こんばんは、ユウトです。

早速ですが、あなたは

「お金が全てじゃない」

って発言をしたことがありますか?

僕は何度かあります。

きっとあなたも、
人生で何度かはこの言葉を
口にしたことがあるでしょう。

 

少し前の話になりますが、
僕が嫁と入ったとある居酒屋で
隣に座ったサラリーマンのおじさんたちが
まさにそんな話をしていました。

 

おじさんA
「人間、金が全てじゃないんだよ」

おじさんB
「ほんとよ、ほんとそれ」

おじさんA
「インスタ見ると、海外旅行だとか
なになにのブランド品買っただとか
豪勢な生活を送っているような奴が多いけどさ。

youtubeとか見てみると、意外と、
大したことない奴らばかりなんだよ」

おじさんB
「わかるわかる。
何でこんな薄っぺらい奴を
好きになる奴がいるんだっていつも思うよ」

おじさんA
「みんな金に目が眩んでるんだよ」

 

クタクタのスーツに、
疲れの滲んだ、赤ら顔。

酔っ払っているため声が大きいので、
彼らの話は、集中して聞いていなくても
僕の耳に入ってきました。

 

……まあ、おじさんの
言っていることは一部わかります。

確かに、世の中、
お金が全てではないですし、

僕も、
露骨で卑しい金持ちアピールを
しまくっている人をみると、嫌気が差します。

 

でも……
おじさんの発言に共感する反面、
こうも思ってしまったわけです。

(いや、言ってることは
わからんでもないけどさ、

 別にお金持ちでもなんでもない
 アンタらがそれを言うのは、
 めちゃくちゃダサくないか?」

おじさんたちはとても愉快そうに
他者批判を繰り返していましたが、

ソフトドリンクで乾杯した僕と嫁は
目を合わせて苦笑いしながら
(ツッコミを入れたい気持ちを抑えながら)
そのおじさんたちの話を聞いていました。

 

……。

 

日本は昔から、
慎ましさが評価される国です。

だからこそ、多くの人は、

「お金が全てじゃない」

という発言を好んで使います。

そんな慎ましやかなこの国で
金だの、ビジネスだのと公言すれば

必ず一定数の人たちからは
白い目で見られることになるでしょう。

 

しかし、
そういった「周りの目」を
一切抜きに考えれば、

十分なお金を持っているということは
お金がなくて貧乏であることに比べたら
喜ばしいことであるはずなのです。

お金があれば
趣味に生きることもできるし、
大切な人を守ることもできます。

諦めた夢を追うこともできますし、
将来の不安をなくすこともできます。

事実、お金があれば
ほとんどの願いは叶いますし、
悩み事も解消できてしまうのです。

 

お金の万能性を考えれば、
「お金が欲しい」と思うのは
ごくごく自然な欲求です。

 

きっと、
あの居酒屋のおじさんたちだって

「金持ちになりてぇ……」

強く願ったことがあるはずです。

でも、結果的に、
なることはできなかった。

毎日毎日、熱心に働いても、
給料はほとんど上がらない。

どうすれば金持ちになれるのか。
その道筋も思いつかない。

でも、世の中を見渡してみれば、
金持ちが意外とたくさんいる。

しかもその人たちは、
自分より遥かに若かったりする。

そんな事実に直面した時、

「俺ももっと頑張らないとな」

とポジティブ転換できる人は少数派です。

 

多くの人は、
その現実を否定することで
自分を正当化しようとします。

 

本当は、
喉から手が出るほどお金が欲しかったり
お金持ちになりたいと思っているのに、

それを認めてしまうと、
自分の人生や過去の努力が
否定されてしまうから、

お金自体や、
お金持ちの人格そのものを否定して、
自己正当化に走ってしまうのです。

 

実を言うと、僕も昔は、
ビジネスなどで成功している人に対し、
僻みやっかみの発言を連発していました。

 

TVやネットなどで見かける、

若くして年収数千万、
数億と稼いでいる人に対して、

「どうせ悪いことしてるんだろ」

と決めつけたり、

「金儲けだけに振り切れる人たちは
気楽でいいよな」

などと、自分が絶対に正しく、
金持ちは全員悪であるかのような
発言を連発してしまっていたのです。

 

なぜ、そんなことをしてしまっていたのか。

それはもちろん、
悔しいからでもあるのですが、

それとは別に、ビジネスの本質を
きちんと理解できていなかったからでもあるのです。

お金をたくさん持っている人は、
感謝や信頼をたくさん集めた人である

そもそもの話なんですが、

ビジネスにおける「お金」とは、
「受け取った価値の対価」として
支払われるものです。

まず、人々の悩みや欲求があって、
それを解消する価値(商品・サービス)を提供することで対価をもらう。

 

