令和時代のブログ記事の書き方3パターン

ブログ

こんにちは、ユウトです。

もともと月収300万円のアフィリエイターでしたが、今はアフィリエイトを頑張るのも労働対効果が悪いと感じて別のビジネスに移行しています。今のメインはコンテンツビジネスです。

令和時代のネットビジネスの王道は、やはり「情報発信×コンテンツ販売」です。

僕の周りにいる月収7〜8桁(だった)アフィリエイターたちもほぼこのビジネスモデルに移行してますし、今ネットを活用して大きく稼いでいる人たちはみんなこれをやっています。

理由は単純で、これが一番稼げるし、将来性があるからです。

(コンテンツビジネスについて詳しく知りたい、という方は「コンテンツビジネスの種類にはどのようなものがあるか」で解説しているので参考にしてみてください)

さて、コンテンツビジネスをしていく上で、情報発信はとても重要になります。情報発信の手段は色々ありますが、その1つにブログを使うという人も多いでしょう。

そこで今回は「コンテンツビジネス × 情報発信」を前提とした、「令和時代」のブログ記事の書き方3パターンを紹介していきたいと思います。

前提

「情報発信 」と、「 コンテンツ販売」。

そもそもこれらの言葉の意味が全くわかっていないと話が進まないので、事前に説明しておきますね。

「んなこと知ってるよ」という方はスルーしてください。

情報発信

情報発信とは、ブログ、SNS、YouTubeなどを使って、見込み客に価値提供をしていくことです。

ビジネス系のブロガーやYouTuberをイメージすると「価値提供」の意味がわかりやすいですよね。

例えば、ブログのPVを増やすコツを教える、だとか、作業時間を捻出するために家事の時短テクニックを教える、だとか。

要は、それを見た人が「見てよかった」「役に立った」「勉強になった」と感じられる情報を提供することです。

SNSは価値提供ができていないと伸びません。

一見くだらないことしかしていないように見えるエンタメ系YouTuberが伸びるのは、その「くだらないこと」を面白いと思う人がいるからです。

(お茶の間にエンターテイメントを提供する、というのも1つの価値提供です)

情報発信は価値提供がキモです。あなたの発信は誰かに価値を提供できているでしょうか。

コンテンツ販売

コンテンツというのは、言い変えると自分の商品のことです。

商品と言っても、お店で売っている物のように有形である必要はありません。

例えば、補助金コンサルや恋愛コンサルなどの各種コンサル、パーソナルトレーニング、オンラインサロン運営、セミナー開催、動画教材、これらは無形ですがどれも商品です。

もっと広い意味では、webの制作代行、動画編集の代行、家事代行などの代行業も商品に含まれます。

事例

ちょっとイメージできないよって人もいるかもしれないので、「情報発信 × コンテンツ販売」の事例を。

Twitterだとマナブさんって有名ですよね。

マナブさんってブログアフィリエイトがめちゃくちゃ得意な人ですが、「現在はアフィリエイト事業は縮小している」と自分のメディアで公言しています。

個人アフィリエイト、マジで落ち目ですからね。

まあそれはさておき、このマナブさんも頭の良い方なので、当然コンテンツビジネスはやってます。

ブログをサラッと見た感じだと、最近では「webコンサル」やアフィリエイトの「オンライン講座」を販売しているようですね。

マナブさんがどれだけ稼いでいるかは分かりませんが、2020年11月の時点でtwitterのフォロワー30万人、youtubeのチャンネル登録者49万人とかなので収入もすごいでしょうね。

記事や動画などの質も良いですし、導線の引き方とかも上手いので、年収ベースで軽く億とか行ってるんじゃないかと思います。

本題:令和時代のブログ記事の書き方3パターン

では、前置きがだいぶ長くなりましたが、本題、令和時代のブログ記事の書き方3パターンについて解説していきます。

解説するのは以下の3つです。

1. 検索流入を狙う記事
2. 自分の「節」が効いた記事
3. 参照用の記事

基本的にはこれら3パターンの記事だけを書いていけばブログ運営は上手くいくと思っています。

1. 検索流入を狙う記事

アフィリエイトだけで食っていけた時代は終わろうとしています。

昔はSEO対策だけ意識して記事を書いてればアクセスが増え、収入が増えていきましたが、今の時代、そうは行きません。

なぜか、という点について少しだけ触れておくと、

①競合が多すぎるから
今アフィリエイトやってる人多すぎです。
一昔前は専門的な知識だったSEO対策に関する知識も、もはやだいぶ一般化し、個人事業主の基礎知識となっています。競合多すぎ。これだけ競合がいれば1位とってもすぐに取り返されます。

