BOレター2.0.1

—ヘッドコピー—

ビジネス・オートマトン

働き続けることに疲れたあなたへ

なぜ1秒も働かずに、
月に150万円以上の金額を24ヶ月間連続で
稼ぎ続けることができるのか?

必要なパーツをカチカチと組み込むだけで完成する
正確無比、年中無休、あなたが寝ている間でも
旅行に行っている間でも、自動で稼ぎ続ける自動人形(ルビを振る)

漠然とした将来への不安
何か始めなきゃいけない でも何をしたらいいかわからない
そんな不安を全て取り払って、
今から180日以内にお金と時間の不安から完全解放されましょう。

—ヘッドコピー—

こんにちは、ユウトです。

この手紙では、
僕が「絶望に満ち溢れていた人生」
を再建した話をしていきます。

もともと手取り14万のフリーター。
そこから上り詰めた月収300万円超えのスーパーアフィリエイター。
そして半年で月収270万減の、文字通りの大転落

収入が一時はマイナスになり、うつ病になった僕が、
どのようにして全く新しいビジネスで数ヶ月で月収100万円以上に立ち帰り
さらに利益を伸ばし続けて月に240万以上を稼ぎ、
月150万以上の収益が「寝てても」入ってくる状態に戻ったのか?

さらに、

  • なぜ1日の1時間以内の作業で月に100万円以上稼ぎ続けることができるのか?
  • なぜ起きる時間も寝る時間も自由な生活を何年も続けることができるのか?
  • なぜ旅行に行って楽しんでいるだけなのに売り上げが10万円も発生しているのか?
  • なぜ一切のストレスもなく充実した毎日を送ることができるのか?
  • なぜ毎日TVゲームとジムでのトレーニングと読書をする時間を確保できるのか?
  • なぜ成功するビジネス、失敗するビジネスがどうして一瞬で判別できるのか?
  • なぜ毎日のように楽しいこと・新しいことに挑戦し続けることができるのか?

その理由は、単純。
自動でお客さんを喜ばせられる商品を作り、
それを自動で販売する仕組みを作ったからです。

(画像)

さらに今では・・・

アフィリエイトで稼いでいた頃に比べ、
精神的、時間的に苦しくなくなり、毎日が楽しくなりました。

人に直接お礼を言われること、
愛されていると実感することが各段に増えました。

プライベートも充実し、
人間関係のストレスとは無縁になって精神的な余裕も生まれました。
コンサルなどの仕事でも成果を出せるようになりました。

収入を生み出す自動装置を無限に量産できるようになりました。

テレビでも話題の芸能人と夜通しゲームしたり、
「国」を作った起業家から直接ビジネスを教えてもらったり、
六本木のタワマンの最上階に住む資産家に食事に招かれたり、

今まで絶対に知ることができなかった世界を知ることができました。

そこで交わされている会話の内容は、
絶対にネットには出回らないようなものばかり。

少しの期間(本当に少しの期間です)
ビジネスを本気で頑張ったら、
あっさりと元の生活を取り戻すことができました。

むしろ今では元の水準を超える勢いです。

22歳で初めてその存在を知って、
5年間取り組んできたアフィリエイトより、
取り組み始めて2年弱のこのビジネスの方が、

再び月収300万に立ち戻った未来、
それに到達するために今の自分がすべきこと、
その先に広がる「可能性」「無限に積み上がる幸福」が明確に見えています。

そしてそれは今回の企画に参加することで、
皆さんにもしっかりと見えるようになると思います。

誇張表現でなく、
一切の不安や迷いがなくなり、
今後やるべきことが明確に定まります。

今回の手紙でお話しする
「自動化の仕組みの作り方」
を理解することで、あなたは、

  • 何も作業しなくても
    自動で収益が上がる状態になります。
  • 無駄な時間を一切使うことなく
    最短で収益を上げられるようになります。
  • 何をやればいいのか分からない
    という状態を抜け出すことができます。
  • あとはやるだけ、という状態になり
    未来図がクリアに描けるようになるので
    モチベーションが格段に高まります。
  • 今のあなたが、不安や迷いだらけだったとしても
    もう二度と迷わないという状況に変化します。
  • ビジネスが安定し、金銭的にも精神的にも余裕が生まれ
    趣味や夢などやりたかったこと全力を注げるようになります。
  • 国内外の旅行に明日からふらっと行けるようになります。
  • もちろん、行って帰ってきたら
    口座残高が増えているようになります。

とにかく、
今回の講座でお伝えしていることを実践すれば
誰でも自動収入を作ることが可能です。

なぜそう言い切れるのか。
理由は2つ。

①成功までの道が一本道だから

②必要なピースを1つずつ作り、
それを組み合わせていくだけだから

です。

プラモデルのようにパーツをカチカチと組み合わせて行けば、
自然とあなたの代わりに(あなたよりもたくさん)
稼いでくれる自動人形が完成します。

今回の手紙でお伝えする内容を
理解して
実践さえすれば、
少なくとも年収1000万(これは絶対達成してください)、

もっと頑張れば、年収1億を目指すことも可能です。

その明確な道筋が見えてきます。

もちろん、年収1億は
まだ僕も行ったことがない領域ですし、
そこまで額が増えると簡単な話ではなくりますが、

まあ、そこまで行かなくても、
十分に自由な生活を手に入れることは可能です。

「そんなの信じられるか」と思うでしょうが、
あなたが思っている以上に
、
自由な人生を手に入れるのは簡単です。

その理由を、
この手紙の中で余すことなく全てお伝えしていきますので、
必ず最後まで読んでください。

自分がビジネスで再起できると思っておらず、
ただただ現実逃避していました。

僕はもともと
月収300万円以上を稼ぐアフィリエイターでしたが、

Googleの大型アップデートによりメインサイトが圏外に飛び、
さらに大きな取引先が経営破綻するというダブルパンチをくらい、
月収300万円が一時は本当にゼロ円になりました。

正確に言えば、
稼ぎは減ったけど社員はいたので、
ゼロというかマイナスですね。

そしてやがては
10人以上いたスタッフもいなくなり、

「3万円の服」「6万円の靴」
「15万円のオーダーメイドスーツ」
「50万円の大型テレビ」
「100万円以上の金融商品」など、

買いたいものを何でも買えた生活ともサヨナラ。

生活水準の劇的な低下、生活環境の悪化、
そこから来る精神的な逼迫。

ほんの1年ほど前までは典型的なうつ病で、
「死にたい」ということばかりを考えていました。

うつ病と言えば「精神の病」というイメージですが、
厳密に言うと「前頭葉の活動」が低下している状態なんですよね。

とにかく何に対してもやる気が出ない。
ポジティブな人たちを見ると、
息苦しさと、自己否定が止まらなくなる。

誰かと喋っている時は良いんですが、
一人になると、「僕なんか生きている意味ない」
という気持ちが強くなって、自然と涙が溢れてきます。

今だから言えますが、
うつ病状態の僕は本当にやばくて、

  • 1週間のあいだ、家から1回も出ない
  • 1日5食、コンビニで弁道やお菓子を買いまくって吐くまで食べる
  • 3日以上風呂に入らないこともざら
  • 少しでもLINEのアイコンが楽しそうな友人をかたっぱしからブロック
  • 全てのSNSアプリを削除(現実を見たくない)
  • 道端を歩いているホームレスに自分の未来を重ねる
  • 現実と向き合いたくないから、
    スマートフォンに中国産のくだらないアプリを入れまくって
    (楽しくもないのに)1日中ひたすらやり続ける
  • とにかく口を開けば「死にたい」「死にたい」「死にたい」

という毎日を繰り返してました。

そんな僕を
以前から付き合っている彼女が
献身的に支えてくれましたが、

毎月のアフィリエイト収入がなかったらと思うと、
今も彼女が隣にいてくれたかどうかわかりません。

というか、彼女よりも僕自身が、
この世からいなくなっていた可能性が大きいです。

本当にAmazonでロープとか買ってましたからね。

本当に、自分が昔作り込んでおいた
「お金を生み出す仕組み」
があってよかったな、と思います。

一応、病んでいる間も
アフィリエイト収入は月に20〜30万円ほどありました。

ただ、
無駄に家賃の高いマンションに住んでいるので
家賃や光熱費で収入の大半がまずゴッソリ消えます。

料理をする気も、家から出る気もおきないので、
食事は全て「出前館」か「ウーバーイーツ」。
それだけで、なかなかバカにならない出費です。

そして月々の収入自体は右肩下がり、
未来に対する不安は日々強くなる一方でした。

うつ病って、結構「波」があってですね、
一時的にやる気が戻ってきて、

「就職でもしてみようかな」

なんて思ったこともあったのですが、

大学卒業後にフリーターになり、
その後にすぐに起業した、

一度も社会人を経験したことのない
ストレス耐性ゼロの人間が、
今更そんな仕事に耐えられるはずがありません。

でも仕事しないとマズイと思って、
いざ履歴書などを書いてみようとすると、

何を書いたらいいかわからない。
そもそも書き方がわからない。

「アフィリエイトで生活していました」
とでも書くか?

いやいやいや、
どう考えても胡散臭い。

とモヤモヤをしているうちにまた鬱が始まって、
死にたい死にたい死にたい、となってしまう。

そんな状態でした。

ちょっとでも嫌なことがあるとすぐゲームに走り、
そのゲームで良い結果が出せないと別のゲームを初め、
意識が朦朧とするまでプレイして疲れ果てないと、
不眠が災いして眠りに付けない。