お金と価値の交換。
これがビジネスの原理原則です。

100円のジュースから
「喉の渇きの癒し」や「美味しさ」
という価値を受け取り、対価として100円を支払う。

 

短期集中型の英会話スクールから
「短期間での急激な英語力上昇」や
「外国人との会話に対する抵抗感の解消」
などという価値を受け取り、対価として40万円支払う。

 

どれも同じですね。

悩みや欲求があって、
商品やサービスがあって、
それから、お金がある。

 

この原則に乗って考えれば、

大きな利益を上げている
個人事業主や、企業こそ、
世の中に多大なる価値提供をしている

ということがわかるはずなのです。

例えばですが、
AmazonやAppleなどの
世界有数の企業を思い浮かべてみると、わかりやすいかなと思います。

彼らは、
Amazon.comというサービスや
iPhoneという商品で、ユーザーに価値を提供しています。

 

そのサービスや商品から
「便利」価値を受け取り、

生活が楽に、豊かになっている人が、
世界中にどれだけにいるかを考えてみてください。

具体的な人数がわからずとも、
ほんのちょっと想像するだけで

AmazonやAppleが
世界有数の企業になれた理由がわかるはずです。

 

もちろん、世の中には
詐欺的な方法で儲けている人もおり、

そういったニュースが
日々、テレビやネットニュースを
賑わせていますが、

実は市場全体から見ると
その割合は意外と小さいのです。

 

なぜなら、詐欺的な手法は
一度大きく利益を上げられても

悪評が広まって稼げなくなったり、

警察や消費者庁などからの
メスが入ったりするので、

リスクも大きいして、
ビジネスとして見ても
あまり旨みがなかったりするのです。

たくさん、詐欺的な業者は
現れるんだけども、

自然と淘汰され、消えていくから
実は割合的にはそこまで大きくない、というロジックですね。

実は、悪いことをするより、
真っ当なことをしている方が、儲かるんですよ。

(もちろん、ビジネスの原理原則や
マーケティングをちゃんと学ばずに
感覚でやっていても、儲かりませんけどね)

 

お金は、やはり優れた商品や
質の良いサービスの元に集まります。

たくさんのお金が
一箇所に集まるのには
それだけの理由がある。
普通に考えればわかることです。

しかし、昔の僕は、ビジネスの本質が
ぜんぜんわかっていなかったので

何となくの感覚で物事を評価し、
間違った言動を連発してしまっていたわけです。

 

あの居酒屋のおじさんもそうですね。

きっと彼らは、自分の家族や子供に
間違った考えや価値観を
さもそれが正しいかのように語るのでしょう。

……そういった意味でも、やはり、
無知とは怖いなと思います。

金持ちを批判しているうちは、絶対に金持ちになれない

ちょっと話が変わります。

これは、
とある起業家に学んだことなのですが

「金持ちを批判している時は、
絶対金持ちになることができない」

という話があります。

 

これも重要なのでお話させてください。

 

例えばですが、
あなたがプロの野球選手だったとして

「野球の仕方を教えて欲しいです!」と素直に申し出てくる人

と、

「センスのあるやつはいいよな」と妬みを言ってくる人

の、どちらの力になりたいと思いますか?

まあ、聞くまでもなく、
ほとんどの人が前者のような人を選ぶと思います。

また、
一定の分野で大きく成功している人は、
その希少性を求めて多くの人が殺到します。

野球選手のイチローさんに
会いたい人はたくさんいます。

『ONE PIECE』の尾田栄一郎さんに
会いたい人もたくさんいます。

『Lemon』『パプリカ』などが
大ヒットした、アーティストの
米津玄師さんに会いたい人もたくさんいるでしょう。

 

もちろん、
そこまでの大成功者ではなくとも、
ある程度、人とのしての希少価値が高ければ、

その価値に応じて、
多くの人が集まる、という構図はわかると思います。

 

しかし、求められる数に対し、
自分の体は1つ、提供できるものには限りがあるので、

「教える」「世話をする」という
工数がかかることをするなら、必然的に、
会う人や協力する人を選ぶ必要が出てきます。

そうなった時に、
自分の話を素直に聞いてくれる人と、
妬みやっかみ丸出しで、否定的な人との、
どちらが選ばれるかという話です。

後者を迎え入れる可能性は
限りなく小さいはずですよね。

人は自分を好きになってくれる人を好きになる。

ごくごく、単純な話です。

別にイチローさんや尾田さんのような
世界的に有名な人でなくとも、
全ての人がその感覚を持っています。

僕もそう。

すごくダイレクトな言い方をすると、
良識がなく、人間的に終わっている人に
ビジネスを教えたいとは思いませんし、
そもそも会いたくもないです。

 

