知識がないがゆえに迷走を続ける恐怖

こんばんは、ユウトです。

昨晩、初めて、講座の案内をお送りしました。

「ビジネス・オートマトン」ですね。

僕がこの講座を作ったのには1つの理由があります。

それは、「成功したいと言いつつも無駄な努力ばかりしている人があまりにも多い」ということ。

正直、ビジネスなんて正しい知識を入れて必要な作業量こなせば、誰でも勝ち組側に回れるんですよ。

ではなぜ、世の中に、
ビジネスをしているのにこんなにも稼げていない人が多いのか。

答えは簡単です。

 

  1. 知識が足りていない
  2. 行動量が足りていない
  3. 仕入れた知識がそもそも間違っている
  4. 知識の解釈を間違っている
  5. 自分に合わないことをしている

 

ビジネスで結果を出せていない人の特徴は
だいたいこの5パターンに分類されます。

 

見てわかる通り、
「センスがないから」などといった理由はありません。

④がわりとそれに近いですが、

例えば、
物販のようにひたすら単純作業をこなす
稼ぎ方が嫌いなら、

もう少し変化があって
刺激的な仕事を選べばいい、というだけの話で、
センス云々の話ではないのです。

自分が高いモチベで望めることをすればいい。

ただそれだけの話。

「特に好き嫌いはない。
一番効率よく儲かることをしたい」

というのであれば、仕組みを作ればいい。

ただそれだけの話です。

行動しろ、という言葉の罠

TwitterとかYoutubeを見てると、
やたらと「行動しろ」って主張する人が今すよね。

これは、僕も同感です。

行動しなければ、何も変わらない。

そして今の時代、
経済格差はみるみる広がっています。

そもそも日本という国が
どんどん衰退していっている。

何もしないで待っているのは、
現状維持をしているようでいて、実は明確な後退なのです。

そういう意味でも、
僕は「行動しろ」という意見には賛成です。

 

ただ……
「行動しろ」という言葉には罠があります。

というのも、この言葉をそのまま鵜呑みにして、
ただがむしゃらに行動しても、
結果にはつながらないからです。

すごく当たり前の話ですが、
目的達成と関係のない行動をしても、
目的は達成されません。

ゼロに何をかけても、答えはゼロ。

……とまあ、そんな当たり前なことは
誰でもわかっているはずなんですが、

「行動しろ」と言われると
その言葉に体がピクンと反応して、
何も考えず無思考に動いてしまう。
こんな人が、あまりに多いんですよね。

情報発信が大事だと聞いたから、
とりあえずブログを書いてみる。

自分の商品を作るのが大事だと聞いたから
とりあえずnoteを書いてみる。

この「とりあえず」手を動かすことを、
ビジネスの初心者さんとかは
よくやってしまうのですが、

その結果、大半の人が、
やってても意味がないことを
始めてしまうんですよね。

だから世の中には、稼げてない人が多いんです。

あなたは深い森の中に、
地図も持たずに飛び込みますか?

 

例えばの話ですが……

とある、深い森の中に、
宝物があるらしい、という話を聞いたとしましょう。

聞けば総額1億以上の財宝だとか……。

 

でも、そんな美味しい話を聞いても、
地図やコンパスを持たずに、
とりあえず入ったりしませんよね?

初めての森なので
迷う可能性が大きいし、

毒蛇や、熊などの大型生物など、
危険な動物がいる可能性もある。

そもそもの話、
宝物がどこにあるかも、検討もつかない。

……こんな状態で森に入るのは
あまりにも無謀ですよね。

ちゃんと無事に
宝物を取って帰って来たいと思うなら
きちんと情報収集をして、計画を立てるはず。

自分の身に危険が伴う挑戦なら、
誰だって真剣に戦略を練るはずなのです。

 

……という話をした上で、
ビジネスの話に戻りますが、

なぜ人は、
危険な森に入る時は
入念に準備をするのに、

ビジネスを始める時は、
きちんと戦略を練らずに
とりあえず手を動かしてしまうのでしょうか。

 

ブログやSNSは
リスクがないから?