これが僕の病んでいる時の生活スタイルでした。

しかもそんな状態の時って、
当然、判断能力も鈍っているので、
変なものに手を出しちゃったりするんですね。

何を教えてくれるのかよくわからない
得体の知れない高額コンサルに120万円を払いました

普通の精神状態だったら絶対買いません。

精神的に参っているところに連日セールスをかけられ、
巧みな話術で誘導されて、断るという選択肢を全て潰され、

気付いたら決済。

まあ、買ったものは仕方ないと思って受けたんですが、
月10万という高額な内容に対し、その人がしてくれたのは、

月1回の雑談。

いや、雑談というのは言い過ぎなんですが、

具体性、論理性、僕へのオーダーメイド性のない
ありふれたマインド論でした。

まあ人をワクワクさせるのは上手い人だったので、
コンサル終了後、いい気持ちにはなるんですが、

帰路を辿っていると、ふと気づくんですよね。

「あれ?
僕の状態何も変わってなくない?」

「ていうか、
具体的な筋道まったく示してくれてなくない?」

それってコンサルじゃないじゃん、と。

しかも、

コンサルの内容には、
「質問し放題ですよー」
みたいなのも入っていたんですが、

基本レスポンスが遅い。
2日に1回とかそんなレベル。

それについて意義を申し立てると、
イライラ感を滲ませながら「忙しかった」と言い訳。

ていうか120万も払ったんだから、正直、

何かしらコンテンツ渡すとか、
自発的にクライアント(僕)に声がけするとか、
それくらいのことはやって欲しい。

SNSでキラキラ投稿をしている暇があったら、
少しは自分のクライアントのことを気に掛けるべきじゃないですか。

仮にも「コンサルタント」なんだから。

時が流れるにつれ、
怒りと、状況がまったく好転しないことへの焦りが
次第に蓄積されていきました。

うつ病で判断能力が鈍っているところを狙って
強引なセールスをかけまくる「元友人」

ちなみに僕は、今までの人生の中で
いくつか教材やコンサルを何度か買っています。

1万、5万、35万、48万。
色々なものを買いました。

中には正直、
値段に見合ってないな、というものもありましたが
返金を求めるのはマナー違反かなとも思っていたので、

「最終的に買う判断をしたのは僕」

と自分に言い聞かせて、
自分の中で不満を消化してきました。

でも今回は流石に我慢できなかったので、
返金の申し立てをしました。

まだ買って3ヶ月だし、
「残りの期間分返金もらえないか」と。

教材やコンテンツをもらっているわけでもないので、
返金を申し立てる正当性はあるかな、と思ったんです。

しかし彼の返答は、

「12ヶ月のプログラムだから返金ができない」

いやいやいや、
プログラムもクソもないでしょ、
雑談なんだから。

さらには、

「今まで誰にもにも返金したことない」

いやいやいや、
理由になってないから。

「こいつ……」と思いましたね。

その一件で、
向こうも僕も面倒な客だと思ったのでしょう。

元々悪かったレスポンスは更に悪くなり、
途中で完全にプツンと途絶えました。

今では一切連絡が取れない状態です。

他からもクレームが多数届いたのでしょう、
その人はSNSなどの運用を全て放棄して
文字通り姿をくらましました。

いやー、
あの時は本当に悔しかったですね。

まあ、普通に考えれば、
契約書も巻かずに120万円も払った僕がバカなんですが、

「うつ病」の時って
そういう最低限の判断能力も
ゼロになっちゃうんですよね。

そんな状態の人間に
連日連夜セールスかけまくるのは。
「人間的にアウトだろ」とは思わずにはいられません。

しかも何が一番許せなかったって、
その人がもともと友人だったことなんですよね。

精神的にも経済的にも切迫している時に、
120万円という大金を元友人に持ち逃げされる。

怒りで体が震える、
という経験をしたのはあの時が始めてでした。

悔しくて悔しくてたまらなかった。

悔しくて床を何度も殴っていたら、
内出血で手の甲が真っ青になりました。

でも、不思議と、
「死にたい」とは思わなかった。

「死にたい」より、「悔しい」が勝ってました。
「うつ病」より「怒り・憎しみ」が勝ってました。

今思えば、
本当にその人が憎かったんでしょうね。

「あいつがのうのうと生きているうちに、死ねるか」

そう思っていたんだと思います。

そしてその一件をキッカケに
僕はまた仕事に精を出し始め……

……という風にはならず、
その後また病み始めるんですが、

でも、あの時僕の中で
何かが切り変わったのは事実です。

絶対あいつみたいなことはしないようにしよう。
金輪際、自分を信頼してくれた人は
何があっても裏切らないようにしよう。

強くそう思いました。

真っ当なビジネスをしている人より、
中身スッカラカンのゴミを売り付けている奴の方が
圧倒的に稼いでる、現実

ちょっと時系列的には前後するんですが、

月収が100万を超えると、
ましてや300万円以上ともなると、
「小金持ち」として富裕層の仲間入りができるわけです。

その中でいろんな人を見てきました。
いろんなことを経験しました。

  • シンガポールで友人たちと大型ボートを貸し切っての誕生日会
  • 芸能人や各分野の権威を招いた参加者数万人規模の「大型カンファレンス」の主催・運営
  • 何億、何十億、何百億という資産家たちが集まる交流会への参加など

普通の生活をしていたら絶対に味わえない
刺激的で素晴らしい経験でした。

でも、それらは言うなれば、
僕が見て経験してきたものの「光の側面」。

そんな言い方をするわけですから、当然、
「闇の側面」もたくさん見てきました。

ネットビジネスの「闇の界隈」には、
匿名で、自分は一切のリスクを追わず、

ゴミレベルの高額商品や、
絶対に儲からない投資商品を売り捌いて
あくどい稼ぎ方をしている人たちがたくさんいます。

ネットビジネスで結果を出し、いわゆる、

「金持ちが集まるパーティ」

みたいなのに参加するようになると、
会いたくなくても、そういう人たちに会ってしまいます。

で、「一緒に働かないか?」
という勧誘を受けたりします。

中には、アフィリエイターとしての
僕の知識やスキルが欲しいがために、

一晩でお金が100万円も200万円も飛ぶような
「高級クラブ」に僕を連れて行って、
金の力で誘惑をしてきた人たちもいます。

あからさまだな、とは思いましたが、

テレビでもなかなか見ない超絶美人に隣に座られ、
膝に手を置かれたり、耳に息を吹きかけられた時は
流石に緊張しました。

そこで振る舞われた料理も、お酒も、美味しかった。

でもそれらを楽しむ反面で、
大金を使って豪遊するということに、
どこか覚めている自分もいました。

ふと顔を上げれば、

ゲラゲラと下品に笑いながら酒を流し飲み、
醜い赤ら顔で、下らない冗談を連呼しながら、
美女に札束で「アフター」の交渉をしているオッサンたちが目に入る。

それも、
たくさんの人を騙して稼いだ、汚い金で。

「……僕が目指しているのはこいつらか?」

「これが僕の未来なのか?」

そう思うと
気持ちがめちゃくちゃしらけました。

思えば僕の「うつ病」は、
僕自身の精神面の弱さもそうですが、

世の中に横行する「卑しい金儲け」を見すぎたことにも、
端を発していたのかもしれません。

光の世界に逃げようにも、
ポジティブで精力的な人たちばかりで僕には眩しすぎて……

でも闇の世界はどこまでも邪悪で陰険で……

逃げ場がない。
この世界では、
自分みたいな性格の人間は生きていけない。

そう感じる毎日でした。

先ほどの120万持ち逃げコンサルタントの話は
時系列的に言うとこの後のことになります。

ネットビジネスの闇を見続けて心が荒み、
Googleのアップデートと取引先の倒産で収入が激減し、
うつ病になり現実逃避をし続けていたところに、120万の詐欺。

そりゃ精神もぶっ壊れます。

「みんな死ね」
「隕石落ちて来い(なる早で)」

などということを頭の中で唱えまくり、
現実から逃避してひたすらゲーム、ゲーム、ゲーム、

顔も見たことのないオンラインゲームの対戦相手に
中指を立て、暴言を吐き、壁を殴って穴を開ける。
そんな毎日。

今だから言えますが、病みすぎて、
5日近く風呂に入らなかったこともあります。

鏡を見るとそこに写っているのは
目の下に黒々としたクマを作り、
汚れ、疲れ果てた、生きた亡者の姿。

そんな自分に悲しくなり、
とにかく不貞腐れまくっていた時に、
今の僕にビジネスを教えてくれている人に出会いました。

どうせ20代前半で
年収1億超えの奴が出てくるんだろ……?

さて、ここで質問なんですが、
皆さんってこの手の長い文章を読むの何回目ですか?

「初めてです」って方はわからないと思うのですが、

「もう見飽きています」って人にとっては、
次の段階がもう読めているかなと思うんです。

「とりあえず一旦人生に絶望しておいて、
『もう駄目だ』ってなったタイミングで凄い奴が出てきて、
そいつに弟子入り志願したら年収億越えになれちゃうんだろ?」

と。

……残念ながら、その予想はハズレです。

いや、完全に間違いではないんですけど、
少なくとも「20代にして月収1,000万円!」みたいなのは出てきません。

そもそもの話として、

僕は数字よりもその人間の中身というか、
理念やスタイルに共感を抱く人間なので、

「馬鹿でもわかるすごい人」

に興味はないんですね。

「馬鹿にはわからないすごい人」

に興味を引かれます。

こっちの方が
「本物」である可能性も大きいですからね。

年収は実績はいくらでも盛れるし、ただの数字
人間の価値は数値化できないところにある

曲がりなりにも、
一度は富裕層の世界に足を踏み入れて、
ネット業界の光と闇を見てきた人間としては、

「月収1,000万超えの敏腕経営者云々」
「20代にして資産1億」

みたいなのは結構見飽きているんですよね。

というか、
強がりとか一切抜きで、

「だから何?」

と思ってしまうんです。

僕はちょっと
冷めすぎなのかもしれませんが、

「いかにも成功者風な人たち」

が意気揚々に自分を語りをし、

それに情弱……感化されやすい人たちが
完全思考停止でウンウンと頷きまくるところ
を何度も見ていると、

言葉は悪いですが、
反吐が出る。

そんな反吐を
何度も吐きまくってきたわけですから、

もう、

「流石に月収◯百万」だとか、
「資産が何億だ」とかって話には、

全然心が動かないんですよね。

金なんて、ただの数字です。
一定水準を超えれば、
増えた実感すら沸かなくなってくる。

数字や学歴や実績じゃ人間は語れないんです。

「人間性」は言動に滲み出る。

どんな言葉を選んで使うか。
どんな信念を持って日々を過ごしているのか。
金があるなら、どう使うのか。

見せびらかすのではなく、
ただ至福を肥やすために溜め込むのではなく、

未来のために、人のために、どう活かすのか。

これが僕の考え方であり、
大切にしている自分軸でもあります。

まあ、そうでなくても、

それまで友達だと思っていた人に
120万円という大金を持ち逃げされるような
経験があるわけですから、

わかりやすい数字に騙されないよう、
「人の真価を見極めることに全力を注ごう」
と日頃から気をつけていました。

そこで「彼」と出会いました。

月収1,000万円で豪遊しまくってるヤツより、
真っ当なビジネスで月収100万稼いでいる人に
ものすごく憧れた

先ほども話した通り、
うつ病には「波」があります。

僕のモチベがちょっと高い時に参加した
とあるオンラインサロンの飲み会、

そこで出会ったとあるwebマーケターの話が、
人生に迷いまくっていた当時の僕には劇薬になりました。

そのサロンは一言で言うと
「ウェーイ」なノリの人たちの集まりで、
僕みたいな「陰の者」には付いていけないところがあったのですが、

実績や資産があるという理由で
VIP待遇をしてもらえていたということもあり、

「人に会えば少しは前向きに慣れるかなー」

なんて思いもあり、
軽い気持ちで参加しました。

そして、「彼」と出会いました。

僕と同じように、
そこで飛び交う「薄い会話」に明らかに醒めた顔をしていた、彼。

どうやら話を聞くと、
サロンの会員というわけではなく、
他のVIP会員のゲストとして参加していたみたいです。

聞けば僕と同い年。
全身黒い服、という点も同じ。

自宅に籠もって稼いでいるという点でも同じです。
(まあ、その時の僕はほとんど稼いでいなかったんですが)

「彼」の月収は200万円程度。
収入のほとんどは完全自動。

普通の人なら
「えええっ!」
となるところでしょうが、

いちアフィリエイターの端くれとして、
僕も不労で7桁くらいは稼いだ経験があったので
「あーそれくらいなんすねー」と答えておきました。

(心の中では「死ぬほど羨ましい」と思っていましたけどね)

ちなみに彼の外見的特徴について触れておくと、

塩系で爽やかな顔立ち、
服装にも統一感があり好印象
喋り方も理路整然としていてカッコいいのだけど、

「ネットビジネスの成金たち」
を見慣れていた僕にとっては、
なんというか、地味に感じられました。

でも、それが逆に好感を持てました。

「ストイック」

彼を一言で表すなら
その言葉がぴったりです。

「この人はなんか信頼できそう」などと考えていると、
醒めた目で飲み会の会場を見つめながら、
彼がこんなことを言いました。

「稼ぐのにフォロワーなんていらないっすよ」

確かに。
実際そう思っていた僕は、
深くうなずきました。

現にその飲み会には、
twitterやインスタのフォロワーが数千〜1万人オーバーの
いわゆる「マイクロインフルエンサー」が何人も参加していたのですが、

彼らの話を聞いている限りだと、
マネタイズ(収益化)が上手くいっていない人がほとんど。

収入とかを聞いてみても、

「えー、全然稼げてないですよ!
実際はプロフに書いてある月収、盛ってます(笑)」

「20万……いけば良いかなあって感じです」

みたいな感じ。

先ほど「人をお金測るべきでない」と言っておいてアレですが、

毎日一生懸命発信して、
「界隈」の挨拶回りみたいなのも頑張って、
アンチに叩かれまくりながら必死になって取り組んでいるのに、

当時、twitterのフォロワーが200人以下で、
なおかつ病みまくっていた僕以下の収入しかない……

インフルエンサーって大変なんだなあ、
と同情すら覚えました。

というか、
だいぶ性格の悪いことを言うと、

「ビジネスわかってない人が
影響力だけ付けちゃうとこうなるのか……」

とも思いました。
(ごめんなさい)

「彼」ともそんな話をしました。

「なんか、醒めますね(笑)」
会場をぐるっと見渡して出た、彼の言葉です。

同感でした。

「全ての迷いや不安は
『知識』を持っていれば一才なくなりますよ」」

SNS上では力を持っているけれど、
実際は全然稼げておらず、
火の車状態のインフルエンサーたち。

それを持てはやす、
インフルエンサーになりたい、
何もわかっていない人たち。

そんな人たちが集まる
「空虚な空間」の中にポツンと座った絶賛病み中の僕。

(もう何が正しいんだかわからないよ)

壁に背中を預け、ため息を漏らしながら
そんなことを思っていると、
横から「彼」がこう聞いてきました。

「何に悩んでいるんですか?」

え、と思いました。

悩んでいることを見ぬかれたのもそうですが、
確かに自分が具体的に何に悩んでいるのか
考えたこともありませんでした。

(僕は、何に悩んでいるんだろう……)