②競合がデカすぎるから
今は企業がたくさんのライター抱えて検索上位を奪い合っているような時代です。
個人が戦える領域は年々どんどん小さくなっています。

③そもそも大衆がGoogle検索で情報収集をしなくなってきている
Google検索の利用度って相対的に下がってきてますよね。今の時代の人たちって、何かを知りたいって思った時、Google検索するよりyoutubeやtwitter見るじゃないですか。もっと単純な話、これからは動画の時代なので、テキストコンテンツの需要は下がってきています。

といった感じです。

SEOの難易度は年々上がっています。

とはいえ、ブログをやるのであれば、SEOを意識する記事もある程度は書いていった方が良いでしょう。

「どっちだよ」と思った人といると思いますが、僕が言いたいのは一貫して、集客をSEOだけに頼るのはやめましょう、アフィリエイトをメインのビジネスに据えるのはやめましょう、ということだけです。

集客の一手段、として検索流入はまだまだ期待値があります。普通に上位を取れるキーワードもあるし、個人が得意な領域は企業が意外と苦手な領域だったりするからです。

例えば企業はブランドイメージが大事ですから、「あの◯◯って商品はクソだ!」とか言えませんよね。その辺のコンプラにはかなり気を遣っていると思います。

もちろん個人でも名指しで批判はやめた方が良いですが、要は企業が完全に潔白で行かなければいかないところを、やや邪道寄りに行けるのは個人の強みです。

検索流入を狙う場合は個人にしか言えないこと、もっと言えば、あなたにしか言えないこと、を意識して記事を書いていきましょう。

なお検索流入を狙う記事の内容は、自分のコンテンツと親和性が高いものだけを書くようにしましょう。

PVが増えるからといってありとあらゆるテーマで記事を書きまくるのは、サイトの一貫性が下がるので、逆効果です。

余談

これを聞くと驚くかもしれませんが、コンテンツビジネスで月収100万円以上稼いでいる人でも、ブログのPVが全然取れてないって人は結構多いです。

例えば、僕が今でも個人コンサルを受けているあるマーケッターさんがいるのですが、彼のメインブログは1日100PV程度だそうです。

元アフィリエイターで、月刊30万PVとかのサイトを運営していた身からすると「1日100PVって……」ってなっちゃうんですが、彼はコンテンツビジネスだけで月に200万以上は少なくとも稼いでいます。

もちろんそれは、彼がtwitterやyoutubeなどの他の集客チャネルを持っているからでもあるんですが、いずれにせよ、「仕組み化」がしっかりできていれば稼ぐのにPVはさほど必要ないんですね。

「自分の商品が必要ない人たちのPVを集めても意味がない」

「検索から流入してきた人は自分の用が達成されたらすぐ離脱してしまう一見さん。一見さんばかりを相手にしていると薄利多売なビジネスになる」

「一見さんが間違えて自分の商品を買ってしまうとトラブルのタネになる。本当に欲しい人だけしか買えないように商品リンクは目立たないところに置いた方がむしろいい」

彼はよくこんなことを言います。

これらの話を初めて聞いた時の僕はPV至上主義だったので、新しい価値観に目からウロコがダダ漏れでした。

2. 自分の「節」を効かせた記事

「令和時代の記事の書き方3パターン」の2つ目は、「自分の「節」を効かせた記事」です。

「節」の読み方は「せつ」ではなくて、「ぶし」です。「津軽じょんがら節」とかの節です。

「自分の「節」」とは何かというと、ひとことで言えば「自分自身の言葉」です。

それを踏まえ「自分の「節」を効かせた記事」とは、あるテーマについての「自分の主張」を、SEO対策をあまり意識せず「自分の言葉」で書いた記事です。

要は、「あなたのキャラクター性が感じられる記事」ということですね。

今は「個人の時代」です。多くの人々は、Google検索でたどり着いた記事をなんとなく読むよりは、自分が「信頼」できる人が書いた記事を読みたいと思っています。前者にどれだけ権威性があろうと、自分が「好き」な人の記事の方が物事を選択する時の助けになります。

ではその「信頼」とか「好き」はどこで獲得するのか。その答えとなるのが、自分の「節」を聞かせた記事です。

あなたもTwitterを見てる時とかよく思いませんか? 「みんな同じことばっか言っててつまらない」と。

ではどんな人を逆に面白いと思いますか? 多分その答えは「めっちゃ節が効いている人」だと思います。

実際、物事の真理ってどの分野に置いても1つずつしかないので、みんな同じことばっか言っちゃうのはある程度仕方ないです。

twitterでなくても、例えばラブソングってたくさんありますが、冷静に歌詞を読んでみるとみんな同じこと言ってますからね。

じゃあどういう部分で差別化されているのかというと、それは表現方法であったり、アーティストの声だったりするわけです。要は真理の周りをコーティングしている部分ですね。それがこの記事で言うところの「節」になるわけです。

