「とにかく行動廚」が勝つ時代。間違ってたら「ごめんなさい」でいいんです

マインド

こんにちは、起業家のユウト(@yuto_six)です。

ブロガーやユーチューバーなど、コンテンツを継続的に作る必要のあるビジネスに取り組んでいると、遅かれ早かれ「どれくらいのクオリティでコンテンツを世に出すべきか」という問題にぶつかるかと思います。

僕は元々サイトアフィリエイトをやっていた人間で、最近はブログやyoutubeも始めたので、この問題には幾度となく悩まさせられてきました。

実際、この記事も書き始めたばかりですが、既に「最終的にはどの辺に落ち着かせようか」「どこまで頑張って編集するか」と考えながらタイピングしてます。

「どれくらいのクオリティでコンテンツを世に出すべきか」

もちろん、この問題について絶対的な答えは存在しません。

しかし、僕が思うに、100パーセントのクオリティまで頑張ろうとするのは、あなたが一流の陶芸家であるとか、自己満足のために盆栽作ってるおじさんとかでない限り、間違ってると思います。

何故そう言い切れるのかを説明していきますね。

今の時代はトレンドの変化も目まぐるしいですし、色んな人が情報発信の重要性と将来性に気付き始めているので、日々膨大なコンテンツが生成されています

知っていますか?

今や世界最強のプラットフォームになりつつあるyoutubeには、1分に100時間分以上の動画がアップロードされているそうです。

1分間にですよ?

ちなみにこれは少し古いデータなので、今はさらに膨大な量がアップロードされていると思います。

youtubeという1つの媒体でそれだけ数字が大きいのですから、ブログ、インスタグラム、フェイスブック、ツイッターなどと媒体を跨けば、1分の間に、いや、1秒の間に、もう恐ろしいレベルのコンテンツが量産されていることが容易に想像できます。

そうです。今の世の中はメチャクチャ目まぐるしくうねりまくり、僕ら凡人が想像もできない方向に向かって猛スピードで進んでいるのです。

色々なところで目にする「とにかく行動厨」の方々

話は変わりますが、ビジネスを始めると「とにかく行動厨」の方々を至る所で目にすると思います。Twitter、書籍、youtube、テレビ、本当にいろんなところにいますね。

「とにかく行動厨」とは?
「とにかく行動!」を日々叫び推奨している人たちのこと。

もしあなたが、日々たくさんの言の葉に触れ、高度な会話を楽しみながらのんびり過ごしている人なら、「とにかく行動厨」の方々は語彙力が低く思慮も浅い残念な人たちに見えるかもしれません。

まあ、中には実際に語彙力が低く思慮も浅い残念な人たちも幾分か混ざってはいるのですが、まあそういう毒のある話は一旦置いて置いてですね、彼らが連呼している「とにかく行動」という言葉自体は間違っていないと思います。というか、真理です。

ところで、この記事を読んでいるあなたはどんな属性の人ですか?

もしあなたが、普通のサラリーマンの方やOLさんで、これからもずっと会社に属して生きていくのであれば、自発的な行動力はさほど必要ないかも知れません。

でも、もしあなたがこの先社会のレールから離れて自分の足で生きていきたいと少しでも考えているのであれば(あるいは既にそうしているのであれば)、高い行動力は必要不可欠になります。

じゃないと、時代に全然付いていけませんからね。ジリ貧になって、苦しくなって、「雇われ」に帰結すると思います。

どれくらいのクオリティでコンテンツを世に出すべきか

では改めて、「どれくらいのクオリティでコンテンツを世に出していくべきか」ですが、

僕はこれについて、70〜80%で良いと思っています。いや、60%程度でも良いかもしれません。

まあ、この辺は個人の感覚値なので、60%でも80%でも本質的にはあまり変わらないと思っていただいて大丈夫です。

とにかく「Done is better than perfect(完璧より完了:)」。とりあえず100%までやる必要はないと思います。

もちろん、あなたが既にその分野である程度の知名度を得ていて、多くの人から注目されているのなら、責任感が大きくなってくるので話は別ですが、そうでないなら(すなわちビギナーかアマチュアのレベルであるのなら)、「一気入魂」より「数打ちゃ当たる」を選んだ方が賢いです。

でも、こんな話をすると、

「そんなクオリティじゃアンチに叩かれるよ!」

重箱の隅つつき勢の思う壺だ!」

と怖くなってしまう人もいるかと思います。

しかし、残念ながらそれは自意識過剰というものです。

そもそも、無名のうちはアンチも重箱の隅つつき勢も湧きません。まあ、例外的に付いてしまうケースもあると思いますが、それも一時的なもので、基本的には誰にも相手にされない状態というのが長く続くと思います。