普通に考えれば、うつ病。

……いや、それはあくまで結果で、
悩みはもっと根本にある。

「よかったら、話してみてくださいよ」

彼がそう言ってきたので、
改めて、自分の悩みを深掘りしてみると、
原因と思えるものがたくさん出てきました。

  • 月収がずっと右肩下がり。将来が不安で不安で仕方がない
  • 精神的にもきつい
  • ほとんどニートみたいな状態でいる
  • 彼女には「大丈夫」と虚勢を張っているけど、もうメンタルもボロボロ
  • 自己肯定感など皆無。むしろマイナス
  • 自分がこの先どうすればいいのか、何をすればいいのか、わからない
  • ぶっちゃけて言うと、死にたい

僕が一通り話し終えた後で、
彼はこう言いました。

「知識があれば迷いは一切なくなりますよ」

どういうこと?
と思いました。

彼はこう続けました。

「聞くに多分、
ユウトさんは『ロジック』が足りてないんですよ。

 確かに、
アフィリエイトの『センス』はあったかもしれない。

 月収300万円は、すごいです。

 でもセンスだけじゃビジネスはやっていけない
 運よく一時的に稼げるだけじゃ、意味がない。

 『再現性のない稼ぎ方』しかできないと、
 せっかく培った知識・スキルを他の場所で活かせない。
 だから応用が効かない。再起も難しい。

 ユウトさんが今キツいのは、
 時代に通用する自分の武器がなくなっちゃったからですよ。」

僕はしばらく言葉を失いました。

うつ病になってから一年。
いろんな人に暖かい言葉をかけてもらいました。

母親からの
「今は休んでいい時期なんだよ」
という優しい言葉

かつてのビジネスパートナーからの
「ユウトさんなら戻って来れますよ!」
という励ましの言葉

クライアントさんからの
「私に何か手伝えることがあれば言ってください」
という心こもった言葉

最愛の彼女からの
「私がそばにいるから」という言葉

がんばってきてよかったなあ、と感じます。
全てが僕にとっては掛け替えのない宝物です。

でも、その時の僕が一番欲しかったのは
「答え」でした。

人生の指針を失った僕のこの先を示してくれる、
闇をかき消す強烈な光でした。

彼は言いました。

「ネットで稼ぐ方法をまた一から学び直せば、
 月収100万が自動で入る状態なんてすぐに作れます。

 今度はセンスを頼りにするんじゃなくって、
ロジックで成功を取り戻しましょうよ」

初対面ということもあり、
他に人がたくさんいたということもあり、
その日はそれ以上の深い話はせず、解散になったのですが、

彼の言葉が心に引っ掛かっていた僕は、
その後すぐに連絡を取りました。

「僕にビジネスを教えてくれませんか」

今まで何度も言われたことがありますが、
自分から言うのは初めてでした。

でも本来なら、
僕が起業当時に聞くべきだったことです。

独学の道を選んだことで成長できた部分もあるけれど、
やっぱり時間的ロス、経済的ロス、精神的なロスは

「上手くいっている人に
やり方を教わって最短最速で行く」

とは比べ物にならないくらい
大きかったわけですから。

僕の頼みに、
彼は二つ返事でokしてくれました。

「クローズドでコンサルをやってるので、
それに申し込んでくれたら」

病んでいてニートとさほど変わらないとはいえ、
仮にも経営者向けのコンサルです。

安い金額ではありませんでしたが、
かと言って決してべらぼうな金額でもなく、

どこぞの誰かと違って
一切の売り込みがないのも信頼が持てたので、
僕も二つ返事で「受けます!」と言いました。

全てはもう一度、取り戻すため。

月収300万円の生活を、ではありません。

  • 最低限の「人としての生活」を取り戻すため
  • 死にたいを連呼して泣かせた家族や彼女の「笑顔」を取り戻すため
  • ビジネスで失墜する中で失った「たくさんの信頼」を取り戻すため
  • 自分に「夢」を「好奇心」を「生きる目的」を取り戻すため
  • 自分の絶望に満ちた未来に、もう一度「光」を取り戻すため

今だからこそ言えますが、当時の僕は、
「これで再起できなかったら死のう」と思っていました。

「アフィリエイトも、転売も、末端のビジネス

結論から言うと、彼のコンサルは当たりでした。

「ビジネスとは、
お客さんの『悩み』や『欲求』を
解消することである」

というビジネスの原理原則に基づいた、
理路整然・初志貫徹、一切の無駄のないコンサル提供。

ただモチベが上がる言葉を連呼して、
本来の目的である「問題解決」とは違うところで「満足度を稼ぐ」のは、
コンサルタントではありません。

ただの調子の良い人です。

例の120万円の「奴」が
そうだったように……。

まあ、そんな話は置いておいて、
僕の「コンサルタント」となった彼は、
こんなことを言っていました。

「アフィリエイトも転売も「枝葉」のビジネス。
 誰でも簡単に始められるから、
敵が増えて、すぐに苦しくなる。

 プラットフォーム依存、他者依存だから、
収入ガクンと下がって、ユウトさんみたいな事になる。


時代の流れに振り回されないように、
まずは「
幹」を作りましょう」

自分を奢らず、必要以上に語らず、
淡々と語る彼の口調には、
確かな説得力がありました。

彼が得意とするのは、
一言で言えば「ネット自動化の仕組み作り」。

話は変わりますが、僕は図解が得意です。

彼が教えてくれたビジネスを、
簡単な図を使って説明すると、こんな感じ。

これを1つずつ作っていく。

「③ → ② → ①」の順番で、
内側から構築していく。

なぜかコンテンツ(商品)から作るかというと、

「自分が何を売りたいのか」
がわかっていないと、

もっと言うと、
「自分が何がしたいのか」
がわからないと、

情報発信の軸もぶれてしまいますし、
メルマガなんて到底書けないからです。

必要ないフォロワーを抱え、誰にも刺さらない発信をし、
本来負う必要のないストレスを追うことになる……。

無駄だらけ。

それを避けるために、内側から作るのです。

ちなみに僕のコンサルタントが
アフィリエイトを「枝葉」と言った理由も、
この図を見れば見えてきます。

アフィリエイトというのは、
端的に言ってしまえば、

集客のためのツールの上で、
他人の「フロントエンド商品」を紹介して、
「少しの手数料」をもらうビジネスモデル。

アフィリエイトの残念なところはココです。

もちろん不労所得が狙えるのは大きいですが、
安定性はありません。利益率も低い。

そして何より
常にGoogleというプラットフォームのルールに
存続を脅かされています。

(僕が月収300万円から一気に転落したように)

また、アフィリエイトもそうですが、
「表の中の①で行うビジネス」は誰でも簡単に始められるので、
競合が増えやすいという弱点もあります。

例えば、「転売」はノウハウが飽和したら稼げなくなるし、
メルカリというプラットフォームのルールに縛られている。

「noteを作って売る」
というのも簡単にパクれるので、すぐに競合過多です。

つまり、ビジネスとしての安定性が低い。

ビジネスは、
「一時的に大きく稼ぐこと」ではなく、
「長きに渡って稼ぎ続けること」が大事です。

そのためには、プラットフォームに依存せず、
「自分で舵取りできること」が大前提。

さらに安易にパクられないよう
「参入障壁」を重ねていく必要があります。

それを同時にこなせるのが、
①〜③つの工程を組んだビジネスモデルだということです。

しかも、このビジネスモデルは完全自動化できる。

具体的には、こうです。

まあ、あくまでこれは自動化の一例にすぎませんが、

こういった流れを作り、きちんと整えてあげれば、
月収100万円くらいなら余裕で稼げてしまいます。

しかも、完全自動で。

もちろん一朝一夕というわけにはいきませんが、
やることは最初から決まっているので、
手順通りに行えば誰でも再現することができます。

例えるなら、5万、15万、50万という商品を
勝手に売ってくれる「自動販売機」を作るようなもの

このビジネスモデルを
すごーくわかりやすい例で例えるなら
「自動販売機」に近いですね。

ジュースの代わりに
「自分の商品」を入れて設置しておくわけです。

そうすれば、
あとは仕組みが勝手に商品を売ってくれます。

5万円の商品でも、15万円の商品でも、
50万円の商品でも、売れます。

1人のお客さんがこれらの商品を
まるっと全部買ってくれることもあります。

とにかく、
一度自分のビジネスを自動化してしまえば、

  • あなたが寝ている間も
  • 友達や恋人やペットと遊んでいる間も
  • 旅行に出かけている間も
  • メンタルがやられて死んでいる間も

チャリン、チャリン、チャリンと
口座にお金が振り込まれてくるわけです。

しかも自動販売機って街中にありますよね?

至る所にある。
いろんなものが、売っている。

そう。

ネット自動化の仕組みって、量産できるんです。

だってそもそもの前提が、
「自動で稼げる仕組み」なわけですから、
作ってしまった後はヒマになるわけですよね?

もちろんその時間を
趣味や娯楽に費やしてもいいわけですが、
また新しい「自動化の仕組み」を行ってもいいのです。

図にある通り、
いろいろなジャンルで同じことを繰り返すことができます。

例えば、

  • 合コンやマッチングアプリでの恋人作りに自信があるなら、恋愛講座を
  • 完全趣味でも釣り歴20年のベテランなら、釣りの講座を
  • 飲食店の立ち上げ、運営のスキルがあるならそのノウハウを
  • ブログを書いて稼いでいるなら、その具体的施策を

みたいな感じ。

本当にどんな分野でも応用できてしまうわけです。

と、
この話をすると絶対に出てくるのが、

「自分には何も教えられるものがない」

という悩みなのですが、

「本当に何もコンテンツ化できる
知識やスキルを持っていない」

という人はほとんど存在しません。

自分で気づいていないだけで、
深堀りすれば必ず何か出てきます。

また、これも大事な考え方なのですが、
教える際に、必ずしもm
「その道のプロ」である必要はありません。

なぜなら、世の中には、

「ガチガチのプロではなく、
もっと身近な『先輩的な人』に教わりたい」

というニーズもたくさんあるからです。

また、そもそもの話なのですが、
あなたがコンテンツ制作をするに当たって、

現段階で知識やスキルを持っている必要すら
ないかもしれません。

なぜなら、

あなたがこれから何かを学ぶ中で得た知識や
習得したスキルを、体系化して、コンテンツ化して、
仕組みの中に取り入れてしまえば良いからです。

「あなたの学んだことや
経験したこと全てがお金を生み出す」

そう思うと、
新しいことに挑戦するのが楽しくなりませんか?

もっと好奇心を持って、ワクワクしながら、
自分の「趣味」「仕事」「人生」と
向き合うことが出来そうじゃないですか?

と、だいぶ長くなりましたが、
以上が僕のコンサルタントが語ったことの全容でした。

「ネット自動化」を理解する=ビジネスの全体像を理解し、
成功するビジネスを連発できる人になる

僕個人としては、
「ネット自動化」の名前自体は知っていたのですが、

今までフワッしか聞いたことがなかったので、
中身については詳しく知りませんでした。

なんとなく理解した「気」でいました。

今回は、初めてお金を払って教わったというのもありますが、
彼の話は論理性が高くしっかり体系化されていて、
話を聞くたびに「腑に落ちる感覚」を味わいました。

「ネットで月収1,000万円以上とか言っている人たちは
 皆こうやって稼いでいたのか!」

と。

確かに仕組みを量産すれば、
理論上は億超えも可能です。

もちろん簡単な道のりではないですが、
でも具体的な道筋は、描けます。

僕はどちらかと言うとかなり疑い深い人間なんですが、
そんな僕を頷かせてくれる説得力や、
地に足ついた具体性が、彼のコンサルにはありました。

「この人の話を理解し、完全再現すれば、
自分もまた月収300万円に戻れる。

 いや、もっと上に行ける。余裕で行ける」

そう実感しました。

そこからはもう早かったです。
やることが全て決まっていたわけですから。

僕は最速で仕組み作りをするために、
自分の時間を全て学習や作業に当てました。

もう迷いや不安はありません。
モチベーションMAXで取り組めました。

ネット自動化をマスターすれば、
あらゆる業界において「価値がもの凄く高い存在」になれる

僕がある程度仕組みの土台を作れてきた頃に、
彼がこう言いました。

「全ての成功しているビジネスは
 リアル・ネット関係なく、
 根底にこの自動化の考え方がある」

また、こうも言いました。

「この仕組みの作り方を理解すれば、
 あらゆる業界でwebマーケター、
 webコンサルタントとして活躍できる」

僕はそれを聞いて、
「確かに!」と思いました。

「あの話題のパーソナルトレーニングも、
 あの人気のプログラミングスクールも、
 電車広告で見かける動画を使った学習塾も、
 規模が違うだけで、全く同じ仕組みじゃん!」

