" alt="">

リスクなしで起業するための便利ツール・サービス14選

こんにちは、ユウト(@yuto_six)です。

ビジネス未経験者・初心者の方向けに「自分の商品作り」や「webマーケティング」を教えています。

今の時代、ネット上には様々な便利ツール、便利なサービスが溢れています。

これらをうまく活用していけば、起業をする上でかかるもろもろのコストや、さまざまなリスクを軽減していくことができます。

種類にもよりますが、ネットを使ったビジネスならノーコストで始められるものが多いですし、

いま本職がある方は、副業として小さなビジネスを始めて、収益が安定してきたタイミングで独立起業すれば、ほぼノーリスクで起業することができるでしょう。

今の時代、様々な便利ツールを使いこなすスキルは「起業家に必須のスキル」と言えます。

というわけで今回は、

「ネットでビジネスを始める前にぜひ知っておきたい便利ツール・サービス」

を紹介してみたいと思います。

中には有料のツール・サービスもありますが、なるべく無料で利用開始できるものを選んでみました。ぜひ参考にしてみてください。

ひとり起業の成功率を高める便利ツール・サービス14選

  • 「web魚拓」の項目を追加しました(2020/11/19)

仲間を集めてビジネスを進めるならWeb時代の交流会『オンラインサロン』

いざ「ビジネスを始めよう!」という意気込んでも、初心者のうちは、何から始めたら良いかわからないですよね。

ネットで情報を集めようにも玉石混交で、知識・経験がない初心者にとっては、良し悪しの判断ができないと思います。

詐欺も怖いですし。

そんな時に参考になるのが「生の人」の声。

できれば「何かを売ろうとしてくる人」ではなく、自分に感覚が近い先輩の声を聞きたいですよね。

「生の声」を集める方法には様々なものがありますが、『オンラインサロン』もそのうちの1つです。

オンラインサロンというのは、一言で言えば、共通の目的を持った人たちが集まる場所

ただの「ファンクラブ」っぽいものもあれば、「知識やスキルを身に着けるために仲間と互いに高め合う場所」みたいなものもあります。

小規模なものだと、「社会人サークル」などが近いですかね。

規模もジャンルもサロンによってバラバラですが、「月額制」である、という点で共通しています。

相場はだいたい1,000円〜3,000円くらいでしょうか。経営者・投資家向けのサロンだと1万円を超える高額のものもありますね。

僕は基本的に一人でビジネスをしていますが、勉強や仲間探しをしたりするために、いくつかのオンラインサロンに籍を置いています。

「世の中にはいろんな人がいるなあ」「いろんなビジネスがあるんだなあ」と知れて、けっこう楽しいですよ。

また、どんなビジネスをやる場合にも、結果を出すまでにはある程度の作業量が必要になります。

一人で黙々と続けていても気が滅入ってしまいますし、「本当に稼げるのか」「みんなどうやって稼いでいるのか」と不安になることもあるでしょう。

そんな時はぜひ、『オンラインサロン』を活用してみましょう。

「月額課金制」というのも、リスクをあまりとりたくない初心者のうちはメリットになります。

「合わないな」と思ったらすぐにやめれば、それ以上お金もかかりませんからね。

オンラインサロンのイメージが沸かない方は、DMM.comが運営している『DMMオンラインサロン』というサイトを見てみると良いでしょう。

とにかく、売ってみる。予算ゼロでビジネスを始められる『スキルシェアサービス』

この項はこれから起業しようと思っている人にとってすごく大切だと思うので、しっかり文字数をとって解説していきます。

ちょっと長いかもしれませんが、あなたが起業で失敗しないためにものすごく大事なことを話すのでぜひ読んでみてください。

ビジネスは「スピード感が大事」とよく言われます。

でもそれは

「勢いで何でもやっちまえ!」という意味ではありません。

また、

「爆速でコンテンツを量産しまくろう」という意味でもありません。(こちらはあながち間違っていませんが)

「スピード感が大事」という言葉をもう少し詳しく言うと、以下のような意味になります。

「どんなに素晴らしいビジネスアイディアがあっても

人々の反応を見ないことには良し悪しが判断できないから

できるだけ早いうちに世に出してみよう」

ということです。

そもそもの話ですが、

「素晴らしいアイディア」なんてものはこの世にはありません。

むしろ、その「素晴らしいアイディア」だと思っていたものが実際はゴミである、という可能性の方が圧倒的に大きいです。

なぜか?

