こんばんは、ユウトです。

突然ですが、あなたは
「ファーストチェス理論」って知ってますか?

ファーストチェス理論とは、

チェスの名人が「5秒で考えた手」と
「30分かけて考えた手」は、
86%が同じ手になるという理論のことです。

 

チェスの話がわからない方のために
わかりやすい例を用いて説明すると、

レストランでメニューを開いて
直感でパッと決めた食べ物と、
悩んでから決めた食べ物は
だいたい同じになる、という話ですね。

要は、人の直感はだいたい合っている、ということです。

で、何で僕がビジネスの話をするマガジンで
この話を持ち出したかというと、

ビジネスでは大事な判断を求められるシーンが
めちゃくちゃ多いからですね。

特に大企業の経営者ともなれば
毎日決断の連続……

というか、決断することが彼らの仕事ですね(笑)

まあ、そんな大経営者出なくても
ビジネス初心者でも決断を求められるシーンはたくさんあります。

例えば自己投資なんかがそうです。

ビジネスで結果を出すためには
ある程度の自己投資が必須ですが、
何かを買おうとした時に、

『何か違う』

と感じている場合は、
その違和感を無視しない方がいいです。

最初に感じるモヤっとした感覚って
後で必ず災いの種になりますからね。

わかりやすい例で言うと、
初対面のときに

「何となく合わなそうだなーコイツ」

って思った相手と無理に仲良くしても
後で絶対に関係がこじれるじゃないですか(笑)

あれみたいな感じですね。

嫌な予感は当たるって言いますが、
『何か違う』って直感もかなりの確率で当たるので、

もしそう感じたら
素直にやめておいた方がいいですね。

でも逆に、

『何となく行けそうな気がする』
『今の自分に必要な気がする』

と思ったら、その時は、
自分の直感を信じて素直に
やってみることをおすすめします。

「ああ、あの時決断してよかった」

と必ず思える瞬間が来るからです。

それに、自分の直感を信じて
一歩を踏み出せない人って、
ビジネスではなかなか稼げるようにはなりません。

なぜか、という話を
ちょっとさせていただきますね。

ビジネスは、究極的には自分を信じられるかどうかの戦い

ビジネスって、常に選択の連続ですし、
その選択が正しいかどうかは誰にもわかりません。

もちろん、自分にメンター的な人がいて
判断を仰げるなら話は別です。

しかし、そのメンターだって
100%正しい答えをくれるわけではありませんよね。

完全無欠な人間なんていないから
普通に間違えることもあるでしょうし、

いくら自分が信用している相手だからって
感性まで全く同じというわけではないのだから

「その人にとって100点でも
あなたにとっては全然100点じゃない」

そんなアドバイスをしてくることもあるでしょう。

もちろん、自分よりは知識も経験値も
あるはずなので(だからメンターなわけで)
基本的には信じておけばいいと思いますが、

時には自分の直感を信じなければ
いけないこともあるでしょう。

僕が自動化を始めた時も、最初はまさに直感でした。

確かに自動化は最強なビジネス……に思えます。

構造を聞いている限り
それはどうやら確かそうに思える。

……でも、どれだけ考えたところで
「確かそうに思える」で止まってしまうです。

「確実だ!」とはならないんです。どうしても

まあ、当然ですよね。

実際にやって確かめたわけではないのだから
確実かどうかは絶対にわからないわけです。

それを勧めてくる相手が
どんなに丁寧な説明をしてくれたとしても

その話がそもそも相手が都合の良いように
ねじ曲げられていたら、「丁寧さ」に意味はなくなります。

その情報をもとに自分が
深く考えることの意味も薄れてくる。

ってことを考えると、

結局、どれだけ深く考えても
やるまでは絶対に答えはわからないから

どこかのタイミングでは、必ず、
やる/やらないかを自分の直感に従って
決めるしかないんです。

で、ビジネスで上手くいく人は
こういう時にノリでいける人です。

個人でやるにしても、会社を作るにしても
ビジネスをやる人ってのは、
自分の人生の主人公的なポジションに立ちます。

主人公って一口に言っても、

ノリで生きてる主人公、きちんと考える主人公、
ビビりで臆病っぽい主人公、まあいろいろいますけど

いざというタイミングで
自分を信じて動けない人間には
主人公は務まらないですよね。

自分で考えて動ける必要があるし、
自分で一歩を踏み出せる必要があるんですよね。

「本当に稼げるかどうか?」なんて、
ほとんど考えませんでした。

ただ、

  1. これを成功させれば、自分の理想の未来が手に入りそうか?
  2. これに取り組むことが、自分の理想の未来を実現する上での最適な手段っぽいか?