一度そういうことに気付き始めてしまうと、
もともと凝り性なので、もう止まりません。

いろんなビジネスの仕組みについて研究し、
自分でも何か面白いものを作れないか、
ということを考えるクセがつきました。

「自動化の仕組み」を作る過程で、
僕は以下のことを理解しました。

  • 「市場調査」という言葉の本当の意味を理解しました
  • 「テストマーケティング」という言葉の本当の意味とやり方を理解しました
  • わかったつもりでいた「PDCAサイクル」の重要性を初めて理解し、結果を出すためにそれを爆速で回せるようになりました
  • なぜ自分が過去に立ち上げてきた数々のビジネスがどれも上手く行かなかったのかを理解しました
  • なぜ世の中に20代で月収1,000万円みたいな人たちがいるのかを理解しました
  • 可能な限りリスクを抑え、最初からほぼ成功したような状態でビジネスを始められるようになりました
  • ビジネスが上手くいかない時、具体的にどこを修正すれば売り上げを伸ばせるのかが手にとるようにわかるようになりました
  • なんとなくわかっていたつもりの「ネット自動化」の真の意味を理解しました

また、「ネット自動化」について、以下のことを理解しました。

  • アフィリエイトのように、やるべきこと、学ぶべきことが多岐に渡らず、
  • 転売のように、ノウハウが知れ渡れば苦しくなってしまうようなビジネスモデルでもなく、
  • SNSでフォロワーを集めるために、自分のしたくもない投稿をし続ける必要もなく、
  • コンサル、コーチング、カウンセリングなどのような労働もしなくてもよく、
  • FXや株、その他あらゆる投資商品のように、リスクを追う必要もない……

他の追随を一切許さない、完全無敵のビジネスモデル

だということを理解しました。

そしてそれを、
自分でも作ることができる。

ただ、決まった作業を積み上げるだけ。
個々のパーツを作り、それを当て込んでいくだけ。
それだけで手に入る真の意味での安定。

僕の頭の中では、
完成形のイメージが既に出来上がっていました。

もちろん、そこに至るまで、
会社員に戻る必要も、繋ぎのアルバイトをする必要もない。

とにかく、
労働対効果の悪いことは一切やらなくていい。
時間がもったいない。

仕組み作りに、ただ専念すればいい。

仕組みの重要性を考えれば、
それ以外のあらゆる物事は優先度が下がります。

多少リスクを追ってでも、
最優先で取り込む価値がある。

そう思いました。

とにかく全心全力で取り組んで、
もう一度、取り戻すんだ。

アフィエイトで成功して得た、あの栄光を。

金銭的自由を、経済的自由を、精神的自由を獲得し、
いろんな人から羨望の眼差しを向けられる毎日を。

……いや、違う。

そんなものはいらない。

もう金や見栄に振り回される毎日はたくさんだ。

積み上げれば積み上げた分だけ収入が増え、
稼げるだけでなく、たくさんの人に感謝される
本当の意味での「ビジネス」がしたい。

自分が幸せになるのもそうだけど、
家族や恋人や友人など、
自分の身の周りの人を幸福に導いていきたい。

そしてお金の面での磐石な地盤を作った上で、
新しいビジネスとか、昔諦めた夢に、挑戦していきたい。

とにかく、
一度きりの自分の人生を楽しみたい。

そんな風に思って、
連日、パソコンに向かいました。

雪だるま式に増えていく収入

正直な話、
一度ネット自動化の仕組みを作ってしまうと、
「こんなもんか」という感じでした。

なかなかイメージしづらいと思いますが、
月に5万稼ぐアフィリエイトサイトを作るより、
月に50万生み出す仕組みを作る方が、難易度は圧倒的に低いです。

前者は制作に少なくとも数ヶ月、半年以上の時間がかかりますが、

後者はフルコミットでやれば1〜2ヶ月、
本業が忙しくて、作業がなかなか進まなかったとしても
やはり半年はかかりません。

当然、僕の場合はフルコミット。

「ネット自動化」のスキルを身に付けた僕は、
自分が持つ知識やスキルをどんどん仕組み化していき、

1年も立たないうちに、
仕組みからの利益を30万、50万、100万と、
右肩上がりに増やすことに成功しました。

今ではもう、
これらの利益は一切働かなくても生まれます。

完全なる不労所得。

一度アフィリエイトで成功した僕としては、
既視感のある体験でしたが、一つ違うことがありました。

それは、
お客さんに心から感謝してもらえるということ。

ネット自動化の仕組みとは、言い換えると、
「お客さんへの価値提供を自動化する仕組み」です。

つまり、自分が何もしなくても
自分名義で「価値提供」が行われ、
お客さんが喜んでくれるわけです。

自分が寝ていても、
1日中ゲームしていても、
嫌なことがあって軽く病んでいても、
彼女と一緒に旅行に出かけていても、

「勉強になりました!」

「救われました。ありがとうございます」

「◯◯のコンテンツはないですか?」

などといった声が自分の元に届く。
感謝の声がリアルに届く。

これは、
アフィリエイトサイトを運営していた時には
味わえなかった感覚です。

なんなら、当時の僕は、
批判を恐れてコメント欄まで消してましたからね(笑)

いま思えば、
自分がやっていたことに
相当自信がなかったんだと思います。

適当なことをやっても稼げてしまうのが、
当時のアフィリエイトでしたから。

その点、「ネット自動化」は、
一度構築してしまえば何もしていなくても喜ばれます。

自分の商品を買ってくれる人が、ファンが、
どんどん増えていく。

銀行口座のお金も、右肩上がり。

どんどん余裕が生まれてくる。
経済的にも、精神的にも。

仕組みによって経済的余裕を取り戻した僕は、
勉強に投資することにしました。

50万円、100万円と次々に勉強代に投資するようになり、
得たも知識は全てコンテンツ化。自動化。

学べば学ぶほど、
知識・経験に比例して、収入も増えていきました。

6年前にネット自動化を学んでいたら、
今の僕はほぼ確実に億万長者でした。

ビジネスの界隈では、よく、

「独学は絶対にやめろ!」

「知識やスキルを得るために投資しろ!」

「成功している人にお金を払って学べ!」

ということが言われています。

僕は正直、この手の言葉が嫌いでした。

「言うて自分の商品売りたいだけでしょ」

そう思ってました。

もちろん、これらの言葉には、
顧客教育の側面もあります。

でも、それと同時に、
真理でもあります。

だって
ネット自動化の仕組みを作れる人間にとっては、
知識への投資が全てコンテンツになるし、
数十万程度なら一瞬で回収できるわけですからね。

そういう意味では、
これらの言葉は正しいわけです。

自分が何をしたいかわからない人が
知識に投資しまくるのはすごく危険ですが、

目的が決まっているなら、
知識に投資をした方が結果が出るのは早いです。

僕は初めて自分の仕組みから収入を得た時、
喜びを覚えると同時に、少し後悔しました。

起業した当初からこの稼ぎ方を学んでおけばよかった。
そしたら僕も、今頃、億万長者だったのに。

たった1年半の期間でこれだけの結果を出せるわけですから、
起業した6年前から仕組み作りを始めていたら、
僕も「20代で億」が達成できた可能性は大いにあったわけです。

もちろん
アフィリエイトをしてきた4年間が無駄だったとは言いません。

そこで得た知識やスキル、人との繋がりもそうですが、
法人を設立した経験も、うつ病になり全てを失った経験も、
僕を大きく成長させてくれました。

でも最初から仕組みの概念を理解していたら。

ビジネスの全体像が見られるようになっていたら。

今の僕の到達地点は大きく違っていたはずです。

だからこそ、言います。

これからビジネスを始める
初心者の方こそ仕組みの作り方を学ぶべきですし、

もしあなたが既にビジネスを始めているなら、
そこに「自動化の仕組み」を取り入れてください。
一気に稼ぎがブーストするはずです。

仕組みの作り方はどんなジャンルにも応用できます。

この変動が激しい時代だからこそ、
「汎用性の高いスキル」には価値があります。

いずれにせよ、「ネット自動化の仕組み作り」は、
永続的に金を稼ぐ上では必要不可欠なスキルです。

自分が働いているうちは一生貧乏

ビジネスで成功するために一番大事なのは、
「いかに良い仕事をするか」ではなく、
「いかに働かないか」 を考えること
です。

あなたが「自分以外の誰かのために労働をしている」時点で、
あなたは既に「誰かの仕組み」に取り込まれています。

ライターなら寄稿先のメディアがあり、
プログラマなら納品先の企業があります。

あなたがサラリーマンやフリーターなら、
当然、勤務先の会社があります。

僕もアフィリエイターだった頃は、
広告料目当てにブログでお客さんを集め、
企業の商品を紹介していたわけですから、完全に仕組みの一部だったわけです。

先ほどの図でいうと①のところにいたわけですからね。

仕組みの全体像を考えれば、
僕は「ツール(道具)」に過ぎなかったってわけです。

あなたは自分が日々使う「道具」に
最高級のもてなしをしますか?

もちろんそれが高級腕時計だとか、
ヴァイオリンのような高価なものなら、
神経質なまでに丁寧に扱うと思います。

でも、歯ブラシや輪ゴムを丁寧に磨いたり、
移動させる際に慎重になったりするでしょうか。

しないですよね?

ちょっと過激な例えかもしれませんが、
誰かの「使い捨てツール」であるうちは、
絶対裕福になれないんです。

自分のビジネスをどんどん自動化し、
自分の生活の質と、提供するサービスの質を共に高めてゆく

実働型のビジネスをしているという方でも、
「いかに自分で働かないか」という観点を持つことはとても重要です。

具体的には、
コンサルタント、コーチ、セラピスト、カウンセラー、
占い師、パーソナルトレーナー、などなど。

これらのビジネスをしている人はすごく自動化しやすいです。

顧客教育もセールスも自動化できますし、
集客ももちろん自動化できます。

「自分は対面が必要なビジネスですから……」

という人も中にはいますが、
あなたがお客さんに伝えることの全てが全て、
対面が必要であるということはないはずです。

必ず、
「デジタルコンテンツ化できる領域」
があるはずです。

でもどれだけ自動化しても、

「あなたに会って話を聞いてみたい!」

「今度立ち上げるプロジェクトに
ご意見番として参加してほしい!」

みたいなニーズには、
流石にデジタルコンテンツでは答えられません。

あなたがそこにメリットを感じるなら、
そこだけ手動でやればいいわけです。

実際、
僕もビジネスの9割以上を自動化していますが、
要望があった場合にはコンサルティングも行っています。

「ユウトさんに会いたい」

という要望に対して動画を送りつけ、
「これで満足してください」
なんて言うわけにもいかないですからね。

とにかく、

「自分にしかできないこと」や
「自分が本当にやりたいこと」以外は、

全てネットや外注さんに任せて自動化してしまうのが、
ビジネスで成功するためのコツというか、基礎中の基礎です。

仕組みの作り方を学ばずに
ビジネスの世界に足を突っ込むのは非常に危険です。

僕は、
自分の商品を持っていても、
仕組みがないから無駄が多く、余計な遠回りをし、

会社員以上に労働に追われている
個人事業主、経営者をたくさん見てきました。

中には僕みたいにうつ病になった人もいましたし、
判断力を失った状態でいろいろなものに手を出し、
たくさんの借金を抱えてしまった人もいました。

流石に自殺してしまった人は僕の周りにはいませんが、
いつの間にか表舞台から完全に姿を消してしまい、
それこそ「消息不明」になってしまった人もいます。

このページを読んでくれているあなたには
そうなって欲しくないと心から思っています。

本当に、知っているかどうかだけの世界

「ネット自動化の仕組み」自体は
確立されて久しいビジネスモデルですが、

経営者でも仕組みの作り方を知らず、
自分の足を使って稼いでいる人はとても多いです。

「経営者」というと聞こえは良いですが、
人によってリテラシーもバラバラ、
業種によってネットの理解度もバラバラですからね。

でも、いずれにせよ、
「経営」をする人がネット自動化を知らないのは、
本当にもったいないなと思います。

労働が大好き、というのであれば全然いいですが。

……いや、それでも
仕組みを持った上で働いた方がいいに決まっています。

だってその方がより多くの人を満足させられるんですから。

「大事なのは数じゃない」という声が上がりそうですが、
だったら既存のお客さんをより満足させるために
仕組みを取り入れれば良いだけの話です。

そうそう、
これは僕が実際にやっていることですが、

「自動化の仕組み」の作り方を知っていれば、
仕組み化ができてない人(企業)に
その作り方を教えてあげてお金を受け取ることもできます。

ものすごく素晴らしい商品やサービスを持っているのに、
それ世に広めることができていない人や企業はたくさんあります。

そういった企業に片足だけでも籍を置き
コンサルタントとして仕組みを作ってあげることは
社会貢献性も非常に高く、ものすごく感謝されます。

そう。

代表がうつ病で倒産しかかっていた僕の会社に
仕組みをもたらしてくれた、彼のようにです。

と、以上のことは
仕組み化の言わば「攻めの部分」なのですが、
仕組み化には「守りの部分」も存在します。

不老収入があるからこそ得られる
本当の安心、心の余裕

一言で言えば、
「自動化の仕組み」があるのとないのでは心の余裕が違います。

もし、仕組みがない状態で
病気になって働けなくなったら?

