" alt="">

【質問回答】Q. オフラインでビジネスをする場合もリスト獲得は必須ですか?

こんにちは、ユウトです。

今回は、僕のコンサルのクライアントさんから頂いた質問に対する回答を、記事にしてみました。

質問は、「オフラインで事業をする場合でもリストを取った方が良いですか?」というものです。

結論から言うと、「YES」です。詳細は以下の画像を参考にしてみてください。

僕の一番初めの僕のメッセージ、ちょっと言葉足らずでしたね。なので補足します。

正確には、「いくら戦場がオフラインのビジネスでも、インターネットを上手く活用してビジネスを仕組み化していけないと、いつまで経っても労働から抜けられない」です。

リストを取る方法は、メルマガでも公式LINEでもどちらでも良いのですが、いずれにせよ、今の時代、どんなビジネスをやる場合でもリストマーケティングを行わないことには利益を最大化できないし、ビジネスの土台が盤石になりません。

そして、利益最大化を図らないビジネスや、いつかあっさり崩れてしまうビジネスなら、最初からやる意味があまりありません。

現代ビジネスにおいて、オンラインとオフラインの境界は曖昧なものになっています。この傾向は今後もさらに強まると思われるので、どんなビジネスもリストを取り、仕組み化を前提として作り上げていきましょう。

ちなみに、婚活パーティーのような、実働が伴い、比較的単価も安いビジネスを繰り返してやっても、利益率はよくないわ、労働が嵩んで忙しいわ、といった感じなので、こういった商品はフロントエンド商品と割り切って、バックエンド商品として、コンサルや教材など、無形高単価な商品を用意できるとビジネスとしての旨みが増えるでしょう。

さて、少し余談が長くなりましたが、上の続きです。

飲食店もリスト化は必須。

飲食店に限らず、美容室、学習塾、整体院、どんな業界でもリストマーケティングは必須ですね。

目的は画像の中でもある通り、お客さんにお店のことを思い出してもらう、また来たいと思ってもらう、あとは効果的に顧客教育を行って行くためです。

どんなビジネスも「集客→教育→販売→リピート獲得」から成り立ちます。この4つの工程どれか1つでも弱いと、ビジネスの利益最大化は図れません。実働に対するリターンを最大化するためにも、リスト化には力を入れていきましょう。

最後にちょっと性格悪いことを言っていますが、まあ、ポイントカードは典型的な顧客教育アイテムです。(リピート獲得に大きく貢献します)

LINEの中には「店舗のお得情報が流れてくる公式LINE」があり、メールフォルダの中には「店舗のお得情報が流れてくるメールマガジン」があり、財布の中には「ポイントカード」がある。

別に悪いことではないんですが、この状態だと、もうそのお店の術中にいるような状態です。脳内シェアをかなり奪われちゃってます。

画像にもある通り、リストマーケティングの真髄は顧客の脳内シェアを奪うこと

お客さんの選択肢に常に入り続け、お客さんが本当に欲しいと思った時に選ばれるようになることです。

現代ビジネスにおける、リストを取ることの重要性については理解していただけたでしょうか?

多くの事業者、並びに企業がリストを取り合っている昨今において、自分だけリストを取らないのは、鎧と剣と盾で武装した戦士たちがワンサカいる戦場の中にTシャツ短パンで入っていくのと同じです。

逃げたり隠れたりしていればしばらく延命できるかもしれませんが、そのうちきっとやられます。

戦場に出向く前に最低限の準備はしていきましょうね。

追記:飲食店を2店舗経営しているクライアントさんが意見してくれました

僕のコンサルティングでは、僕とクライアントさんとのやりとりで他の人にとっても有益そうな情報が生まれた場合、ご本人にとって、全員の場合でシェアさせていただくことがあります(まさにこの記事のように)。

なので先程のやりとりも「全体グループ」でシェアしたのですが、僕らのやりとりを見て、実際に飲食店を2店舗経営しているクライアントさんが意見をくれました。

山田さんは僕のクライアントでもあり友人でもある方で、新宿御苑にてご自身のお店を保たれています。このコロナ禍においても売上を伸ばしており、最近では六本木にも新しいお店を出店されました。

(山田さんは飲食の専門の方ですが、先日、ビジネスコンサルの分野でも初のクライアントさんを獲得されていました。詳細はこちら

きちんと結果を出されている方の意見ですから、説得力がありますね。僕も勉強になる点が多かったです。

山田さんのコメントに対して、メルカリで1,000件以上やり取りをされている主婦の方も、自分の得意分野であるメルカリに今回の話を当てはめて意見をくれました。

メルカリはシステム上、リストマーケティングができませんが、いずれにせよ、お客さんとの高い関係値を築く意識を持つことは、ビジネスで結果を出していくためには必要不可欠ですね。

しかし、こうやって様々な分野で活躍されている方の意見が聞けるのは、僕にとってもすごく勉強になりますね。皆さん、ありがとうございます。

今回の記事は以上になります。

わからない用語があった方は

記事中では、文章量を抑えるため、専門用語を使ってもあえてその用語の説明はしないようにしています。

もし、用語の意味が知りたいという方は、僕がクライアントさんたちと一緒にやっているビジネス用語解説サイト、「ビジネスの外典」を参考にしてみてくださいね。

https://apocrypha.biz/

ちなみに、「ビジネスの外典」の中に意味を知りたい単語がなかった場合は、

  • 「外典」のサイト内お問い合わせフォーム
  • 僕の個人LINE
  • 僕の公式LINE

のどれかに、「◯◯の意味が知りたいです」と一言もらえるととても嬉しいです。

直ちに解説記事を用意します。

わからない単語の意味や概念を、わからないままにしないでくださいね。

疑問はすぐに解決する。わからないままの自分を許さない。そんなスタンスで、最短最速でビジネス戦闘力を高めていきましょう。

無料ビジネスマガジンのご案内
僕は24歳まで手取り14万のフリーターでしたが、今では自分の会社を持ち、最高月収も400万円を突破するまでになりました。

自分の時間を切り売りして働いているうちは、いつまで経っても自由な人生は送れません。労働者は資本家のために働き、両者の格差は広がり続ける。これは絶対覆らない資本主義社会のルールです。

でが、どうすれば凡人から資本家になれるのか。その答えはシンプルです。あなたも僕のビジネスマガジンで、インターネットを活用したビジネスの必勝法を学んでみませんか?