" alt="">

コピーライティングが捗らない。そんな時にオススメしたい「スワイプファイル」活用法

こんにちは、ユウトです。

先日、僕のクライアントさんからこんな悩み相談をされました。

  • 「コピーライティングを意識すると、文章を書くのにものすごい時間がかかる」
  • 「1週間にせいぜい2記事程度しか書けない」
  • 「自分の文章が果たしてちゃんと効力を持っているのかがわからない」

どれもあるあるですね。

気持ちはすごくわかります。僕も昔はよくこの問題に苦しまされました。

特にコピーライティングは、読者を行動させられなければ意味がないので、他の文章と比べると考えなければいけない点も多く、それが原因で行き詰まってしまうケースも多々あると思います。

僕はもともと小説家を目指していたこともあり、かれこれ16年近く文章を書いてきました。

起業してからもずっと文章を書いているので、ライティングへのこだわりや経験値は人並み以上と自負しています。

そんな僕に言わせてもらえば、文章が書けない理由は「慣れの問題」「マインドの問題」「材料不足」のどれかです。

言うまでもなくこれら3つは満遍なく重要な要素ですが、すぐに文章力を上げたいなら「材料」を充足させていくのが一番でしょう。

そこで今回は、コピーライティングの質と速度を格段に高めてくれる「スワイプファイル」についてお話ししたいと思います。

ユウト
質の高いスワイプファイルを作ることができれば、コピーライティングの難易度は格段に下がります

ぜひご一読ください!

スワイプファイルとは

スワイプファイルとは、簡単にいうと「既に結果を出していることが実証された成功パターン集」のことです。

別の言い方をするなら「市場にヒットしたコピーを集めたもの」とも言えるでしょうか。

スワイプファイルは自作することができます。コピーライティングの成功事例を集めて行けばいいのです。

集め方は何でもよく、べつに紙媒体にメモしていってもいいですが、今の時代はデジタルでの収集が一般的ですね。

僕の場合は、「Googleスプレッドシート」や「Googleドキュメント」を使って資料を収集・管理しています。

スワイプファイルの質がコピーライティング力を大きく左右する?

実を言うと、売れているコピーライターでも、最初から最後まで自分の力だけで文章を書くということはほとんどありません。

いくら経験があっても、自分の感覚で書いた文章では、それが本当に効果を発揮するかは分かりませんからね。

そういう意味では、過去に良い結果を出したコピーを真似して文章を書いていけば、ある程度の効力が保証されるわけです。

売れているコピーライターこそ、そのことをきちんとわきまえています。だからこそ、スワイプファイルを参照することを大切にしているんですね。

世の中にはこんなに成功事例が溢れているのに! 全て1から自力でやろうとするなんて愚の骨頂とは思いませんか?

ビジネスの基本は成功事例を真似することです。ライティングの分野でもその基本が崩れることはないのです。

スワイプファイルの集め方①:自分の心が動かされたものを収集する

世の中には自分のスワイプファイルを販売している人もいます。

一番手っ取り早く質の良いスワイプファイルを手に入れる方法は、評価されているものを購入してしまうことでしょう。

ですが、初心者の方からすると良し悪しがわからないと思います。

また、作成者によって観点も管理の仕方もさまざまなので、仮に購入したとしても自分でも作ることになると思います。

なので、もし誰かからスワイプファイルを買うにしても、日頃から自分で資料を収集して管理するクセはつけておきましょう。

スワイプファイルを作成する上で重視したいのは、やはりきちんとヒットしたコピー(成果を出したことが数値的に裏付けされているコピー)を収集することです。

ただ、初心者のうちは「どれが上手く行ったコピーなのか?」という判断材料も少なく、ぶっちゃけよくわからないと思います。

なので最初は目についたものや印象に残ったものを収集していくと良いでしょう。

具体的には、

  • 実際に購入した販売ページ
  • 購入はしなかったけど、文章に惹かれ申し込みを深く検討したページ
  • 思わず手に取ってしまった書籍タイトル
  • PPC広告などに出稿されている広告文
  • 上手いと思ったメルマガのメール
  • 思わずメルマガ登録してしまったメルマガ登録特典(の紹介の仕方)