そしたら、
貯金を切り崩して、細々と食っていく他ありませんよね。

ではもし、
生きていくのに十分な貯金がなかったら?

アルバイトをするのもままならないくらいの
精神的・身体的な病にかかってしまったら?

これが「労働収入」の大きな弱点であり、
それ一本に頼ってしまうことの怖いところです。

家族がいた場合には、
家族にも迷惑をかけてしまいますしね。

僕もうつ病で苦しんでいる間は、
家族や恋人に多大な心配と迷惑をかけました。

でも、20代前半で作った貯金と、
一応のアフィリエイト収入があったから、
金銭面で迷惑をかけたことはありません。

たった1円ですら、
「金がないから助けてくれ」
と頼ったことはありません。
(お茶代くらいは出してもらいましたが)

僕の彼女は献身的で優しい性格をしていますが、
僕がお金に困窮し、ネガティブ発言を連発する人間だったら、
今も隣にいてくれたかはわかりません。

このように、
不測の事態により自分が戦えない状態になった時でも
「僕(私)には仕組みがある」と思えるのは、
大きな精神的余裕につながるわけです。

いわば精神面での最終的な防衛ライン
それがあるのとないのとでは、
人間としての「丈夫さ」が違ってくるわけです。

それに今は「新型コロナウィルス」がありますからね。
努力・根性ではどうにもならない問題が、
現実的に、僕たちの生活や未来を脅かしているわけです。

でも仕組みがあれば、
食べられなくなるということはない。

もし自分の仕組みを作ったジャンルが厳しくなったら、
別のジャンルで仕組みを作ればいい。

先ほども言いましたが、
汎用性の高いスキルを持っているというのは、
この変動の激しい時代において確かな心の支えになります。

これが仕組み化の「守りの部分」です。

信じなければ何も始まらないし、
行動しなければ何も掴めない

さて、ここまで散々と仕組みについて話してきましたが、
本当にそんな上手い話があるのか?

と思った方もいるかもしれません。

けど、揺るぎない事実なんですよね。

僕の周りにも同じ稼ぎ方をしている方はたくさんいます。

それこそ、主婦の方であるとか、
「彼氏と一緒に恋愛講座作ってますー」
なんて方もいます。

先日、驚いたんですが、
高校生でもこのビジネスに取り組んでいる人がいました。

月に20〜30万という金額を、
自動で稼ぐことに成功しているようです。

高校生が、ですよ?

どうやら「お金持ちになれる年齢」は年々下がっているようです。

僕自信としても、
自分で仕組みを作るまでは、
理論はわかっていても「本当に上手くいくのか?」と疑っていました。

でも、いざ、自分で仕組みを持ってみると
本当に自動で収益が出るのですから、疑いようがありません。

(というか、
結果が出るまでの速さも、
稼げる金額も想像を上回ってました)

こればっかりはもう、
信じるか、信じないかの世界ですね。

あなたも経験があると思いますが、

「最初から自分を疑ってかかってくる人」

を信じさせるのも難しいですし、
信じさせたところで大してメリットもありません。

だから、
信じるかどうかはご自身の判断にお任せするのですが、

世の中の成功している人たちは、
どこかのタイミングで、必ず、

「これだ!」

と自分の直感を信じて、一歩を踏み出しています。

なぜそんなことがわかるのか?

答えは簡単です。

行動しなければ、挑戦しなければ、
自分の判断を信じられなければ、
何も生み出すことはできないからです。

あなたが仕組み化しない理由はなんですか?

仕組みを作るということは、
自分の人生を楽しみきる上で、
「非常に強固な地盤」になります。

例えば、
今稼いでる年収を10倍にしようと思っても
今の10倍働くことはできませんよね。

かと言って時給を10倍にすることも簡単ではありません。

では、どうやって年収を10倍にしたらいいでしょうか?

もうお分かりだと思いますが
自分が働かなくても、勝手に収入が入ってくる仕組みを作ることです。

ブロガーのあなたが仕組みを作ったら・・・

例えばあなたがブロガーだったら、
毎日記事を更新しなくても
自動で売上が上がるようになります。

「人の商品を紹介して少ない手数料をもらう」
というビジネスではなくなるので、
収入が格段に増え、生活が安定します。

モチベーションに左右される必要もありません。

「Instagramもやった方がいいのかな?」
「youtubeもやるべき?」
「noteも書いた方が良いの?」

「そもそも僕(私)がやってることは合ってるの?」

と迷うこともなくなります。

仕組みがもたらす経済的余裕をバックに、
もっと自由に自分の人生を発信していくことができるようになります。

会社員・パート・アルバイトのあなたが仕組みを作ったら・・・

あなたが会社で働いている間に
仕組みから売上が発生するようになります。

さらに仕組みを強化していけば、
副業期間中に本業の収入を超えることも可能。

念願の独立を果たすこともできます。
(もちろん副業として続けることも可です)

性格の合わない上司や、
狭くてむさ苦しい満員電車から解放され、

家族との時間、趣味の時間を大事にしながら
充実した毎日を送ることができます。

既にネットでビジネスをしているあなたが仕組みを作ったら……

不足しているコンテンツやパーツを
仕組みの中に取り入れることで、

本当の意味で自動で売れる仕組みを
完成させることができます。

質の良いリストが獲得できるようになり、
本当にあなたの商品を欲しい人しか商品を買わなくなるので、クレームの数が激減。

逆にあなたの商品を何でも買ってくれるファンを作ることもできます。

「ライター」「イラストレーター」
「動画編集者」「プログラマー」

などといった代行フリーランス

「転売」「アフィリエイト」
「ドロップシッピング」

などのネットビジネス

「FX」「株」「仮想通貨」

などのトレーダー、投資家

これらのノウハウは
全てデジタルコンテンツに落とし込むことができます。

既に0→1の経験をされている方なら
結果が出るのはメチャクチャ早いはず。

自由な時間と自由なお金を手に入れて
数ヶ月後には理想としている人生を歩むことができるでしょう。

コーチ・コンサルタント・セラピストのあなたが
仕組みを作ったら・・・

対面セールスやZOOMセールス
無料相談などの「ルーティーン業務」から解放されます。

仕組みを作ってしまえば自動で売れていくので、
仕事をしなくても売上が安定します。

精神的にもストレスが減り、
サービスに全力を注げるようになるので、
既存のお客さんと良い関係を構築できるようになります。

その結果、
既存のお客さんがよりあなたのファンになるので、
単価を上げてもリピート率が上がり、商売がどんどん楽になっていきます。

コーチ・コンサルタント・セラピストとして成功し、
自由な生活を送れるようになります。

・・・

いかがでしょうか?

どんな業種であれ、仕組み化を進めていくことに
メリットはあれど、デメリットがありません。

仕組みさえ持ってしまえば、
本当に寝てても稼げるのです。

ここまでの話を聞いて、
あなたが仕組みを作らない理由ってなんでしょうか?

僕からすると、
仕組みを作らない人を見ていると
もったいなさすぎるんですよね。

もちろん、
自分がやっている仕事が楽しくて楽しくて、
時間を忘れるほど没頭できるなら話は変わりますが、

大半の人は、

仕事をしなければいけないから
仕事をしているのではないでしょうか?

本当はもっと別のことをしたい自分の感情を殺して、
やりたいことができない自分を正当化していないですか?

少なくとも昔の僕はそうでした。

大学を出て、起業するまでの2年間だけですが、

コンタクトレンズ屋の店員だった僕は、
ノルマにうるさい上司の元、
店にとって利益になる商品ばかりをお客さんに勧めていました。

本当はAの方が目にいいんだよなあと思いつつ、
「このBというレンズは〇〇が良くてですね……」と、
無理矢理メリットを並べ立てて。

それこそ、心を捨てて機械にならなければ、
コンタクトレンズ屋の仕組みの一部になりきらねば、
やってられない状態でした。

あなたにとって、
本当の幸せってなんでしょうか

僕はよく、
「本当の幸せ」について考えます。

こういうことを考え始めると、
思考が「深淵の領域」に言ってしまうので
あまり深堀しすぎないようにしているのですが、

めちゃくちゃシンプルに考えるなら、

「やりたくもないことをやり続ける人生」より
「やりたいことに思う存分、熱中できる人生」の方が

どう考えたって幸福ですよね。

ってことを考えると、
やっぱり労働から解放されなきゃダメだよなあ、
と思うわけです。

仕事が大好きな人でも、
仕事以外の好きなことに熱中できる時間も
確保できた方が幸せだと思うんです。

自分の欲求に正直になって、
生きてみる。

「欲」というと聞こえが悪いかもですが、
人目を気にせず、自分のやりたいことに熱中した方が、
意外と、周りからの評価も高くなります。

人気youtuberとか見てるとそうですよね。
自分の好きなことしかしてないのに、
めちゃくちゃたくさんの人に愛されてる。

もちろん成功すると妬んでくる人もいますが、
そういうのはどのレイヤーでも湧くので、無視です。

とにかく自分の好きに生きた方が、
メリットって多いんです。

5年、10年経った後で
過去を振り返った時、
圧倒的に後悔も少ない。

僕もたまに芸能人と飲んだりするんですが、
やっぱりみんな自由に生きてるなと思いますし、

だからこそ、
僕が好き放題に生きていることを
面白い、興味深いと言ってくれたりします。

あなたがどう感じるかは分かりませんが、
少なくとも僕はこういう価値観で生きていて、
「今」を心から楽しんでいます。

そしてそういう人生を求めたからこそ、
6年前、コンタクトレンズ屋の店員として働く傍で、
自分のビジネスを始めたわけです。

今、一度陥ってしまったうつ病地獄を克服して、
毎日せっせと「自動化の仕組み作り」に取り組んでいるのは、

「年収ベースで億を達成したい」

という野望的な側面もありますが、
うつ病の時に自分を支えてくれた人たちに
恩返しをしたい気持ちの方が、実は大きいです。

特に彼女と母親には、
僕が彼氏(息子)でよかったと心から思ってもらいたい。

もちろん今でも思ってくれていると思いますが、
頭がクラクラするほどの「幸福感」を味わった上で、
そう思ってもらいたい。

それを二人に同時に感じてもらえるのは、
近いイベントだと僕の結婚式かなー、と思ってます。

具体的にいつになるかはわかりませんが、
それまでには、

自分が個人で達成できる目標は全て達成して、
心晴れやかにその日を迎えたいです。

僕はミニマリストなので式も大々的にはやりませんが、
そんな風に理想とする未来を具体的にイメージして、
日々の仕組み作りに取り組んでいるわけです。

まだまだ僕は
自分の目標とする地点の途中にいます。

でも、
自動で収入がどんどん入ってくる仕組みは作れている。

▲定価約5万円と約20万円の商品が自動で売れている様子

「決済完了のお知らせ」

「決済完了のお知らせ」

「決済完了のお知らせ」

朝、メールを開けばこんな文字列が並んでいます。

現金な奴だな、と思うかもしれませんが、
このお知らせを見るだけでめちゃくちゃテンションが上がります。

今日も頑張ろうって思えます。

だからこそ、ぜひこれを読んでいるあなたにも、

「自動で収益が上がる喜び」と
「未来がどこまでも澄み渡っていく感覚」を

味わって貰いたいです。

でも、才能がある人しかできないでしょ?

