ほったらかしで稼げるようになりたいなら”レバレッジかけて労働を保存”せよ

どうも、ユウトです。

僕はかれこれ7年以上ずっと
自動で収入を得続けていました。

アフィリエイトで稼げなくなって
死んでた時も、極細ではありましたが、
毎月5〜10万くらいの自動収入はありました。

ほったらかしで稼ぐ。
遊んでいても、寝てても稼ぐ。

これは僕の得意分野であり、
起業当初から大事にしている1つのポリシーです。

なぜ僕がこんな生活を送ることができているのか。

それは、一言で言うと、
レバレッジをかけて労働を保存してきたからです。

レバレッジの力があなたの生産力を1,000倍にする

ほったらかしで稼げるようになりたいなら
レバレッジの力が必要不可欠です。

「レバレッジって、何?」

と、よくわからない単語が出てきて
難しそうに思ったかもしれませんが
言葉の意味はとてもシンプル。

レバレッジっていうのは
わかりやすく言うとてこの原理」のこと。

つまり、
小さな労力を大きな力に変えられる
ってことですね。

1の力が、10にも、100にもなる……。

このレバレッジを最大限に使えるのが
情報発信ビジネスの特徴です。

 

たとえば、YouTubeとかって
レバレッジをイメージする上で
とてもわかりやすいです。

YouTubeの動画って一度撮ってしまえば、

あとは放っておいても
勝手に視聴回数が増えていきます。

つまり、1回の労働
100回、1,000回と価値提供ができるわけです。

これがネットを使ったレバレッジのかけ方です。

 

ネットを使って稼ぐのが得意な人は
レバレッジの力を上手く使っています。

もちろん僕もそうです。

たとえばですが、
僕がいつもコンサルのお客さんにする
オリエンテーション。

これもあらかじめ動画を撮っておけば
喋るという労働をYouTubeに
肩代わりさせることができます。

つまり、

  • 僕が昼寝をしているあいだも
  • 映画館でポップコーンを食べてるあいだも
  • 沖縄に旅行に行っているあいだも

受動でたくさんの人に
価値提供がされる状態を
作ることができるわけです。

 

しかも動画って
24時間365日フル稼働で働いてくれます。

また、1円も給料を払わなくても
何1つ文句も言わず言いません。

さらに、人に仕事を任せるのと違って、
モチベーションに左右されることもありません。

「きついから辞めます」みたいなのが起こらないんです。

ノーコストで、安定的に、
そして無尽蔵に価値を生み出し続けてくれるんです。

 

……これ、僕がもし、
ネットの力を借りずに同じことをやろうとしたら、大変なことになります。

時間を選ばずやってくるお客さんに
何度も何度も、同じ内容を説明する……。

考えるだけでしんどいです。

間違いなく身が保ちません。

それこそ僕は一般の会社員に比べて
労働耐性が低いので
早い段階でさっさと諦めて

「きついので辞めます( ˘ω˘ )」

とか言い出すと思います。

これだから人間ってやつは
信頼しようにもしきることができませんね(笑)

 

……でも、ここで動画を使って
レバレッジをかければ、

そんな労働耐性がない僕ですら
何千人、何万人って人たちに
アプローチをすることができちゃうんです。

しかも、YouTubeって
無料で使えますからね。

これって、冷静に考えると
めちゃくちゃすごいことなんですよ。

 