などですね。

あなたが文章を読んで何かしらのアクションを起こしたということは、コピーによって心が動かされたということ。

つまりそのコピーは、少なくとも1人以上の人間を行動させたコピーだということです。

そしてそのコピーがあなたを行動させたということは、同じように心を動かされ、行動する人も他にいるはず。

……やや希望的観測っぽく聞こえるかもしれませんが、まあ、普通に考えれば、そのコピーによって心を動かされたのはあなた1人だった、というケースの方が稀でしょう。きっと何人かは同じように行動する人がいるはずです。

つまりあなたが実際に行動させられたコピーは、最低限の効果が保証されているコピーであると言えるわけです。

無闇やたらに収集するのに比べたら、立派な根拠と言えますよね。

実際、僕も今でも、この方法でコピーを収集することがあります。

一部事例を紹介させていただくと、

  • 所属しているオンラインサロンのオーナーの”すごく感銘を受けた”コラム
  • 営業マンと話している時に思わず”買いたいと思わされた”フレーズ
  • 自分が対面でセールスを行なった時に”明らかに相手に刺さった”フレーズ
  • Twitterなどの”興味を惹かれた”プロフィール文や、”心にグサっと刺さった”投稿
  • 該当広告、チラシ、新聞などの”目を引かれた”フレーズ
  • もらった名刺に書いてあった”「あ、なんか良いかも」”と思ったオリジナルの肩書き