それは、アイディアの良し悪しは、アイディアのままの状態では判断できないからです。

アイディアというものは、世に出して、人々に評価されて、そこでやっと良し悪しが判断できます。

「あれは素晴らしいアイディアだった」「あのアイディアはゴミだった」と立ち戻れるのです。

ビジネスではこの考え方がとても大切です。

言い換えると、自分のビジネスが上手くいくかどうかわからない状態で、「素晴らしいアイディアだ!」と信じて作り込みすぎてはいけない、ということです。

要は、「当たるかわからないビジネスに時間やお金をかけすぎないことが大事」ということですね。

最初の段階でリスクをとりすぎてはいけないのです。

これはビジネスで成功するための基礎中の基礎なんですが、このすごーーーく基本的なことがわかっていない状態でビジネスを初めてしまい、大きな損失をこうる人が後を断たないんですよね。

だから「起業は危ない」なんて言われるんです。

わかってない人たちが、よりわかってない人たちに、誤った考えを広げているわけです。

実際は変なやり方をしなければ、起業が危ないなんてことは全然ないんですよ。

ビジネスはとにかく「小さく売る」「小さく始める」が基本です。

とにかくいち早く世に出して反応をみる。

反応が良さそうなら作り込んでもOK。反応が鈍いなら、それは改善の余地があるということです。

そういう意味では、ネットビジネスは初期投資ゼロで始められるものが多いので、リアルビジネスに比べるとリスクがないのですが、お金を生み出すまでにある程度の作業量が必要になるので、注意していないと「時間」をかなり無駄にしてしまいます。

あなたがネットビジネスで稼ごうと思った場合、一番回避すべきことは「膨大な時間をかけて需要のないビジネスを作ってしまうこと」です。

時間はお金よりも大事な資産ですよ。

また、「大作を作り終えてさあ販売 → 全く売れませんでした」では、メンタルも結構やられると思います。

だからこそ、

「自分の商品を全体の3割でも作り込んだら、市場に投げてみて、人々の反応を見てみる」

ということがとても大事です。

「でもそんな未完成の商品を世に出していいの?」

と思う人もいるかもしれませんが、良いのです。

とりあえず、最低限、お客さんの悩みを解決できる状態にできていればOK。

内容をピンポイントなものにすると、より制作コストを抑えられるかなと思います。

  • 「稼げるブログの書き方コンサルします」
  • 
「メルカリ転売の始め方を教えます」
  • 「占いします」
  • 「釣具の選び方教えます」
  • 
「ドラムの基本的な叩き方教えます」