もしかすると、
今のあなたはそう思ってるかもしれませんね。

「言うて独学でアフィリエイトやって
月収300万円達成した奴でしょ?」

「ビジネスの才能があるんでしょ?」

と。

まあ正直に言えば、
アフィリエイトに関してのセンスはあったと思います。

僕は、

「センス(才能)=再現性のないもの」

と考えているので、その理論で言えば、
「僕のアフィリエイトで稼ぐ方法」
を他の人に継承するのは不可能です。

でも、仕組み作りはロジック(理屈)です。

つまりは、言語化が可能。
ノウハウに落とし込むことも可能。

その中身をどこまでもシンプルにまとめられれば、
誰にでも再現させることが可能だということです。

もちろん、教えるのが下手な人に教えられても、
再現性は低いと思いますが、

そこに関して僕は強い自信を持っています。

何せかれこれ10年小説を書いてきましたから、
抽象的なことや、複雑なことを言語化するのは得意中の得意です。

学生時代にやっていたバイトは個別塾の講師。
小学生にも、中学生にも、高校生にも、
相手の理解力に合わせて言葉を使い分け、出来るようになるまで教えてきました。

先ほどお見せした画像のような図解を作るのも、
得意というかもう趣味のレベルでやっています。

図でわからなければ音声や動画を使います。
それでもわからない人には対面でわかるまで教えます。

わかりづらい物事をいかにわかりやすくするか。
挫折しそうな人をどうやれば救えるか。

仕組み作りを教えている人は他にもいますが、
この点を最重要視して取り組んでいる人はほぼいません。

僕の元にも、

「◯◯さんのコンサルを受けてるけど
フワフワしすぎててわからない」

とか、

「○◯さんの教材10万もするのに、
マジで最後まで見る気になれないです……」

という人がやってきますが、
そんな人に僕が解説してあげると、目を輝かせて、

「そう、そこが知りたかったんです!」
「めちゃくちゃわかりやすいかったです!」

なんて言ってもらえたりします。

その僕を「言語化力」をまた、
「才能だ!」と言ってくれる人もいるんですが、

でもまあ、
それが仮に僕の才能だったとしても、
僕から教わる側の方からすれば1つのメリットになるわけです。

先日も、
僕のクライアントのある女子大生の子が、
取り組み初めてからたった2ヶ月で、月収20万円以上を達成しました。

それまではビジネス未経験。
文字通り、右も左もわからなかった子が、です。

彼女その初めての「商品」で
実績を作ることができたので自信を持ったらしく、

今はそれを自動化し、
さらにはそれを自動で売る仕組み作りに取り組んでいます。

もう2〜3ヶ月もしないうちに、
働かずとも収入を生み出せるようになると思います。

と、話が長くなりましたが、
ここで僕が言いたかったのは、

個人が不自由なく暮らしていける程度の成功は、
特別な才能なんてなくても充分に実現することができる

ということです。

フリーターでも、工場勤務でも、
中高生でも再現可能なロジック

世の中にはやっぱり本物の天才はいます。
分かりやすい例で言うと、歴史の偉人。

理論物理学者
アルベルト・アインシュタイン

詩人であり法律家・政治家
ハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

芸術家
レオナルド・ダ・ヴィンチ

この辺のクラスの人たちは、
IQが100代後半〜200以上ある
「脳の作りが根本から違う人たち」です。

つまり本物の天才。
再現性は皆無。

凡人がどんなに努力したって
辿り着けない領域に彼らはいます。

現代でも、
GAFA(Google/Apple/Facebook/Amazon)のトップとかは、
やはり脳みその出来が凡人のそれとは違うでしょうね。

仮に彼らが自分のやったことをノウハウ化したところで、
誰もそれを再現できないのではないかなと思います。

しかし、
僕が今回語る「自動化の仕組みの作り方」というのは、
あらゆる業界の、あらゆるタイプの人が実践して結果を出したものです。

実際、
僕に仕組みの作り方を教えてくれた彼は、
高卒で、元工場勤務ですからね。

それでも実際、四大卒の僕より稼いでますし、
僕よりもっと大きなビジネスをしています。

最近は、中学生や高校生だって
この「自動化の仕組み」の重要性を知り(人から教わり)、
取り組み始めている子もいるくらいです。

学歴とか本当に関係ないですね。
生まれも育ちもあまり関係ない。

んで、業界も関係ない。

ビジネス、美容、恋愛、英語、イラスト、
旅行、速読、犬のしつけなど、

あらゆるジャンルで成功事例が生まれています。

僕は加えてオフラインでもコンサルをやっていますが、
金融、メンタルケア、占い、美容院などなど、

それこそほぼ全てのタイプの業界で
結果を出しています。

仕組み作りは全てロジックです。

1つ1つを学び、きちんと理解して、
あとはそれをパズルのように組み合わせていくだけ。

「本当に、誰が、どの業界でやっても結果を出せる方法」

だからこそ、
一人、また一人と、この方法を習得した人たちが、
自由な人生歩み始めているのです。

最小の労力で最大の結果を生み出す
一生物の知恵とスキルを手に入れましょう

「ネット自動化の仕組み」を理解すれば、

稼ぐために、

  • がむしゃらにブログを100記事書く必要も
  • 毎日動画を作る必要も
  • セミナーに通いまくる必要も
  • SNS投稿を毎日頑張る必要も

ありません。

失礼な言い方かもですが、これらは、
「自分が何をすればいいかわかっていない人」
のやり方です。

そのやり方で偶然上手くいっちゃう人もいますが、
全体で見れば1%以下とかそのレベルでしょう。

つまり、再現性がない。

「もとから文章やトークが上手い」

「人に比べめちゃくちゃ努力できる」

などといったセンスがないと、できません。

でも仕組み作りの場合は違います。

必要なことを、
必要な分やればいいだけですから。

途中で休むのももちろんOK。
やること自体は変わらないので、
モチベが高い時に、ガーッと取り組めばいいのです。

とにかく、
手順がわかっていれば、

  • やれインスタが、
  • やれツイッターが、
  • やれYoutubeが、
  • やれブログが、
  • やれフェイスブックが、

などという
「枝葉」で「末端」で「小手先」な
情報に惑わされることもありません。

これらを運用するテクニックって
ビジネスにおいてはそこまで重要じゃないですからね。

「フォロワー10,000人です」

とかどうでも良いです。

ちょっと性格が悪いことを言うと、
仕組みの作り方を学び、
「ビジネスの全体像」を理解することで、

  • 世の中にどれだけ「浅い領域であたふたしている人が多いか」
  • 世の中にどれだけ「わかってないくせに偉そうな人が多いか」

がわかるようになります。
世の中の構造がクリアに見えてきます。

せっかく人生を変えようと
ビジネスに取り組んでいるにも関わらず、

  • 売上を増やそうと思ったら作業量を増やさないといけない
  • 少しでもサボったら売上が下がるからサボれない
  • あれもこれも実践しなければならない

と、
自分で自分の首を絞めてしまうような状態は、
金輪際おわりにしましょう。

挫折のリスクを極限まで抑え
最短最速で結果を出すことだけを考える

僕が仕組みを作る時に大切にしているのはこの2点です。

①最小の労力で最大の結果を出すこと

②目標達成に必要のないことは一切行わず、
 最短最速で結果を出すこと

前者の話はここまで散々してきたので、
後者の話を少しだけします。

ビジネスを始める上で
一番気をつけなければいけないのは「挫折」です。

僕は元々メンタルが強いわけでもないので、
「挫折」は何度も経験してきました。

5回や10回というレベルではないです。
細かいものも含めれば100回は超えているはず。

と、そんな挫折マスターの僕ですが、
そうやって挫折を繰り返す中で、
1つわかったことがあります。

「あーこりゃ、やり方が悪いや」

と。

ビジネスの世界では、

「ゴールから逆算して考えるのが大事」

ということがよく言われます。

これをもう少し具体的に言うと、

最短の時間、最小の努力で、
目的に向かって一直線で進むことが大事。

ということです。

だからスピード感を持って成功できるのです。

人が「挫折」するのは迷い始めた時です。

迷ってしまったら手が止まります。
モチベーションも下がります。
すると、パソコンに向かう気力も下がってしまいます。

迷いが人を失速させるわけです。
熱を冷ましてしまうわけです。

だから、迷わないこと、
やるべきことが明確になっていることが
本当に重要なのです。

必要以上に知識を入れないこと。
これも重要です。

選択肢が多いと迷いが生まれますからね。

だから今回の講座では、
仕組みを作るための手順と具体的なタスクを
ステップバイステップで公開することにしました。

  • 仕組みに埋め込む「自分の商品」の作り方
  • 「作ったけど売れなかった」を事前回避する方法
  • 仕組みを作る具体的なステップ
  • 仕組みのパーツ1つ1つの具体的な作り方
  • どこを修正すれば売上が伸びるのか
  • どこまで作り込んだら完成と言えるのか

などといったを全部話しています。

各コンテンツのわかりやすさや
質についてはとてもこだわっています。

それを踏まえた上で、
ここまで全てを洗いざらい話しているのは
日本中をどれだけ探してもこの講座だけでしょう。

初心者が陥りがちな
「何をしたらいいのかわからない」
という状況をなくすために

初心者の状態でも0からビジネスを立ち上げて
自動化の仕組みを完成させるまでに必要なものを

これでもかと詰め込んでいます。

具体的ノウハウもそうですが、使えるツール、
挫折しないマインド、ビジネス全体を俯瞰する考え方、

これらも盛り込んでいます。
僕の6年のネットビジネス人生の集大成です。

やるべきことが明確になっているので、
もう迷うことはないでしょう。

カリキュラムに沿って作業をしていくだけで、
仕組みは自ずと出来上がります。

5万円 → 10万円 → 30万円 → 100万円
収入を積み上げていってください。

もし100万円を達成して、
あなたにまだ向上心があるようであれば、

更なる仕組みを作ってみても良いですし、
必要であれば、僕が繋がっているたくさんの実力者たちを紹介します。

そこで新しいのビジネスを立ち上げてみたり、
自分を上のレベルに引き上げてもらって見たり、
いろんなことをやってみて、グングン成長していってください。

お金と時間があれば、
やりたいことはなんでもできます。

あなたのやりたいことは全部
トライしてみると良いでしょう。
たった一度の人生ですからね。

そのための、最初の仕組み作りをここで行いましょう。

仕組みを作るのは「センス」ではなく、「ロジック」です。

カレーの作り方を知っていればカレーを作れるように、
仕組みの作り方を知っていれば仕組みは作れるようになります。

最初は学習と作業が必要になりますが、
一度慣れてしまえば「こんなもんか」と思うはず。

すぐに量産してみようという気になると思います。

ビジネスは「ロジック」と「実践」が命。

特別なセンスがなくても、ビジネス経験がなくても
正しい知識を取り入れ、きちんと必要な努力をすれば、
必ず稼げるようになります。

今回の講座には、
初心者の方が「ゼロから売れる商品を作る方法」と、
「ネット自動化の仕組みを作る方法」を全部詰め込みました。

僕が今回あなたに提供する
「ビジネス・オートマトン」
の内容は以下の通りです。

「オートマトン」とは「自動人形」のこと。

今回僕が提供するのは、

あなたが友人と会っている時も、寝ている時も、
クタクタになって休んでいる時も、

一時も休まずあなたの代わりに働き続ける
「オートマトン」をイチから構築する、
世界一わかりやすいマニュアルです。

「ビジネス・オートマトン」は、
ネット自動化の仕組みを作る工程を5つのステップに分け、

それぞれを「動画」と「テキスト」を用いて具体的に解説していく
ステップバイステップの講座です。

中身は、

・仕組みを作るための最短ルートで突き進むための
オールインワンコンテンツ

・本質的なビジネス思考を手に入れて
原理原則を使いこなすための基礎力アップ

・「売れる商品」をコンセプトから考案し、
それを量産する知識とスキルを身につけるための講座

だと思ってください。

僕が持っている初心者〜上級者向けの
知識・戦略・思考をギッシリと詰め込んだ上で、

何をすれば良いかわからなくならないよう、
途中で消化しきれず挫折しないよう、
とにかく無駄を省いたシンプルな設計にしています。

今回の講座で話している内容を元に数ヶ月で仕組みを完成させ、
その後は自分の理想的なライフスタイルを手に入れてください。

あなただけの「オートマトン」が起動した後は、

趣味に生きるのもよし、
家族との時間を最優先にするのもよし、
会社を辞めて海外をふらふらと旅行するのもよしです。

僕のように新しい「オートマトン」を量産し続け、
億の利益を生み出す「軍団」の結成を目指すのもありです。

でもとにかく、まずは最優先で、
経済的自由・時間的自由・精神的自由を達成してください。

講座の参加者には、
決済完了後すぐに会員サイトへご招待します。

この会員サイトには、
最低でも7時間ほどの動画セミナーが収録されています。
(まだまだコンテンツ追加予定)

企画参加後は、

  • どこからでも
  • 何度でも
  • 隙間時間などを使って

コンテンツを視聴し放題になります。

動画による音声学習なので、
僕をつねに隣で喋らせている感覚で、
仕組み作りのノウハウを脳内にしっかりインストールしてください。

ビジネス・オートマトンの
より具体的な内容をお伝えします。

最小の労力でを最大化するために、絶対に理解しておくべき4つの指標とは?