あなただってそうだと思います。

 

ということを踏まえれば、

お金を稼ぎたい、成功したい、
と本心では思っていても

その欲求に素直になれず
お金を否定してしまっている人は、
稼ぐための多くのチャンスを台無しにしてしまう

ということがわかるはずです。

素直さはマジで大事。

僕は今ままでの起業家人生で、
何人もの、大成功を収めている
経営者や起業家に会ってきましたが、

彼らは自分の欲求に対し、
ものすごく正直です。

 

  • 会社をやめて自由に生きていきたい
  • 10億稼ぎたい、100億稼ぎたい
  • もっとモテたい、愛人をたくさん作りたい
  • 海沿いの家に住んで毎日サーフィンをやりたい
  • 世の中のありとあらゆる珍味を楽しみたい

まあ欲求の内容の良し悪しはさておき、
自分の欲しいものを公言するということは、
それを手に入れる上で非常に有効です。

脳科学的にも実証されています。

(前のマガジンでもお伝えした、
「パブリック・コミットメント」
ってやつですね)

そして何より、
上記に並べたような欲求は、
お金を稼げば大半は解消されてしまいます。

また、

「欲求」の解消だけでなく、
「悩み」の解決にもお金は役立ちます。

マガジンでも何度かお伝えしていますが、
僕は少し前まで、収入激減を発端とする
「うつ病」に悩まされていました。

精神的に落ち込み、動けなくなり、
少し気分が戻っても、また落ち込み、動けなくなる。

こういった負のループに陥ってました。

僕のうつ病の症状は、時間が経つにつれ、
どんどん悪い方に向かっていました。

このまま放っておいたら、
自分が最悪な結果に向かっていくのは明白でした。

 

正直、自殺も何度も考えました。

 

そんな僕を心配して、
親や、彼女や、友人が
元気付けようと声をかけてくれたり、
働きかけてくれたりしました。

彼らが支えてくれたおかげで、
今の僕がある。

辛い時にお世話になった人たちには
心から感謝しています。

 

しかし、

励ましの言葉や、
そういった働きかけというのは、

「消耗した心の癒し」にはなれど、
「抜本的な問題解決」にはなりません。

それがあることで、救われはするけど
解決しなければいけない根本の問題は、
また別のところにあるということです。

現金なやつだと思われるかもですが、
僕が地の底から帰って来れたのは、
やはりお金が稼げるようになったからです。

自分で稼げるようになり、
自尊心を取り戻し、未来の不安が解消されたから
また落ち込む前の状態に戻ってこれたのです。

 

この資本主義社会において、
貧乏である、稼げないは、
多くの悩みや不安を生み出します。

 

しかし、
その問題を逆説的に捉えれば、

世の中の悩みの
98%はお金で解決できる。

ということができるのです。

お金があれば、

  • 高額な治療も受けられる
  • 苦痛でしかない仕事を辞められる
  • 本当に気の合う人だけと付き合っていられるようになる
  • 人生を楽しむことができ、自分を好きになれる

一言で言えば、幸福になれるのです。

今、お金がある人とない人の間で
どんどん格差が広がっています。

お金を持った人間は
どこまでも幸福になることができ、

お金を持たない人は
すごく頑張っているのに、どこまでも苦しい

そんな構図が成り立っています。

受け入れ難い事実かもしれませんが、
これが事実。この事実を踏まえて、

あなたがどちら側に立ちたいかを
じっくり考えてみてください。

「金が全てじゃない」という
キレイゴトは金輪際抜きにして、

あなたの人生を最高に旅するための
知識とスキルを身につけていきましょう。

PS. 「初めての仕組み作り講座」、本日が案内最終日です

先日から案内している
「初めての仕組み作り」の企画ですが
今日で募集を終わろうと思います。

募集が終わってしまうと、
参加できませんのでご注意くださいね。

 

案内は以下の公式LINEを
友だち追加していただくと
送られてきます。

 

https://lin.ee/hJqkk5G

 

登録直後にお渡ししている
「仕組み化を理解する動画セミナー」を初めとして、

講座に参加する、しないにしても、
仕組み化について理解が深まる
号外マガジンを送らせていただいてますので、ぜひご追加くださいね。

 

それでは、
今回はこの辺で失礼いたします。