あと、最初から値段を高くしすぎないことも大事。

100円でも、300円でも良いから、売ってみる。

なんなら、「無料モニター」でもOK。

それでたくさんお客さんが来るようなら、徐々に値段を上げていけばいいのです。

まず、「そもそも売れるのか?」をチェックすることが大事ってことですね。

これを専門用語でテストマーケティングと言います。

そしてこのテストマーケティングに使えるのが、(やや前置きが長くなりましたが)「知識」や「スキル」のフリーマーケットである『スキルシェアサービス』です。

具体的には、

などといったサービスがあります。

もしあなたがネットを使ってビジネスをしようと考えているなら、これらには絶対に登録しておくべきでしょう。

なぜ全部登録した方がよいかというと、いろんな場所に看板を立てておいた方が、人の目に触れる確率が高くなるからです。

たとえば、

「稼げるブログの書き方コンサルします」

という商品を作ったら、それを上記3サービスで全て出品してみると良いと思います。

そうすれば、人の目に触れる確率が単純に3倍です。

売れる確率も高くなりますし、テストできる確率も高くなります。

スキルシェアサービスの登録無料、出品も無料なので、これをやらない理由がありません。

また、すぐに自分の商品を出さないにしても、これらのサービスを覗いてみれば、

  • 「他の人がどんなスモールビジネスをしているのか」
  • 「他の人がどんなテストマーケティングをしているのか」
  • 「自分にできるビジネスはありそうか」

などといったことがわかるのでイメージも膨らみやすいでしょう。

そもそも何をすればいいかわからない時は『コンサルティング』を活用しよう

困ったことがあった時に「Google検索」や「Yahoo!知恵袋」などのQ&Aサイトを利用する人も多いと思います。

もちろんそれで解決できる問題もありますが、それって基本的に問題がピンポイントで具体的な時だけですよね。

例えば「ダイソンの掃除機の電源が入らなくなった!」とか。

逆に言うと、「抽象度の高い問題の回答」や「自分の性格や状態などを踏まえたオーダーメイドな回答」をしてほしい時には、「Google検索」や「Yahoo!知恵袋」はあまり役立たなかったりするわけです。

そもそもネットの情報って玉石混交ですからね。

無責任な人が適当なことを書いている可能性もある。

「掃除機の電源が入らない!」なら、その情報が本当かウソかすぐにわかりますが、例えば「ネットを使った起業ノウハウ」とかだったら、その情報が本物か嘘か分かるのは、だいぶ時間が経ってからになります。

間違った情報に騙されたまま動いてしまう、なんて嫌ですよね。

時間がもったいない。

そんな時に使って欲しいのが、「コンサルティング」です。

ビザスク」というサービスがあります。

これは、「ビザスク」に登録している色々な専門家からスポットで(1回買い切りで)コンサルティングを受けられるサービスです。

「○○について知りたい!」「◯◯がわからない……」と思った時に、その分野で仕事をしている専門家が1時間で答えてくれます。

もちろん、時間を伸ばすることや継続コンサルを依頼することも可能です。

『ビザスク』はテレビでも何度か紹介されたことがあるような大きなサービスなので、登録者も多いです。

この記事の執筆時点では、6,000人以上の様々な分野の専門家たちが登録しています。

大企業が新規事業を立ち上げる際に利用することもあるサービスなので、あなたの問題や悩みが解決される可能性は大きいでしょう。

ジャンルとしては、製造業、小売、飲食、生活、メディア、教育などが主ですが、その他にもたくさんあります。

もちろん、仮にも人の時間を借りて教えてもらうわけなので「タダ」というわけにはいきませんが(最低5,000円、参考謝礼金額は1万円/1h)、自分が知りたいことをプロに相談ができるというのは、右も左もわからないうちは嬉しいですよね。

「SNS時代」でも欠かせないホームページは『無料作成ツール』ならたった5分で作れる!

ネット上における人々の居場所が「サイト」から「YoTube」や「SNS」に移行しつつある昨今、自分のブログを持つということの必要性は、ひと昔前に比べると下がってきていると言えるかもしれません。

SNSでもそのように主張している人たちもいますね。

でもあなたが起業で成功したいなら、自分のホームページは絶対に持つべきです。

そもそもの話なんですが、「SNS」と「ホームページ」ってビジネスツールとして見た場合、ぜんぜん役割が違います。

●SNSの役割

  • 自分を多くの人に認知してもらう(認知)
  • 自分のブログや商品ページに誘導する(集客)
  • 日々の投稿でフォロワーを自分のファン化する(顧客教育)
  • ※タイムライン制なので投稿ごとの資産性は低い

●ホームページ(特にブログ)の役割

  • SEO対策をした記事で検索流入を狙う(認知・集客)
  • SNSよりも本格的な価値提供が行える(顧客教育)
  • 長文プロフィールを用意することで、より深い自己開示ができる(顧客教育)
  • ※書いた記事が永遠に残るので資産性が高い