いや、リスクはめちゃくちゃありますよ。

例えば、1年間、真剣に
Twitterやブログに取り組んだけど、
全然お金にならなかったとしたら、

1年間という単純な「時間」と、
1年間頑張った「労力」と、
何か教材とか買っていたとしたら「金銭」も失った上で

「もうビジネスはいいや」

という非常にもったいない結論に
行き着いてしまう可能性があるかもしれないのです。

 

命に危険が及ぶリスクがないからといって、
物事を軽視して飛び込むのは、とても危険です。

特に、一度過ぎ去った時間に関しては、
どんな方法を使っても、絶対に帰ってこないので、

ここについては
もっとシビアに考えるべきだと僕は思うのです。

 

もちろん、きちんと本や教材などを買って
勉強してから、Twitterやブログに取り組む人も中にはいるでしょう。

でも、稼ぐことができなかった。
そういう人もとても多いです。

きちんと勉強したけど稼げなかった。

そんな状況に直面した時、

「その本(教材)に書いてあることが間違っていた」

と考える人もいるかもしれません。

でも実際の答えは、こうです。

「そもそもTwitterやブログを作るより先に
やるべきことがあった」

ぶっちゃけた話、ビジネスで結果を出したいなら、
情報発信をする前にしなければいけないことがたくさんあります。

それは、「売れる商品を作る」こと。

その商品を作るために、
「念入りなリサーチ」を行うこと。

そしてその商品が売れるまでの「戦略」を
きちんと考えることです。

情報発信について考えるのはその後でも遅くないのです。

僕のビジネス・オートマトンでは、
その辺も具体的に解説しています。

 

さっきの森の話に戻りますが、
物事の全体像が見えていれば
あらゆる点で、迷うことはなくなります。

全体像とは、いわば地図のようなもの。

地図があれば森の中で迷うことがなくなるし、
宝の位置が最初からわかっていれば
最短最速で結果にたどり着けるのです。

つまり全体像が見えていれば、
無駄な行動を取るリスクを極限まで抑えられるのです。

逆に全体像が見えていないと、
行動が無駄ばかりになってしまったり、
自分の勘違いで、成功からどんどん遠のいてしまったりするのです。

何をやるにしても、
全体像をまず把握するって
めちゃくちゃ重要ですよ。

「とにかく行動しろ」

あれは半分正しくて、半分嘘です。

「全体像を把握した上で、無駄なく行動せよ。
 ゴールから逆算して、必要なことだけやっていけ」

これが正しい。

人生は短いですからね。

あなたの目的達成とは程遠いことに
無駄なお金や時間を投じている暇なはないはずなのです。

ビジネス・オートマトンは
あなたが時間的自由と経済的自由を
最短最速で手に入れるための講座です。

昨日から販売を開始した
ビジネス・オートマトンですが、

この講座で作り方をお伝えしている「自動人形」とは
個人がPC1台で作れる、ミニマムな「仕組み」です。

 

しかし、ミニマムとはいえ、効果は絶大。

ビジネス・オートマトンのカリキュラムに沿って
自動人形を量産したり、強化していけば、

「労働をせずとも月収100万円稼ぐ」
という夢のような話を、誰でに再現することができます。

 

ここまでのマガジンでもお伝えしてきた通り、
ビジネスの成功者たちは皆、自分の得意とする分野で仕組みを持っています。

逆の言い方をすると、
仕組みの作り方を明確に理解していなければ、
どれだけ行動しても、どれだけノウハウにお金を投資しても、
いつまで経っても大きな成功は掴めないのです。

 

それじゃ嫌じゃないですか?

「俺(私)は何のために頑張っているんだ」ってなりません?

 

僕なら絶対嫌です。

全ての努力が、
きちんと結果に繋がるとわかった上で、努力したい。

あなたもきっとそれは同じでしょう。

 

だからこそあなたには、
仕組みの作り方をここで完全にマスターして欲しいのです。

 

今回のマガジンはこれで以上です。

ビジネス・オートマトンのご案内は
以下のリンクから確認できます。

▼ビジネス・オートマトン
https://sixlog.jp/business-automatons-start/