集客なんて後回し。最初はそんなこと頑張らなくていい

どうも、ユウトです。

ビジネスで利益を上げられていない人ほど陥りがちなのは

「フォロワーをもっと増やさなきゃ!」

とか、

「PVをもっと増やすために頑張らないと!」

などと、集客ばかりに目が行っている人です。

 

しかし、集客ってそこまで大事ではありません。

いや、大事ではあるんだけど、何て言ったらいいですかね。

優先度的にはめちゃくちゃ低いんです。

 

僕もビジネス初心者の頃は
いろんなビジネスのセミナーに参加したりして、
自分なりにいろいろ情報収集をしていました。

で、その中で、
他の初心者たちと話す機会があったのですが、
みんな共通して悩んでいたのが集客でした。

「あー、もっと集客がんばらないとダメだー!」

「どうやったら集客上手くいくかな……」

などといった声が多かったのを覚えています。

で、あれから5年、6年が経って、
当時、集客をがんばっていた彼らのうち
何人が生き残っているかというと、

実にその9割以上が、
売上を安定させられずに
ビジネスの世界から消えていきました。

起業当初に仲良くやっていた人たちとは、
一応、SNSで繋がっていたりするのですが、

だいたい、数年前から更新が途切れているか、

普通にビジネスをやめて会社員として働いているか、

ビジネスをやっているんだかいないんだかよくわからない発信をしています。

(おそらく稼げていないのではないかな、と)

逆に僕が起業した当初からきちんと生き残っているのは、集客よりも大切なことにきちんと気づけた人たちですね。

そしてみんな漏れなく仕組みを持ってます。

もともと居酒屋のバイク配達員だった女の子が
物販スクールを仕組み化して月収700万円を超えていたり、

当時はコードの1つも書けなかった男性が、
今ではプログラマになりたい人向けの教材販売を仕組み化して月に100万円以上自動で稼いでいたり、

もともとホステスをやっていた女の子が
恋愛系のコンサルティングとコミュニティ運営で月に300万円稼いでいたり、

みたいな感じ。

やっぱり高額な商品をガンガン自動で売れちゃう人は、売上も伸びますし、ビジネスの安定性も凄まじいですね。

集客・教育・販売

ビジネスで売上を増やしていく方法って
集客をがんばる以外にもいくらでもあります。

まあ、確かにお客さんを増やすことが
一番、売上に直結しやすそうな気もしますが

実際はmそのように考える人がとても多いので、
大人数でイス取りゲームをするような状態になってしまっています。

みんな限られたお客さんを必死に取り合って
過激なマーケティングをしてみたり、
お金をガンガン投じたりしている状態。

まるで戦場みたいなもんです。

 

 

個人的には、
ここに飛び込んでいって生き残るのって
普通に考えて無理ゲーだと思ってるんですが、

でも「売上を増やす=集客」という思考の人は、
みんなこの争いの中に自ら飛び込んでいきます。

そして9割以上の人たちは、
特に策を持たないので、そのうち体力切れして
市場からリタイアしていきます。

僕はこういった人たちを見るたびに、
すごく申し訳ないんですが

「脳筋だなぁ……」

と思ってました。

脳筋とは?

「脳みそ筋肉」の略。あまり考えずにガンガン動いてしまう人を指し、「脳みその中まで筋肉でできているのでは?」と皮肉った言葉。

僕は昔から、人と争うことや、
毎日のように同じ作業を繰り返すのが苦手なので

「なんとか効率よく稼げないものかなぁ……」

ということをずっと考えていました。

そしてその結果、
今の仕組み作りに辿り着いたわけです。

仕組みという言葉を
もう少し具体的にしていくと、

ビジネスの3要素と呼ばれる「集客・教育・販売」
インターネットの力を借りて自動化することです。

 

ちなみにそれぞれの要素の意味はこんな感じ。

  • 集客:お客さんを集めること
  • 教育:お客さんに商品の魅力を感じてもらい、欲しくなってもらうこと
  • 販売:商品を欲しがっているお客さんにオファーすること

実は世の中のビジネスって、
すべてこの3ステップから成り立ってます。

 