もちろん、これはYouTubeだけでなく
ブログでも同じことを言うことできます。

まあ、ブログはYouTubeと違い、
サーバー代などがかかりますが
それも得られるリターンを考えれば微々たるものです。

以前のマガジンでもお話ししましたが
僕が昔やってたコンタクトレンズのブログは
月に25万PVを叩き出していました。

で、そのブログで一番人気の記事は、
1記事だけで月に約4〜5万のPVがあったのですが

これ、年間で考えると、
たった1記事で最低でも48万回くらい
読まれていた計算になるんですよね。

ちなみにこの記事、普通に読むと
読み終わるのに5分くらいかかります。

記事の内容を言葉で伝えようとすれば
やはり5分くらいはかかるでしょう。

もし、僕がこれを48万回に
自力で話そうとしたら
どれくらいの歳月がかかるでしょうか。

単純計算で、

480,000 × 5 = 2,400,000

ですから、
ざっくり240万分くらい
かかることになります。

日数に換算すると
だいたい1,666日くらい。

年数に換算すると、
4年半くらいです。

……なんとも、
気の遠くなるような歳月ですが
逆の考え方をすると、

僕はブログ記事のレバレッジを
使ったことで、この4年半を短縮したことになるわけです。

レバレッジすごさが
なんとなく伝わったでしょうか?

コンテンツに労働を保存する

さらにもう1つ、
レバレッジに加えて
大事な言葉をお伝えします。

それは「コンテンツ」です。

コンテンツとは、
情報発信をする際に
あなたが作るもの全般を指します。

もうちょいわかりやすい言い方をすると、

ブログの「記事」、YouTubeの「動画」
Twitterやインスタグラムの「投稿」
メルマガや公式LINEの「配信」などなど。

これらがコンテンツです。

身の回りを見渡してみてください。

世の中には膨大な数のコンテンツが
存在していることに気づくと思います。

そう。僕らはコンテンツの海の中に生きている……。

そして、
このインターネット社会においては、
コンテンツを上手く使いこなした人や企業が大きなを手にしています。

当然、
ネットを使った最強のビジネスである
「自動化」でもコンテンツの力は欠かせません。

僕も、Nさんに
自動化の概念を教わってからは、積極的に

「自分の労働をコンテンツに肩代わりさせる」

ということをしてきました。

具体的には、

  • 初対面の人にする「自己紹介」をブログの記事に
  • 商品に興味を持ってくれた人にする「セールス」を販売ページに
  • 商品を買ってくれたお客さんの「サポート」をYouTubeの動画に

などと言った感じで、
一度作るだけでずっと働いてくれる
コンテンツを作り続けてきたわけです。

言うなればコンテンツ作りは「労働の保存」

そう、コンテンツって
「自分の労働を一回きりで終わらせず
ずっと保存しておくための入れ物」
みたいなものなんですよ。

そしてこの、
「労働を保存したコンテンツ」を上手く組み合わせ、

何もせずとも商品が売れ。
自動で収益が生まれ続ける状態を作るのが
「自動化」というわけです。

 

僕はもともと不器用でな人間だったので

最初は1つのコンテンツを
作るのにもめちゃくちゃ時間がかかったし、

時間がかかったわりには
作ったものがショボすぎて
その徒労感にモチベーションが下がる
みたいなことを何度も繰り返してきました。

しかし、半年もしないうちに
そんな問題点はだいぶ改善されて。

2年近く経った今では
まるでプラモデルを作るような感覚
自動収益源を組み立てられるようになりました。

ものの数分〜数十分で
必要なコンテンツをパパッと作り、

パチパチとそれらを組み合わせて、

短時間で、月数万円以上の自動収益源を作る。

そんなことができるようになったんです。

そして今では、
自分の自動収益源を強化するために

さらにコンテンツを作って
足していくことが日課になっています。

もちろん、
そのコンテンツ1つ1つに
レバレッジの力がかかっていくので

やればやるだけ
青天井に収入が増えていく。

こんな状態が作り出せていているわけです。

 

気づけば僕の毎月の自動収入は
ほぼゼロのところから
200万円以上にまで回復していて、

ちょっと手動も絡めれば
月400万円を軽々と
突破できてしまうほどになりました。

レバレッジを効かせられるかどうか。

コンテンツに労働を保存できるかどうか。

すなわち、ビジネスを自動化できるかどうか。

これは、これからの時代、
欠かせないスキルになります。

安定的に売上を伸ばしていける人と
短命で消えていく人を分ける
大きな1つの分岐点となることでしょう。