「アンチが付くのは有名税」なんてよく言われますが、これは本当のことで。

実際、アンチが付くところまで辿り着けない人も多いです。なので、アンチに付いて考えるのはそれが実際に付いてきてからでも遅くないと思います。

そもそもの話ですが、仮にあなたが100%の出来栄えのコンテンツを作ったとしても、ユーザーが100%満足してくれるかと言えばそれは全く別の問題です。

それどころか、あなたの100%のコンテンツにアンチが付くことだってあります。

あなたにも大好きなアーティストがいると思います。あなたにも完璧だと思える楽曲があると思います。でもその歌が大嫌いな人たちもいるのです。

そういえば、先日こんなツイートをしたら少し反響がありました。

どうせ3割はあなたのコンテンツを嫌うんです。その3割に好かれようと体裁を整えすぎると、エッジが効かなくなり、今度はコンテンツの価値が失われてしまうんです。

「じゃあどうすりゃいいんだよ?」と思うかも知れませんが答えは簡単です。あまり考えなくていい。こだわらなくていい。あなたの思ったままのことを綴って世に出せば良いのです。

最初は60%のクオリティでも十分。それで得られたデータやフィードバックを元に、少しずつ改善していけばいいのです。もちろん最初は誰にも見てもらえないと思いますが、コンテンツの数を増やしていけば必ず誰かの目に止まります。

それでBADが多く付くようだったら、そこで初めて、クオリティにこだわったり、方向転換するなりしていけば良いのです。無論、たくさんコンテンツを用意したのに誰からもレスポンスがない場合も同様です。

「間違っていたら『ごめんなさい』で良いんです」

「とにかく行動」という言葉を聞くと、僕はいつも『デスノート』という漫画のこのシーンを思い出します。

「間違ってたら『ごめんなさい』でいいんです」

極論、このスタンスで良いんじゃないかなと思います。

(※但し、決めつけてかかるのはNGです)

とりあえず60%くらいのクオリティで世に出してみて、世間の反応を見てみる。無視されたら次の手を考えれば良いし、なんか厳しめのコメントもらったりBADが多めについたりしたら「ごめんなさい」して、すぐ修正したり、次から気をつけたりすれば良い。

幸いにも、ネットのコンテンツって削除と加筆修正が簡単ですからね。あとで整える前提でどんどん投げちゃって良いんじゃかなと思います。初稿で無反応だったりdisられたりしても、ちょっと手を加えてそのまま置いておけば、次来た誰かは感動してくれるかもしれないし。

あ、ちなみにですが、

医療の情報とか、投資の情報とか、そういうセンシティブなテーマでは、60%のクオリティでリリースしちゃダメですよ。

それは下手すると誰かを死なせちゃう可能性がありますし、逆に被害を被った人から殺されちゃう可能性もありますから。

世の中には60%のクオリティでして良い話とそうでない話がある、その点はきちんとわきまえておきましょう。

しかし、今は本当に良い時代ですよね。自分の作ったコンテンツが良し悪しが、SNSを使えば一瞬でわかるんですから。

例えば僕はツイッターでよく呟いているのですが、頑張って内容考えて「これは伸びるだろー」って思ってニヤニヤしながらツイートに1いいねもつかないこともあれば、テレビゲームの合間に適当に考えたツイートが結構伸びたりすることもあります。

まあこれはツイッターに限らずです。情報発信というのは、自分本位でコンテンツのクオリティを高めていくことがいかに危ういか、遠回りになってしまうかを痛感させてくれます。

そう言えば、ユーチューブが伸び始めた時はどこかのテレビ関係者の人たちとか、頭の堅いおっさんとか、もしくはその両方の属性を有する人とかが「ユーチューブなんてテレビの劣化だ」なんてよく言ってましたよね。

あの人たちは今息してるんですかね? かつては最強の動画配信媒体だったテレビは、今やユーチューブにその存在を脅かされつつあります。

ユーチューブのコンテンツなんて、テレビ番組に比べたら金もかかっていないしクオリティも全然低いですよ。でも多くの人たちはそれで十分満足してるんです。

完璧なクオリティよりも人間味が感じられる多少の雑さがを求めている人が存外多いってことを、ユーチューブは世に知らしめてくれました。

もちろん、これは個人レベルでも同じだと思います。あなたの60%のクオリティでも満足してくれる層が、もしかするとたくさんいるのかもしれない。

60%では満足できないけれど70%なら満足してくれる人が、いるのかもしれない。じゃあその10%をどう測るのか。何事もやってみないとわからない。

だからこその「とにかく行動」です。とにかく何か手を動かしていれば、いろんな活路やアイディアを見いだすことができるはず。僥倖にも巡り会えるかもしれません。

とりあえず行動。僕はもともと完璧主義者タイプだったので、現在進行形でなかなか動けないでいる人の気持ちはよくわかります。

でも、やっぱり成功したいなら「とにかく行動」しかないですよ。あなたが慎重に次にアクションについて考えている間に世界はどんどん前に進んでいる。「間違ってたらごめんなさい」でいいじゃないですか。それくらいの気楽なこの激動の時代を生き抜いていきましょう、というお話でした。

※この記事あ敢えて編集少なめでリリースしてみました。誤字脱字重複など読みづらかった部分があったらごめんなさい。でも最後まで読んでくれてありがとうございました。