売上の最大化を図るためには必ず理解しておかなければならない4つの指標があります。ここを理解していないとどんな施策も空振りに終わり、売上を出す前に精根尽きてしまいます。逆に言えばこの4つを意識しておけば最小の労力で最大の売上を叩き出すことができます。この4つの指標をお教えします。

 

ユウトが企業に対してコンサルティングをする時にも使っているビジネスの6つのステップとは?

僕が企業にコンサルティングに入る場合、事業のテコ入れを際に必ずこの6つのステップをチェックします。この6つのステップに抜けがあると途端に商品が売れなくなります。逆に言えば抜けを埋めるだけで売上を激増させることもできます。もちろん企業だけでなく個人のビジネスにも活用できる不変の法則です。6つのステップを詳細にお伝えします。

■顧客が商品を購入するまでの5つのステップとは?

お客さんが商品を購入するまでに5つのステップがあり、全てのステップは順番に超えていく必要があります。多くの人はこの5つのステップを理解せず感覚でマーケティングを行ってしまっているので商品が売れないのです。それぞれのステップでやるべきことが明確に違うので、間違えてしまうと一向に商品を売ることができません。それぞれのステップごとに適切な対処法を余すことなくお伝えします。

 

■億単位のお金を稼いだ起業家でも没落していってしまう理由

本当によく聞く話なのですが、一時期はブイブイと稼いでいた起業家が数年後には破産をしていたり、犯罪に手を染めて逮捕されていたりします。この落とし穴にハマる人は非常に多く、ここの罠を知っておかないと二度と抜け出せないままビジネスの世界から強制退場になってしまいます。なぜ、このようなことが起きるのか?そしてあなた自身が成功した後にそうならないための重要なマインドセットを解説します。

 

■普通の人の3倍のスピードで仕組みを構築するための仕組み構築思考とは?

僕は常日頃から仕組みを作ることばかりを考えていて、どんな作業をするときも仕組み化を前提に行動しています。それゆえに無駄な作業をすることなく、普通の人の3倍以上のスピードで仕組みを作り上げることができます。僕が普段どんなことを考えながら仕組みを作っているのか。裏側をこれでもかと喋っています。

 

■自分の労働を資産に変え、無駄な行動を一切なくす資産構築思考とは?

僕自身もお金がないうちから片方の資産を作ることを意識してきました。労働を資産に変えていくことで1分1秒も無駄にすることなく、一気に成功までの道を駆け上がることができます。逆にこの思考がない人はひたすらに労働し続ける羽目になり、いつまでたっても成功に近づいていかないので、必ず資産構築思考を身につけるようにしてください。

 

■先にビジネスを始めたライバルをごぼう抜きにしてゴールに最短距離で向かうための逆算思考とは?

僕はビジネスを始めるときに「どこがゴールか」「 絶対に抑えなければいけないポイントはどこか」など、自分が迷わないために必ず逆算するようにしています。この逆算のおかげでふらふらと道に迷うことなく、一直線でゴールに向かってライバルをごぼう抜きすることができます。この逆算思考について、詳細にお伝えします。

 

■誰でも今のこの瞬間からビジネスでお金を稼げると断言できる「自分の常識は誰かにとっての非常識」という思考について

ビジネスの相談を受けていると「私なんてお金をもらえるような知識やスキルや特技がありません」という声をよくいただきます。ですが、その考え方は自ら自分の可能性を狭めてしまっています。自分の常識は誰かにとっての非常識という思考があれば、今この瞬間から自信満々にお客さんからお金をいただくことができます。この自分の常識は誰かにとっての非常識。という考え方についてお教えします。

 

■物事の本質を10倍早く理解する抽象思考と具体思考とは?

物事の本質を理解するためには抽象と具体を行ったり来たりする必要があります。この抽象思考、具体思考ができれば1聞いて10を理解できるようになり、いわゆる地頭がよくなります。ゆえに新しい知識を学んでもすぐに理解できたり、学習効率が10倍以上変わります。起業家して必須の抽象思考、具体思考について徹底的にお伝えします。

 

■ビジネスの成功を左右する2つのリサーチとは?

ビジネスの成功はリサーチの段階で8割決まると言われています。リサーチには大きく分けて2つのリサーチがあり、それらを丁寧に行うことで異常なまでに売れてしまう商品を作ることができます。多くの稼げないビジネスマンたちが軽視するリサーチの重要性とやり方を理解して、勉強不足なビジネスマンたちをごぼう抜きしてしまいましょう。

 

■リサーチをする上で、ユウトがよく使っているサイトとは?

僕はリサーチをするときには毎回同じサイトを利用して、ビジネスのアイディア、コンテンツのヒントをもらっています。いわゆるそれらのサイトは僕のネタ帳代わりになっていて、累計で数千万円以上もの利益が生まれました。そのサイトについてお教えします。

 

■無数にいるライバルの中からあなたの商品を選んでくれるような、魅力的なコンセプトの作り方とは?

お客の悩みを解決する商品を売っているのはあなただけではありません。市場には無数の競合がいて、お客は無数の選択肢を抱えています。そうした競合・ライバルの存在をお客の頭の中からすっかり消し去ってしまい、「あなたの商品以外はありえない」と思わせてしまうコンセプトの作り方お教えします。これを知るとライバルが全く怖くなくなります。

 

■どんな市場を選べばいいのか? 2つの指標から紐解くビジネスをするのに適した市場と適さない市場とは?

ビジネスは自分が参入する市場選びが非常に重要です。ここを間違えてしまうとどれだけ努力しようともライバルが強すぎたり、お客さんの数が少なすぎたり、様々な理由でビジネスが成功しない可能性が高いです。ビジネスの成功確率を劇的に高めるための市場選定方法をお伝えします。

 

■レターの冒頭で強烈な興味を引いて読者の関心を引きつけて、購入ボタンまで一気にスクロールさせる決して無視できないヘッドコピーの5つ要素とは?

セールスレターで最も重要なパーツは、ページを開いた瞬間に見えるヘッドコピーと呼ばれる部分です。このヘッドコピーを強力か否かで成約率が大きな差が生まれます。誰でも簡単にヘッドコピーを強力にできる5つの要素をお伝えします。当然、仕組みの創設のレターもこの5つの要素によって構成されています。

 

■あなたが提示した金額に対してお客さんが思わず、「この商品がこの値段なんて安い!!」と感じてくれる価格の提示方法とは?

商品の提示の仕方ひとつでお客さんが値段に対する印象は180度変わります。もし、あなたの提示した価格に対して「高いな・・・」と思われてしまうと成約率はガクッと下がります。安いと思われる価格の提示方法をお教えします。

 

■あなたのことに興味のなかった読者をたった数日で「売ってください」と哀願させるほどの理想の見込み客へと変貌させ、同じ客数でも通常の10倍を超える売上をたたき出す、超高成約率ステップメールを実現するために行う絶対不可欠の「6つの教育」とは?

なぜステップメールを使うと商品の成約率が何倍にもなるのか?「読者をファンにしてから売り込めるから?」「メッセージを順番に伝えられるから?」。……その程度のことしか言えないのであれば、ステップメールについて何も理解していないのと同じです。あなたがステップメールで本当にやるべきことと、それを実現する6つの教育についてお教えします。

 

■高い成約率を叩き出すためのランディングページ(LP)を構成する8つの要素とは?

登録率の高いランディングページの型はすでに確立されており、この型の通りにページを作っておけば大きく外すこともありません。あなたが必死に頭を悩ませて考えるより、この鉄板のパターンを真似たほうが何倍も早く、見込み客を集めるランディングページを作れるようになるでしょう。高成約率を叩き出す8つの要素について詳細に解説します。

 

■見込み客のメールアドレスだけでなくLINE IDも同時に獲得してしまう方法

コミュニケーションツールとして急成長中のLINE。メルマガのLINE版とも言える「公式LINE」というサービスは、メルマガに比べ遥かに高い自由度であなたのビジネスプラットフォームを構築することが出来ます。あなたの使い方によってはメールより遥かに大きな反応を得ることも可能です。ここでは自動であなたの公式LINEの友達(フォロワー)を増殖させていく方法を解説します。

 

■読者がメールを長期にわたって購読して続けてもらうために、有効な一文とは?

メールマガジンを長期にわたって購読してもらうことで、見込み客はあなたへの全幅の信頼を寄せるようになります。しかし時間の経過とともに購読率は落ちていってしまうのですが、とある一文を追加するだけで購読率をアップさせることができます。たった3秒で修正できる点なので、必ず追加してください。

 

■ランディングページの登録フォームで気をつけるポイントとは?

このポイントから外れてしまうと、登録率がガクッと下がります。逆にこのポイントをしっかりと守ることができれば登録率が高まります。この登録率を左右する一見気がつかないようで重要なポイントを解説します。もしあなたのランディングページがこのポイントを守れていないのであれば早急に修正することをお勧めします。

 

■効率的に見込み客を集客するための代表的な6つの集客方法とは?

代表的な6つの集客方法のメリット、デメリットを解説して集客に関する基礎知識を身につけて、集客のためにこれらのうちのどれかを実践してください。どんなビジネスをやっても常にお客でいっぱいの状況を実現できるように、集客の原則を学びましょう。

 

■とあるSNSを使って見込み客に接触し、あなたに興味関心のなかった見込み客が一気に優良顧客に変わってしまうずる賢い戦略とは?

あるSNSを活用することで自分から見込み客に狙いを定めて、商品を買ってくれるような優良顧客に変化させることができます。集客としての効果は抜群なので今すぐ実践することもできます。具体的なテンプレートも用意しているので、動画で解説してることを参考に実践してみてください。

 

■ただ見込み客を大量に集めればいいわけではない!?

これはよくある落とし穴ですが、あることに気をつけないとどれだけ集客をしても全く売上に繋がらず、全ての労力が無駄になってしまいます。そのあることとは一体何か?を詳細に解説いたします。

特典

特別特典【 A 】動画プレイリストと資料一覧

動画のプレイリストと資料一覧をプレゼント
(随時アップデートあり)

お配りしたコンテンツは
そのままお渡しするので
何度も何度も繰り返し勉強出来る
音声・動画コンテンツになります。

末永く使っていただける
自動化の基礎教材です。

しかも、参加者限定LINEにて
追加コンテンツのアップロード
既存コンテンツのアップデート
をアナウンスさせていただきます。

参加後にご覧になれる
コンテンツの一部がこちら▼
(約8時間分の動画コンテンツ)

追加特典【B】参加者限定メールサポート

講座に参加後、
不定期に参加者限定の「メール講座」をお届けします。

中身は講座内容の補完だったり、
いただく質問に対する回答だったり様々です。

メインの講座だけでも充分な内容になっていますが、
このメールサポートでは、

  • 仕組みを作っていく上で重要なポイント
  • 仕組み構築の過程で多くの人が間違えがちなポイント

などを必要なタイミングで伝えていきます。

1週間目で大事なこと。
2週間目で大事なこと。
1ヶ月目で大事なこと。

など、その都度、進捗状況に合わせて
必要な情報をお伝えしていくということです。

また、現在進行形で最新の情報を配信したり、
サポートしていく中で大切だと感じた情報など、
リアルタイムで情報をシェアしていきます。

こちらのメール講座1つとっても、
とても価値の質の高いものになるはずなので
ぜひ期待していてください。

「ビジネス・オートマトン」に参加して
得られるものを全てまとめました

仕組み化をステップバイステップで解説すること自体、
極めて希少な上に、

ここまで出し尽くしている企画というのは、
日本のどこを探しても他には「ない」はずです。

「少なくとも今後、数年間は
この講座を超える自動化の講座は出てこない」

そう断言してもいいと思います。

まとめると「ビジネス・オートマトン」では
ネット上にあなたのために働く自動人形を設置できる上に
以下のサービスを受け取ることができます。

メインカリキュラム:計7時間以上の動画(さらに追加予定で最終的には10時間以上)

特典①:不定期に送られてくる参加者限定のメール講座

参加費について

さて、今回の講座、
「ビジネス・オートマトン(BO)」の参加費についてお話しします。

「BO」のメインカリキュラムが掲載された会員サイトと、
限定メールマガジンが配布されるコースです。

毎日隙間時間に少しずつ消化するだけでも
数週間後には仕組みづくりが始められる動画マニュアルです。

しかもネット自動化という考え方自体は
特定の領域でしか使えない限定的な手法ではありません。
文字通り、一生役に立ちます。

さらに初心者の方が躓かないようにテンプレートを用意しました。

  • ビジネスをやっていく上での最大の敵である
    「無駄」と「迷い」を完全排斥するビジネス全体像
  • 自動で売上を立てるための仕組みを最短最速で作る方法
  • 理解した構造を使って、どう仕組みを構築していくか?
  • 自分でノウハウを生み出す思考法
  • 自由自在に儲かるネタが見つかるお客の心理を学ぶリサーチ方法

上記はほんの一部ですが、
聞き流しているだけでも十分に
「ネット自動化」について学べる内容になっています。

「BO」で解説している通りに仕組みを作れば、
その仕組み1つあたりから数百万はおろか、
数千万を生み出せる可能性すらがあるのです。

そしてその「オートマトン」たちを、
1つ、また1つと増やし、
あなただけの「軍団」を結成して行ったなら、

お金がないと解決できないあらゆる問題が、
全て解消されると思いませんか?