ちょっと難しく感じてしまったかもしれませんが、なんとなく両者の違いがわかればここではOKです。

とにかく。

ネットを使ってビジネスをするなら、「SNS」も「ホームページ」も絶対に持つべき。

これがアンサーです。

ただ、「ホームページを持つのが大事」と言われても、初めての人にとっては、ホームページを作成はハードルが高いと思います。

そこでオススメしたいのが、「無料ホームページ制作ツール」です。

具体的には以下のようなものがあります。

これらのツールを使えば、ホームページなんて5分で作れます。

もちろん無料です。

「本当に5分で作れるの?」と思ったなら試しに「ペライチ」を覗いてみると良いでしょう。その簡単さを体感できると思います。

ちなみに「ホームページ」というのはどちらかというと本格的なビジネスを持っている人向けかもしれません。

あなたが自分をしっかり発信していく場合なら、ブログを初めてみるのも良いでしょう。

ブログを始める場合は、アメーバブログはてなブログなどの『無料ブログサービス』を利用すれば無料で始められます。

ただ、「無料ホームページ制作ツール」や「無料ブログサービス」などで作ったホームページには「運営会社のロゴ」が入ったり、会社側の広告が入ったりしてしまうので「見栄え的にちょっとカッコ悪い」という難点があります。

また、滅多に起こることではありませんが、運営側の都合でサイトが停止されるリスクもゼロではありません。

そのため、最初はこれらのサービスを使うにしても、ゆくゆくは「ワードプレス(Wordpress)」を使った「独自ドメイン」のサイトに切り替えて行きたいところです。

ワードプレスとは?
世界中で一番使われているブログサービス。カスタマイズの自由度が高いため、思い思いのサイト設計を行うことができる。
独自ドメインとは?
自分だけのドメイン(「.com」や「.jp」など)のこと。

例えば無料ブログサービスを使った場合、「ameblo.jp/自分で決めたドメイン名」みたいな感じになってしまうが、独自ドメインなら「自分で決めたドメイン名.com」という形にできるので、オリジナル性が高まる。

「ワードプレス」を使って作ったサイトは完全に自分のサイトなので、運営の都合で記事が消されてしまうようなこともないですし、自分の好きなようにデザインすることができます。

「ワードプレス」を使用するにはドメイン代、サーバー代といったものが必要になりますが、金額的には月1,000円程度で済みます。

コンサルを利用するまでもない?
ホームページの改善点を『人工知能』が無料で教えてくれる!

さて、ここからは既にホームページ(ブログ)がある人の話。

ホームページを作っても全然お客さんが集まらない。そんな悩みを抱えている人もたくさんいると思います。

これからビジネスを始める人も、おそらく同じ悩みにぶつかるでしょう。

そこで役立つのが、『AIアナリストというサービスです。

今の時代、「ホームページの改善点」は高額なコンサルを受けなくても、ある程度のレベルまでなら無料で求められてしまいます。

「AIアナリスト」を簡単に説明すると、「人工知能」に自分のホームページのどこが悪いのかを客観的に判断してもらえるサービスです。

具体的にどんなことがわかるのかと言うと、

  • 「お客さんはどんな言葉が好きで、どんな言葉が嫌いか」
  • 「お客さんはどんなボタンの色が好きか。何色にするとよりクリックされやすくなるのか」

などといったことがわかります。

「なぜそんなことがわかるのか」というロジックの説明をし始めると長くなってしまうので、詳しいことが知りたい方はぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

診断自体は無料です。

「決済」や「月謝の集金」もラクに行える!
『決済代行サービス』を利用してストレスフリーに!

ビジネスを始めてみるとわかると思いますが、お客さんとのお金のやりとりって、けっこう難しくて面倒です。

特に「月謝」や「月会費」など定期的な支払いの集金を自分の手でやっていくのって、相当な手間がかかりますし、お客さんとの間に摩擦が発生しやすいですよね。

あなた
まだ支払われてませんけどー?

みたいな催促をするのって嫌じゃないですか。

なのでこの辺もサービスを利用して解決してしまいましょう。

PayPalなどの決済代行サービスを利用すれば、「月謝」や「月会費」などの定期支払いも自動化することができます。

『PayPal』には「個人アカウント」と「ビジネスアカウント」の2種類があります。お客さんからお金をもらったり、「月謝」などを集金を行うためには「ビジネスアカウント」の開設が必要になります。
PayPalの定期支払いの設定についてはこちらの記事で解説しているので興味のある方はぜひ。

期間限定公開のページを保存しておける!『web魚拓』によるチートコピー

みなさん『web魚拓』って知ってますか?