ちなみに僕はアーティストだと米津玄師さんが好きなんですが、彼の曲ってめっちゃ「米津節」が効いてるんですよね。

いろんなジャンルの音楽に挑戦しているので曲調とか世界観はバリエーション豊なんですが、どれも根底に米津節が効いてるんです。

ファンを獲得したいなら「節」を効かせていくこと。これ、めちゃくちゃ重要です。

ちなみにこの記事も、ついつい癖でSEO対策を意識した構成っぽくなってしまっているのですが、特に何のキーワードも狙っていないですし、初めから「自分の『節』を聞かせた記事」を書こうと思って書いています。

どうですか? 「節」感じます? (感じなかったとしたらまだ僕の力不足です)

「自分の「節」を効かせた記事」というのは抽象度が高いので難しく感じるかもしれませんが、コツは3つです。

①まず前提として読んだ人に価値提供できる内容であること

・情報発信は価値提供が命
・ただの日記を書いて喜ばれるのは芸能人だけ

②書き方に拘らず自由に書くこと
・型にこだわりすぎると「節」は効かないくなる
・書き終わった後の推敲はきちんとする

③内容を盛らず、嘘をつかず、ありのままを書くこと

・キャラ作りをしても長続きしないし、嘘は必ずバレる

まあどれも当たり前のことですね。

「自分の節を効かせた記事」は基本SEO対策をしないものになるので、単体での流入は見込めません。そのため流入はSNSに頼ることになります。

SNSマーケはそれこそ、「価値提供」と「節」が大切だと僕は思います。

「自分の「節」を効かせた記事」は「情報発信×コンテンツ販売×仕組み化」のビジネスモデルにおいては、「検索流入を狙う記事」より優先度の高い記事であると言えます。

3. 参照記事

最後に参照用の記事です。これは何かと言うと、自分がお客さんに何かを説明する時に参考資料として使える記事のことです。

例えば僕は前にこんな記事を書きました。

【Twitter】特定のアカウントのツイート中から単語検索する方法【テクニック】

なぜこんな記事を書こうと思ったのかというと、友人やコンサルのお客さんと話している時に何度かこのことが話題に上がったからです。

つまり「短期間で何度も話題に上がるってことは多分この先も話題に上がるだろうから、説明の手間を省くために記事にしておこう」と思って記事にしたわけですね。

ちなみにこの記事はSEO対策も少し意識しました。

コンテンツビジネスを行っていると、お客さんからの質問が溜まっていきます。それを逐一自分の口を使って説明するのは時間がもったいないです。

何度も聞かれることは、あらかじめ記事や動画を用意しておきましょう。そうすることで、説明の手間を省くことができます。

もちろん他の人の記事を引っ張ってきて説明しても良いのですが、自分の記事で答えた方がお客さんからの印象は良いですよね。

ちなみに、参照記事を書く優先度は、「検索流入を狙う記事」「自分の「節」が効いた記事」に比べると低いです。自分からあえて書く、というものでもありません。

基本的には「同じ説明をすることが増えてきたな」と感じたら用意すれば良いでしょう。

3. パターンの記事の割合を意識する

今回は、「コンテンツビジネス × 情報発信」を行う人向けにブログ記事の書き方3パターンを書いてきました。参考になる部分はあったでしょうか。

3パターンについておさらいしておくと、こんな感じです。

1. 検索流入を狙う記事
2. 自分の「節」が効いた記事
3. 参照用の記事

最後に、この3パターンの記事をどれくらいの割合で書いたら良いか、という話をしておきます。

結論を言うと、「2. 自分の「節」が効いた記事」が最低5割確保できていれば、他の割合は自由で良いと思います。

僕の場合は、こんな感じです。

「1. 検索流入を狙う記事」が3割
「2. 自分の「節」が効いた記事」が7割

です。

参照用どこ行ったって感じですが、上でも書いた通り、これは必要を感じたらかけば良いので除外してます。

そもそも参照用の記事を書くときも「節」は効かせますし、内容によってはSEO対策もバッチリ行うので、参照用として独立せず、上の2つのどちらかに含まれてしまう場合が多いですね。

僕もまだ情報発信については勉強中なところがあるので、僕の割合がそのままアンサーになるわけではありません。

アフィリエイトの利益も狙っていきたい、という方はもうちょっと「2. 自分の「節」が効いた記事」の割合を上げても良いでしょう。ただしアフィリエイトを狙い過ぎると自分のコンテンツの売り上げは落ちるので、程々に。

では、今回はこんな感じで締めます。最後まで読んでいただきありがとうございました。