たとえばマクドナルドなら、

  • 集客:Webサイト、看板、チラシ、CMなどなど
  • 教育:店員の案内や、「期間限定」のチラシなど
  • 販売:レジにて店員が対応

 

英会話スクールなら、

  • 集客:Webサイト、看板、チラシ、CMなど
  • 教育:メルマガ、スタッフ対応など
  • 販売:スタッフが対応

 

インターネットビジネスでもそう。

  • 集客:YouTube、SNS、ブログ、広告など
  • 教育:メルマガ、通話など
  • 販売:販売ページ、通話など

 

そう。全て同じなんです。

そして、仕組みを作るのと言うのは
この3ステップを自動化するために、

集客用のYouTube、教育用のメルマガ、
商品を売るための販売ページなどの、
コンテンツを作っていくことを言います。

 

ちなみに、集客・教育、販売のうち、最も重要なのは「教育」です。

なぜなら、集めたお客さんに対し、
教育をしっかり行っていくことで、

  • 商品がすごく売りやすくなったり、
  • 高額な商品でも自動で売れるようになったり
  • 商品を一度買った後も次の商品を買ってもらえたり

などと、売上に直結し、数字が大きく伸びていくからです。

 

逆に教育が甘いと、
どれだけお客さんを集めてもぜんぜん商品が売れないし、

仮に売れたとしても安いものしか売れないため、
売上を安定させるには大量のお客さんを集め続けなければいけなくなります。

ですが、先ほども述べた通り、集客の競争はとても激しいんです。

集客ばかり頑張っている人たちが稼げないのは、このため。

安い物しか売れないから、たくさん集客しなければいけない。

でも膨大な数のお客さんを集め続けるのは難しいから、いずれ苦しくなって挫折する。

まさに負のループ

そりゃ無理ゲーだよね、って感じなのですが
残念ながら、多くの人がこれに陥っています。

しかし、どこかのタイミングで仕組みの概念を知った人たちは、集客だけを追求することの不毛さを知り、この負のループから抜け出していきます。

そして、それを極めた人たちから順にお金持ちになっていくのです。

本当に、知るか知らないかの世界です。

 

……そういう意味では、かくいう僕自身も、
一度は集客に躍起になっていた時期もありました。

一時は、月30万以上のアクセスが集まるブログを作り、
月90万円とか稼いだりしましたが、仕組みを知ってからはアクセス重視の思考はやめました。

効率が悪すぎるからです。

実際、今の僕のブログは1日100〜200PVでアクセス的には弱小ブログです。

昔の僕が見たら「ざっこw」と笑うでしょう。

しかし、アクセスなんて表面的な数字です。

昔やってたブログと違い、今は中身をしっかりと仕組み化できているので、少ない集客数でも大きな利益を上げることができています。

具体的には、月に100〜200万円は自動で稼ぎます。

そこにコンサルなどの手動のビジネスも絡めればさらに200万円前後の売上が上乗せされます。

ぶっちゃけ、その辺の人気ブロガーより余裕で稼いでます。

というのも、名の知れたブロガーって集客が得意だから広く流れているわけであって、教育が得意かどうかは別問題なんですよね。

実際、蓋を開けると、ネームバリューに対してあまり儲かってないことがほとんどです。

初心者は仕組みを学び、教育を極めるべし。少ない集客で大きな利益を立てられるようになるべし。

僕は一応、年間5,000万円くらいは自動で稼ぎたいと思っているので、必然的に集客も学んでいますが、

実際、月収30万円とか100万円を自動化するレベルなら、集客はそんなにがんばらなくても達成できてしまうでしょう。

とにかく、キモとなるのは仕組み作り。
特に高単価の商品がしっかり売れる仕組みを作ることです。

世の中には「富豪」と呼ばれる人たちがたくさんいますが、
割合的には、ビジネスで財を成した人が多いので、
みな、当然のように仕組みを持っています。

仕組みの作り方を知っている人が経営者になり、
その概念を知らない人が、誰かの仕組みの中で労働者としてせっせと働く。

これが世の中の構図です。

あなたも資本主義社会の風刺画を見たことがあるかと思います。

僕はこの絵を見た時まだ中学生だったのですが
「グロすぎるだろ……」と思って、
ぜったい労働者になりたくないと決意しました。

 