一言で言えば、自分がいつでも見れる状態にしたいwebページを保存してくれるサイトのことです。

例えばあるwebページの情報を画像として保存しようと思った場合って、何度もスクリーンショットを撮る必要がありますよね。

でも『web魚拓』を利用すれば、コピーしたいページのドメインをコピペするだけで、それこそ「魚拓」のように、一瞬で写しをとってくれます。

プロモーションに使われるLPやセールスレターなどは、短い間しか公開されない場合もあります。

そこで『web魚拓』です。魚拓をとればいつでも閲覧できる状態にすることができます。

たとえば、「有料note」を販売する前に「3日だけ無料公開!」みたいな形をとる人が多いですが、その無料期間中に『web魚拓』を取れば自分だけはいつでも無料で見ることができます(悪)

ただ画像として残すだけなので、本家が更新されても情報は元のままです。

ちなみに、「人の著作物を勝手に保存するのって法律的にどうなの?」と思う人もいるかもしれませんが、二次的な商用利用などをしなければ特に問題ありません。自分で保存しておく分にはどう活用してもOKです。

まとめ

さて、ツールやサービスの利用は以上になります。参考になりましたでしょうか。

記事を読みながらも、「これ、使った方が良さそうだ」だとか「簡単に取り入れられそうだな」と感じたものがあるかと思います。

もしかすると、「これ使えないと完全に時代に取り残されるな……」と感じたものもあるかもしれませんね。

これらのツールやサービスを上手く駆使すれば、「早く」「少ないコストで」また「少ない労力」でビジネスを始めることができます。早く結果を出したい場合にはこれらのツールの活用が必要不可欠です。

今回紹介したようなツールは常に進化し続けています。

僕も良いものを見つけた場合はどんどんこの記事へ追記していこうと思っていますが、今この瞬間にも、また新しい便利なツールがこの世に生を受けているかもしれません。

ビジネスは情報が命。正しい知識を持っている人間が勝利を掴みます。

というわけなので、ぜひご自身でも「ビジネスを最適化してくれるツール」の情報にはアンテナを張っておいてくださいね。

当記事で紹介したもの

●オンラインサロン

●スキルシェアサービス

●無料ホームページ作成ツール

●無料ブログサービス

●ホームページ改善

●決済代行サービス

●任意のページを画像で保存

参考資料

今回の記事を書くにあたり、以下の記事を参考にさせていただきました。

セミナーのプロモーションでは日本トップクラスのプロモーター、小山竜夫(こやまたつお)さんの本です。

この記事を書こうと思ったキッカケは、この本の中でまさに同じようにツールやサービスが紹介されているのを見て、「あ、これは初心者の人に役立つだろうなあ」と思ったからでした。

もちろん丸パクリはマナー違反なので、本書ではサラッと紹介されていることを深掘りしてみたり、逆に初心者にはいらないだろうと思ったものを間引いたりしてみました。

小山さん、なんかのパーティで一度お話ししたことがありますが、小柄なのに、めちゃくちゃパワフルな方です。

情報商材型や高額セミナーなどの販売が得意な方なので、ジャンル的にちょっと苦手な人もいるかもしれませんが、webマーケティングやセールスの知識や「ワザ」はやはりその筋のベテランというだけあって、本物です。

この「神速スモール起業」には、その知識とスキルがギュッと詰め込まれています。初心者が読むことを意識しているので専門用語が少なく、無駄なことが一切書かれていないのが良いですね。とてもわかりやすい。

興味がある方はぜひ本書を手に取って読んでみると良いと思います。

僕は特に小山さんのファンってわけでもないのですが、この本は「推し」です。

スモールビジネスをこれからやるって方には一種のバイブルになるんじゃないかなあと思います。

ではでは。