という、
答えがある程度までしかわからない
2つの問いに対して、

どちらとも「YES」だと思ったから
僕は仕組み作りを学び始めたわけです。

で、実際にやってみたら
「僕の勘は合っていた!」という結果になったわけです。

もちろん、
僕もそれなりに長く生きている人間なんで
勘が外れたことも何度もあります。

何なら、失敗の連続ですよ。
僕の人生なんて。

でも、今は楽しく生きてます。

それは僕が今までしてきた判断に
外したら死ぬような致命的なものが
1つもなかったからです。

例えばビジネスのコンサルを受けるのとかって
安くたって、数十万はかかります。

僕が最初に買った高額商品は
35万円のスクールでした。

「高え……」と思いますよね。僕も思いました。

でも、これだけのお金を払って
仮に少しも稼げなかったとしても
ひとまず、死にはしません。

むしろお金なんて、稼ごうと思えばいくらでも稼げます。

バイトするなり、夜勤するなりすればいいし、
そもそも稼ぐ系のノウハウを買うなら

相当ゴミなものでもない限り、
真剣にやればある程度は稼げるはずです。

つまり、大した挑戦じゃないんですよ。

少なくとも、

「俺は海賊王になる!」だとか
「俺は火影になる!」だとか、
そんな挑戦に比べたら、
全然リスクもないし小さな挑戦なわけです。

まあ、それはフィクションの話ですが、
実際、「会社を辞めるかどうか」とか
「遺産相続をどうするべきか」みたいな
判断をしようとしている人たちに比べたら
断然「外したら死」ではないわけです。

僕が35万のスクールを買った時も
確かそんな風に自分を納得させました。

欲しいとは思った。

でもクソ高いと思った。

だから自分が決断して踏み切れる、
何かしらの理由が必要だった。

ネットを使えば良い評判も悪い評判も出てきた。

でも、ネット上で得られる情報というのも、

  • 自分と全く異なるバックボーンの人が書いている
  • 書き手は常に、自分の都合の良いように情報にバイアスをかけている
  • 全く根拠がない、主観的な意見も多い

など、冷静に考えてみれば、
判断材料としてあまり役立たない気がする。

それに、

「人間には自分の都合の良い情報ばかりを収集するクセがある」

という話も聞いたこともあった。

最初から「やるつもり」の人は
自分を安心させてくれる情報を探すし、

最初から「やるつもりがない」人は、
「ほらね」と言うために否定材料ばかり集めにいく……らしい。

ってことを考えると、

「あ、自分はやりたいんだな」

と客観的に思うことができたので
35万円とかいうわけわからない値段の商品を
クレジットカードで分割しまくって買ったわけです。

最終的には自分の勘と自分の本当の気持ちに問うたわけです。

もう数年前の話になりますが、
そんな思い切った決断を何度もしてきたから
今、理想的な人生を手に入れている自分がいるわけです。

これまた結果論っぽいですが
僕がいつも安パイを切りまくる性格だったら、
今、僕は普通にどこかで従業員として働いていたでしょう。

 

話を最初に戻しますが、
自分の直感を信じることはとても大切です。

そして、直感を信じる上で
1つの心の支えになってくれるのが
「ファーストチェス理論」です。

結局、どれだけ迷って考えても、
結局86%は最初に出した答えに
行き着く……これがファーストチェス理論ですが

考えたところで結果はほぼ変わらんと
わかっていれば、

「悩んでいる時間は無駄だ」

という別の視点を持てるわけです。

つまり即断即決は、
自分の大事な時間を守れることです。

なんの決断をするかにもよりますが
大抵の場合、決断による結果の良し悪しより

時間を守れることの方が
メリットが大きい場合が多いです。

さっき、お金は失っても
また稼げるという話をしましたが

一度失った時間は、どんなに頑張っても
絶対に取り返すことはできません。

資産価値で考えれば
時間>>>越えられない壁>>>お金です。

僕らは寿命がある生き物なので
時間って数ある資産の中でも
特に価値の高いものの1つなんですよ。

その時間を守るためにも
やる/やらないの判断は
いち早く判断を下せるようになった方がいいんです。

今日のマガジンのまとめとして、
判断の際には以下の点を意識してみてください。

  • 直感的に魅力を感じたら四の五の言わずに今すぐやる
  • 魅力を感じないならグダグダ言わずキッパリ切る

つまり、

直感的に「やりたくない」なら、
後で絶対モヤモヤするし、
不平不満をブーブー言ってしまう可能性も大きい。

なら、やらない方がいい。

逆に、直感的に「やりたいなら」、
それは遅かれ早かれ必ずやるだろうし、
タイミングを逃したせいでできなくなれば
後悔する可能性は大きい。

なら、やった方がいい。

そして、一度やると決めたなら
最後まで必ずやり切る。

特にビジネスの場合は、きちんと勉強し、
途中で投げ出さずに継続すれば結果が出るので、
自分次第でいくらでも成功確率を高められます。

これは、どんなビジネスにも共通する
たった1つの成功法則ですね。

やると決めたら、学びに投資し、
途中で投げ出さず、ある程度結果が出るまで必ずやり切る。

ぶっちゃけこれができて仕舞えば
自分で稼ぐことなんて簡単なんですよね。

そんなことも踏まえた上で
今後のビジネスに関する判断をしてみてくださいね。

では、今回はこの辺で失礼します。