仕組みの作り方。

これをきちんと知っているかどうかで、
ビジネスの難易度が天と地ほどに変わってきます。

仕組みのことを知らずにビジネスをしていくのは、
真っ暗な森の中をライト無しでさまよい歩くようなものです。

きちんと目的地にたどり着ける可能性は限りなく低い。

稼げない人たちの多くが、

  • 「毎日インスタに投稿して、Twitterに投稿して、ブログ書いて、いつまでこの作業をし続けなければいけないんだろう……」
  • 「本当にこのままやってて、楽になれる日が来るのかな……」

などと苦しい作業地獄に見舞われているのは、
皆、ビジネスのことを表面的にしかわかっていないからです。

まったく全体像が見えていないから、
「仕組みがない状態で集客をがんばる」という、
めちゃくちゃ効率の悪いことをしてしまっているのです。

日本人の風潮として、

「結果よりも過程が大事」
「汗水垂らしてがんばっている姿こそ、美徳」

みたいな価値観がありがちですが、
ビジネスでは稼げなければ意味がないんです。

結果を出せなければ、
過程がどれだけ美しくても意味がない。

たとえば、東京から大阪に行く際に、
自分の足で走って行ったらそりゃすごいと思いますよ。

でも、大阪に行くのが目的なら、
新幹線に乗っちゃった方が早いですよね。

てか、新幹線に乗ってる人からしたら
東京大阪間をわざわざ走ってる人は
「何やってんの、あの人w」
みたいな感じで、滑稽に映ると思います。

……極端な例え話に聞こえるかもですが、
ビジネスの世界ではこんな感じで
滑稽なランナーになっちゃってる人が多いんですよね。

ホント、めちゃくちゃ多い。

いかに冷静に、結果に繋がることだけを積み上げらられるか。

本当にこれなんですよ、
稼げる人とそうでない人の違いって。

 

仕組みって、作り方さえわかれば誰でも作れます。

以前、僕がビジネス経験ゼロの女子大生に
仕組みの作り方を1から教えていったら、
半年足らずで月50万円稼げるようになったりしました。

彼女がそれだけの期間で結果を出せたのは、
もちろん彼女自身の努力もありますが
彼女が人一倍優れていたからとか、そういうわけではありません。

彼女に学んだ仕組みの理論が、
完璧に体系化されていたからです。

では、教えた僕がすごかったのか?

それも違います。

では、僕に教えた人がすごかったのか?

それも答えはNOです。

僕に最初に仕組みを教えてくれたNさんは、
もともと工場で働いていて、それが嫌になって起業した人でした。

つまり、もともと秀才だったわけではない。

彼もまた、仕組みの理論を師匠から学び、
自分なりに極めて、僕に伝えただけなんですよね。

つまり、すごいのは伝承してきた人たちではなく、伝承されてきた理論そのものなのです。

日本の国技・柔道に基本の「型」があるように。

全ての画家がデッサンで絵の「基本」を学ぶように。

ビジネスにも、最短で上達し、確実に結果を出していくためには欠かせない「体系化された型」があるんです。

そしてその「型」では絶対に「まずは集客を頑張ろう!」って教えた方はしません。

つまり集客を最初からガンガン頑張っている人たちは、ビジネスの基礎理解がちょっと足りていない、ということになります。

あなたも大きく遠回りをして時間とお金を無駄にしたくないなら、ぜひ、最初は「型」を学び、それを極めるところから始めてみてくださいね。

P. S. 初めての仕組み作りの講座をご案内してます

昨日からお伝えしている通り、
初めての仕組み作りを学ぶ講座をご案内しています。

完全に知識ゼロの状態から、月に100万円以上を自動で稼ぐまでの仕組みの作り方を学ぶことができる講座です。

講座に参加するにしないにしても、仕組みについての理解が深まる特別な配信をしていますので、

仕組みのことにちょっとでも興味がある場合は、公式LINEの方で僕からの質問に「興味がある」とお答えくださいね。

それでは、今日はこの辺で。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。