく、
「ロジック」に落とし込めるものです。

ロジックとは何かというと、
理論や理屈のこと。

僕はロジックを
センスの対義語と定義しています。


ロジック ⇔ センス

 

つまり、
個人のセンスに左右されないレベルまで、
言語化・数値化することができ、

その具体的なやり方を、
マニュアルに落とし込むことができる。

これなら、あとは、
個々人がやるべきことをやるだけで、
誰にでも再現することができるわけです。

さて、
それを踏まえた上で僕がおすすめする、
不労所得を得る方法の一番の方法は、

③ネット自動化の仕組み作り

これに限ります。

「ネット自動化の仕組み」とは何かと言うと、
簡単に言えば、

ネット上に
何もしなくても稼げる仕組みを作る、ということ。

……と言われてもわからないと思うので、
もう少し具体的な話をしていきます。

そもそもの話ですが、

ビジネスをする上で、
必ず用意しなければいけない要素
というものがあります。

①商品
②セールス
③集客

この3要素なくして、
ビジネスは成立しません。

中にはアフィリエイトのように、
この3要素を抑えていないビジネスもありますが、

基本的に
これら3要素を抑えていないビジネスは、
安定性が低く、短命になりやすいです。

逆にこの3要素をしっかり抑えてあげた上で、さらに、

①商品
②セールス
③顧客教育
④リスト化
⑤集客

と全体のフローを強化する要素を
足してあげる。

そうすれば、
利益率が高く、寿命の長いビジネスを
作ることができます。

ネット自動化の仕組み作りと言うのは、
簡単に言ってしまえば、

これらを全部用意して
丸っと自動化してしまいましょう

という考え方であり、その手法です。

具体的には、こんな感じ。

これらのパーツを1つずつ用意し、
プラモデルを組み立てるように、
カチャン、カチャンと組み立ていく。

そうするとどうなるか。

「不労所得を生み出す装置」

が完成するわけです。

無論、

「そんなに簡単にいくの?」

と思うと思いますが、

やること自体は確立されているので、

必要なのはその方法を「学ぶ姿勢」と、
必要な作業をこなせるだけの「作業体力」

があれば誰にでも再現することが可能です。

別に途中で休んでもいいので、
本当に必要なのは「学ぶ姿勢」ですね。

なんとなくイメージはできますかね?

では、だいぶ話が長くなってしまいましたが、
それを踏まえて、元の話に戻ります。

ぶっちゃけ
月7万円くらいの不労所得なら2〜3ヶ月あれば作れる。(大事なので二度言いました)

さて、

2〜3ヶ月で月7万円の不労所得を作る。

あなたはこの話を聞いて、どのように感じますか?

「無理でしょ」

と思う人が多いと思います。

僕も最初はそう思ってました。

僕がやっていたアフィリエイトでは
成果が発生するまでに時間がかかるので、
2〜3ヶ月で月7万はあまり現実的ではありません。

しかし、

過去にいくつかの「仕組み」を
作ってきた身としては、

また、

日頃から
仕組み作りをしている人たちと
話すケースが多い身としては、

2〜3ヶ月で月7万円は、
かなり低い水準であると言わざるを得ません。

もちろん、
作るコンテンツの内容やジャンル、
どれくらい作業できるかにもよるので、
一概に言えない部分もありますけどね。

ベーシックインカムを待つのではなく、自分から近づく

さて、今回は、

全ての人が無条件で平等にもらえる
「ベーシックインカム制度」を
実現するまでにはまだ時間がかかること、

と、

いつになるかわからない
ベーシックインカムを待っているなら、
自分でやってしまった方が断然早いよ、

という話をしてきました。

参考になりましたでしょうか?

僕は起業してから6年間、
不労所得に甘えながら生きてきましたが、

やっぱり
好きな時に好きなことをすることができ、
いざというときの保険になる不労所得は、

例え3万円でも、1万円でも、
誰もが必ず持っておくべき、
ストレス社会の必需品だと思います。

それを手に入れる手段は色々ありますが、

もしあなたが「センス」や「資金力」に
自信がないのであれば、

「自動化の仕組み作り」がベストなので、
ぜひ、今後の活動の1つの指標にしてみてくださいね。

なお、「自動化の仕組み作り」については、
僕のメルマガでも解説をしているので、
興味があれば見てみてください。

 

二渡ユウト公式メールマガジン『地下帝国の招待』

 

ではでは、
長い記事を最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

無料ビジネスマガジンのご案内
僕は24歳まで手取り14万のフリーターでしたが、今では自分の会社を持ち、最高月収も400万円を突破するまでになりました。

自分の時間を切り売りして働いているうちは、いつまで経っても自由な人生は送れません。労働者は資本家のために働き、両者の格差は広がり続ける。これは絶対覆らない資本主義社会のルールです。

でが、どうすれば凡人から資本家になれるのか。その答えはシンプルです。あなたも僕のビジネスマガジンで、インターネットを活用したビジネスの必勝法を学んでみませんか?

自動収入の最新記事8件