などですね。「””」で囲った部分は、僕の心が動いた部分です。

そういう意味では、スワイプファイルの収集にはリアルタイム性も重要ですね。

時間が経ってしまうと感動が薄れてしまうし、実際に心が動かされた部分ではない部分を収集してしまう可能性が出てきます。

常にリアルタイムで良いコピーを収集できるよう、メモをする癖はつけておきたいですね。

スワイプファイルの集め方②:ジャンルや長さを問わず、集める。

僕が情報発信しているジャンルは「稼ぐ系」です。

そのため、スワイプファイルも「稼ぐ系」が多いですが、一応、「恋愛」「語学」「健康食品」など他ジャンルのものも収集することも多いです。

他のジャンルでも、ちょっと俯瞰して見てみると自分の分野に応用できるものも多いですし、後々役に立つことも多いですからね。

実際、僕はライティングを行う時、ジャンルを問わずにスワイプファイルを参照しながら執筆することがあります。

「あ、ここは今回の商品にもそのまま引用できそうだな」みたいな感じで引っ張り出すってことですね。

そういう意味では、スワイプファイルは部分的に収集するのもアリです。

具体的には、

  • タイトル
  • ヘッドコピー
  • ブレット(箇条書き)
  • 価格の魅せ方
  • 自己紹介のストーリー

などといった形で、パーツごとに集めておくのもアリだということですね。

短いパーツとして集めておくと、後々パズルのように自分の文章に組み込むことができるのでとても便利です。

スワイプファイルの管理方法

スワイプファイルは収集よりも管理が命です。

というのも、スワイプファイルを活用する上で大事なのって、収集することよりもきちんと使うことなんですよね。

たくさん集めたはいいけれど、管理が雑でゴチャゴチャしてしまって見る気にならないのでは意味がありません。

そのため、整理整頓は力を入れて行いましょう。

スワイプファイルの管理方法は各々のやりやすい方法で良いと思います。

僕は先にも述べた通り、『Googleドキュメント』や『Goolgleスプレッドシート』を使っています。

僕がこれらのデジタルツールを使う理由は、後で引き出しやすいというのが一点。

もう一点は、他の人と共有しやすいという点にあります。

僕の場合は、一緒に経営をしている嫁や、スタッフ、コンサルのクライアントと共有することが多いので、URLのコピぺだけで送れることが重宝しています。

もしあなたが1人でやっている場合でも、後々のことを考えると、アナログよりデジタルツールで資料収集をしておいた方がいいでしょう。

で、肝心の管理方法なのですが、具体的には

  • 長めのコピーはGoogleドキュメントを作って保存・管理する
  • 短めのコピーはスプレッドシート上にまとめる

などといった感じですね。

面倒なときにはスクリーンショットを撮ってそのままドキュメントにベタ張りすることもあります。

管理はドキュメントを使う場合も全てスプレッドシートで管理してますね。カテゴライズはしっかりやってます。

スワイプファイルを分類する観点として、

  • 無料オファー
  • 低額商品 or 高額商品
  • 購入者限定のアップセル、クロスセル

この辺はきちんと意識して分けるようにしています。

なぜなら、何をオファーする文章なのかによって、構成が大きく変わってくるからです。

面倒くさがらず、カテゴライズをしっかり行なっておくと、スワイプファイルとしての価値が高くなります。

ついでも細かい補足情報もできるだけ入力しておくと良いでしょう。

例えば「自分がその文章を見てどのように行動したか」や「具体的にどこが心に刺さったか」などといったことも書き込んでおくと、後で資料として役立ちます。

まとめ

今回はスワイプファイルについてお話ししてきました。いかがだったでしょうか?

何も知らないうちは、世のコピーライターたちがゼロの状態から「売れるセールスレター」や「ヒットする広告」を生み出しているように感じるもの。

「〇〇さんには才能があって、自分にはない……」などと自己肯定感が下がってしまうこともあるかもしれません。

しかし実際は、冒頭でも書いた通り、優秀なコピーライターほど自分のスワイプファイルを大事にしていて、それに基づいてライティングをしていることが多いのです。

優れたコピーライティングの根底には、優れたコピーライティングの材料があることが多いんですよね。

しっかりと事前に準備をしているからこそ、質の良い文章をスピーディに生み出すことができるわけです。

自分が思うような成果を上げられるコピーライティングをサクサクと行なっていくためには、先人の知恵が詰まったスワイプファイルを充実させることが非常に大切です。

たくさんの「売れている」コピーを収集して、あなたのライティングの質と生産速度を最大化していきましょう!

それでは、今回はこの辺で失礼します。

人生逆転の方法が無料で学べる「電子書籍」「動画セミナー」をプレゼント中!

僕はもともと手取り14万円のフリーターでした。

好きな女の子には
「ちゃんと仕事している人がいい」と振られたり、

職場の近くにあるデパートの
ショーウィンドウに並ぶ高級ブランド品を眺めて

「俺には一生縁のない世界だなあ……」

といつもため息をついていました。

金もなし、時間なし、友達なし、
精神的な余裕もなし。

将来のことを考えると不安しかありませんでした。

 

だからこそ、
そんな何も選べない人生を変えるために
インターネットを使って経済的自立を目指そうと思ったんです。

 

それがまさか、
月収300万円を自動で稼ぐまでになり、
自分の株式会社も持つまでになるとは……。

 

僕の公式LINEマガジンでは

  • 個人がやるべき最強のビジネスとは?
  • 自動で収益を生み出す仕組みとは?
  • 個人が最短で人生逆転をするには?

などなど、

ブログでは書ききれない情報を
たくさんお届けしています。

さらに、登録の無料プレゼントとして、

僕が人生を逆転したビジネス、

「月100万円以上の自動で生み出す
コンテンツビジネス×自動化」

の理論を詳しく解説した
「電子書籍」と「動画セミナー」を用意いたしました!

 

 

こちらの配布は期間限定となっておりますので、ぜひお早めに受け取ってみてください!

>>「電子書籍」と「動画セミナー」を受け取る!