僕はこれまで
コンサルティング代、教材代、セミナー代など、
多額のお金を知識に費やしてきました。

その額は軽く500万円以上です。

膨大な知識と情報から、
本当に必要な物だけをエッセンスとして抜き出し、

初心者の方でも0からステップバイステップで
仕組みを作れるよう体系化された講座に
いくらの価値を感じますか?

得られる現実的なリターンを考えると、
このノウハウの金銭的価値は「50万を超えてもおかしくない」と僕は思います。

僕はある金融系の企業にマーケターとして参加し、
検索流入から公式LINEに落として行う簡易的な教育・セールスで、
参加費30万以上するスクールを1年半で280本以上売った経験もあります。

アフィリエイターとしてバリバリやっていた頃から積み上げてきた、
ネットビジネスやwebに関する蓄積された知見があります。

そんな実績・経験から、
コンサルティングやビジネスプロデュースの依頼も、
かなり高額なフィーで受け付けています。

実際、既にモニターとして
「BO」に参加してくださった方からは、

「これは50万でも安いと思います!
僕が前に入った教材は80万でしたが、
ここまでの濃さやわかりやすさはありませんでした。

さすが15年も文章を書かれていただけあって、
言語化やわかりやすさが段違いです。

自分にもオートマトンが作れると思ったら、
ワクワクが止まらないです!」

などとお墨付きをもらいました。

しかし、
50万って普通に考えて高いですよね。

その方は既に他のビジネスで結構稼いでいた方なので、
50万、80万という金額を平気で口に出せるわけですが、
やはり一般の方にはそうそう出せない額だと思います。

そもそも僕がビジネスをしている理由は、
昔の僕のように、自分に一才の自身を失って
闇の中を彷徨っている人に光を届けたい。そんな想いからです。

また、僕がビジネスを教えた人たちが成長したら
お互いの専門的知識や能力を持ち寄って、
より大きなビジネスに挑戦していきたいという気持ちもあります。

もちろん、
既に高い能力を持っている外部の人たちと組んでもいいですが、
ビジネスはレベルの高い人たちと組めば上手くいくというものでもありません。

ビジネスも最終的には「人」です。

一緒に釜の飯を食った仲間、ではないけれど、
今回の講座を通して信頼関係を築い人と一緒にビジネスをできた方が、
僕としては何倍も楽しいし、上手くいきそうな気がします。

あなたが仕組みを作れるようになると
僕にも大きなメリットがあるのです。

だからあまり高額にしてしまうと、
手に取れる人が減ってしまうので、
僕の目的も達成されなくなってしまいます。

とはいえ誰でも簡単に参加できる安価な金額だと、
やる気のない人やクレクレばかりの人が参加してしまい、
僕がコンテンツの改善などに避ける時間が減ってしまうと感じました。

そこで今回は、本気の人なら手が届く価格にしました。

「ビジネス・オートメーション」
の内容全てを含めて、49,800円です。

今から5日間のみ、
限定で価格で販売します。

僕は行動力がある人が好きです。

行動力がない人は、
やはりどれだけ良い知識・ノウハウを与えても
結果を出せない可能性が大きいので、

そういう人に、
お金をもらって何かを教える、
というのは僕にとってもリスクになります。

だから、最低限のハードルが設けさせてください。

1年間で考えれば、1ヶ月あたり4150円です。
1日あたりたったの136円です。

月に1回飲み会を我慢すれば、払える金額です。
1日1本のジュースを我慢すれば手にすることができます。

本気で仕組みを作って、
ビジネスをどんどん生み出していきたい、

自分が働かずとも収入が入ってくる状態を作りたいなら、
ぜひご参加ください。

決済フォーム

返品/返金の可否について

提供サービスの性質上、一切返品/返金はできません。

※支払い方法は銀行振込かクレジットカード払いか選択できます。銀行振込の場合、振込手数料をご負担ください。支払い回数は一括決済か分割決済(カード)か選択できます。分割決済と、一括決済では料金が異なります。

※分割決済の料金および回数は『52,800円=(17,600円/月)×3ヵ月』、『52,800円=(8,800円/月)×6ヵ月』『52,800円=(2,200円/月)×24ヶ月』となります。

※一括決済の場合、クレジットカード決済もご利用可能です。
銀行振込の場合は振込手数料をご負担下さい。

よくある質問

Q:ビジネス未経験の初心者ですが、稼げるようになりますか?
A:もちろんです。誰でも最初は初心者です。
きちんと初心者から脱却するための方法を詳細に解説しています。

しっかり勉強・作業の時間をとっていただければ、
まったく成果が出ないことはないはずですのでご安心ください。

Q:初心者ですが購入しても大丈夫でしょうか?
A:むしろ初心者の人にこそ手にとっていただきたいです。

なぜならこの講座には
僕が初心者の頃に聞きたかった内容を
詰め込んでいるからです。

仕組みを作っていく上で必要な情報を
事細かに解説しているので、
今後ビジネスを作っていく上で大きな武器になります。

逆に言えば
初心者のうちに変な知識を入れてしまうと
余計な遠回りをするはめになってしまいます。

例えるなら、
野球の初心者が自己流で素振りを繰り返していたら
変な癖がついてしまった、みたいな感じ。

修正が大変ですよね。

初心者だからこそ、
誤った道に進まないように、

最初の段階でネットビジネスで稼ぐ全体像や、
仕組み化の流れを知っておくことに意味があります。

学校の勉強を思い出してみてください。

一番最初に英語を習った先生が全然ダメで、
さらに教科書もクオリティの低いものだったとしたら
英語が得意になるどころか、嫌いになってしまいますよね。

だからこそ、
「誰と、どのように最初のスタートを切るのか?」
が何よりも大切なんです。

「自分は初心者だから…」と言って尻込みしないでくださいね。

もちろん本講座は、
ビジネス中級者、上級者でも学び尽くせる内容になっています。

Q:ビジネスが軌道に乗るまでにどれくらいの時間がかかりますか?
A:始めたときのスキルやビジネスに使える時間は人によって違いますから、一概には言えません。

早い人だと、始めて2〜3ヵ月で
月に数十万以上を自動で稼ぐ
仕組みを作ってしまう人もいます(特殊な例ですが)。

ただ、本当に初心者の方でも一つの目安として
180日で仕組みを作り上げて収益を生み出すことができるはずです。

Q:実践するにあたって、講座の代金以外に資金は必要ですか?
A:自動収益の仕組みを構築するにあたり、
ドメイン代・サーバー代・メルマガ配信スタンド代など、
月3000円〜4000円程度の投資をお勧めしています。

Q:クレジットカードを持っていません(or使えませんor作れません)。
  銀行振込の分割はできませんか?
A:事務手続きの負担が増すため、銀行振込の分割決済は対応していません。
申し訳ございません。

Q:Macでも実践できますか?
A:Macでも実践可能です。僕もMacBookを使って作業しています。
もちろんWindowsでも実践可能です。

Q:パソコンを持っていなくてもスマホで実践できますか?
A:スマホで実践することも一応可能です。

ただ作業効率は明らかに悪いです。

そのため、安くてもいいので
パソコンを1台用意することを推奨します。

ネットサーフィンが快適に行える程度のもので十分です。
(分からない場合は電気屋等の店員さんに相談してみてください)

Q:仕組みを作った場合、どんな商品を売るのですか?
A:特に指定があるわけではありません。

講座で解説する仕組みを用いれば、
基本的にどんな商品でも売ることができます。

すでに商品をお持ちの方は、
そちらを販売する仕組みを構築すれば
すぐに売上が増加し始めるでしょう。

商品をお持ちでない場合、
販売する商品が決まっていない場合でも、
自分で1から商品を作る方法も解説しています。

Q:講座に参加すれば何もしなくても稼げるのですか?
A:最終的に放置が可能ですが、
仕組みが完成するまでの間はそれなりの作業が必要です。

講座に参加しただけでは不労所得が得られません。
そういうものを期待している方は購入をご遠慮ください。

あと、詐欺にお気をつけください。
詐欺師は楽して儲けたい人を狙ってます。

Q:作業時間があまりとれないのですが大丈夫ですか?
A:1日1日の作業時間が少なくても、ビジネスというものは積み重ねが効きます。

毎日たっぷり時間をかけられる人と比べると成果が出るのは遅くなってしまうでしょうが、継続さえしていればいずれ稼げる仕組みは手に入ります。

そもそも定年まで何十年も働き続けることを考えれば、仮に成功するのに数年かかったところで、その結果自由な人生が手に入れば万々歳ではないでしょうか?

ちなみに僕は1日1mmでもいいから仕組みを作ろうと思って淡々と作業をしていました。

Q:副業でも実践できますか?
A:まずは副業からでOKです。

必ずしも今の仕事を辞めなければ
成功できないわけではありません。

実際、サラリーマンを辞めずに、
ネットで本業以上の収入を得ている人もたくさんいます。

※支払い方法は銀行振込かクレジットカード払いか選択できます。銀行振込の場合、振込手数料をご負担ください。支払い回数は一括決済か分割決済(カード)か選択できます。分割決済と、一括決済では料金が異なります。

※分割決済の料金および回数は『52,800円=(17,600円/月)×3ヵ月』、『52,800円=(8,800円/月)×6ヵ月』『52,800円=(2,200円/月)×24ヶ月』となります。

※一括決済の場合、クレジットカード決済もご利用可能です。

銀行振込の場合は振込手数料をご負担下さい。

お客様の声

追伸:最小の労力で最大の結果を出しませんか?

僕はつい数年前まで、
本当にどこにでもいるフリーターでした。

唯一他の人と違うところがあるとすれば、

「小説家になりたい」

という中学生の頃からの夢があったことくらい。

しかしその夢は叶わず、それどころか、
10年頑張っても端に棒にもかからないという、
圧倒的なセンスのなさ、現実の厳しさを突きつけられました。

そして、夢も希望も失ってからの
手取り14万円のフリーター。

しかしその「切羽詰まった状況」からの
他の人には到底真似できないような努力をして、

2年間で月に300万円以上の
収入をほぼ自動で得られるようになりました。

ただ、そこからの大転落。

お金を失い、仲間を失い、友に裏切られ、
うつ病になり、一度は死を本気で考えながらも、

磁気刺激治療で症状を緩和し、
彼女や家族など、周りの力を借りて、
自己投資を繰り返して、なんとか復活。

今は収入も右肩上がりで、
元の水準を超える未来を描けている。

そんな状態にいます。

自で言うのもアレですが、
人って変われるものなんですね。

そして人は、
正しい知識・スキルを手に入れれば
何度でもやり直すことができる。

できないことを「センス」のせいにせず、
「ロジック」を収集し挑戦を重ねれば、
どこまでも登っていくことができる。

僕の周りの人や、僕から教わっている人は、
同じような道筋を歩いています。

これからビジネスを始めるような初心者の方も、
勇気を持ってこちらの世界に足を踏み入れてみてください。

ビジネスを学び、仕組みを作り、お金を稼ぎながら
時間を有効に使える人生を一緒に歩みましょう。

やりたいことが分からないなら、
まずはお金を稼いでみて、時間的余裕をつくて、
そのあとに心から打ち込めるものを探してみるのも一興です。

僕も今は初心に立ち返って、
趣味程度ですが、ぽちぽちとまた小説を書き始めています。

皆さんもぜひ、経済的自由、時間的自由を確立して、
自分が本当に挑戦したいことに挑戦できる人生を
手に入れてくださいね。

講座の中で楽しみにお待ちしております。

今回は、非常に長い手紙を最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

どのスクールよりも、教材よりも、
ただ人数がいるだけで一切学びにならないサロンに入るよりも

遥かに有意義で、ビジネスがより明確にわかり、
ワクワクしながら毎日の作業に取り組める投資になることを、
ここにお約束いたします。

この度は、
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

二渡ユウト