こんばんは、ユウトです。

今日のマガジンは、

「絶対にやるべきでないビジネスと、今、絶対にやっておくべきビジネス」

というタイトルでお送りいたします。

あなたもどうせなら、労働から解放されたいですよね?

どうすれば、労働から解放されることができるのか?

どんなビジネスをすれば、継続的な不労収入を得られるのか?

逆にどんな副業やビジネスを選ぶと、労働地獄に囚われてしまうのか。

今回はその辺について詳しく話していこうと思います。

副業やビジネスをするなら、労働に依存してはいけない

世の中にはインターネットで稼ぐ様々な手段がありますよね。

流行っているものだと、

  • せどり転売
  • 動画編集者
  • プログラマ
  • Webデザイナー
  • ライター
  • ブロガー
  • YouTuber
  • 有料note販売
  • ポイ活

この辺かな。

どれも一長一短がありますが、
これらに共通する致命的な問題点があります。

それは全て「労働依存」であるということです。

つまり、動き続けないと収益が発生しない。

動くのを辞めた途端に、収入が途絶える。

時間を切り売りだから、稼げる額にも上限がある。

稼げば稼ぐほど忙しくなる。

こういったビジネスを
「労働集約型ビジネス」というのですが、

仮に副業でこれらのビジネスをやってしまうと、
それだけで本業とのWワークになってしまい、
休日も含め、朝から晩まで働くハメになってしまいます。

自由になるためにビジネスを始めたのに、
やればやるほど忙しくなり、抜け出せなくなる……。

そんな本末転倒な状態になっている人も世の中には多いです。

僕のところにもよく相談が来ます。

 

そういう意味だと、
ブログやYouTubeはまだ
不労収入を得られるイメージがあるかもしれません。

でも、実際はとんでもない……。

今のブログやYouTubeは完全な労働集約型ビジネスです。

人気YouTuberなどを見てるとわかりますが、
彼らって、毎日必死にネタ集めして、動画投稿を続けてますよね。

それこそ一般的なサラリーマンより遥かに忙しく働いています。

「その方が儲かるからでしょ?」
と思うかもしれませんが、それは半分正解で、半分間違ってます。

実際は、
投稿し続けないとすぐに再生数が落ちていくし、
チャンネル登録者も離れていくから、
スピードを緩めることができないんです。

今はYouTuberは人気の職業の1つです。

つまり、単純にライバルが多すぎるし、
芸能人など、ネームバリューがある人たちも
どんどん参入してきているしで、競争が激しすぎるんですよね。

ゆえに、常に走り続けなければ生きていけない、
走り続けていたとしても常に存続が危ぶまれている、

控えめに言って、すごく難易度が高い稼ぎ方なんですよね。

 

そういう意味では、
ブログならまだある程度は不労収入を作れるのですが、

こちらは1〜2年に一度のタイミングで起こる
Googleのアップデートに大きく振り回されるので、安定させるのが非常に困難です。

せっかく頑張って記事を上位表示させても、
ある日を境にパタンとアクセスが途絶える。

それまで普通に発生していた報酬がガクンと減る。

こんなことは日常茶飯事です。

 

実は僕も過去にこのアップデートをモロにくらってまして。

以前のマガジンで紹介した、コンタクトレンズのブログ。

僕はこのブログで、
毎月90万円前後の不労収入を得ていたのですが、

2018年に行われたアップデートで、
ものの数ヶ月、この収入はゼロになりました。

僕のブログは検索上位から圏外に吹っ飛び、アクセスが激減。

それまで継続的に得られていた90万円の不労収入が、
半年足らずで10分の1になったのです。

コンタクトレンズのブログのアクセス推移

毎日みるみるアクセス数が減っていく……。
いろいろ手を打ってみても、一向に改善しない。

今だからこそ笑い話にできますが、
当時は生活がかかっていたから本当に辛かったです。

ブログをやっている以上、
このアップデートの変動リスクは常に付きまといます。

そしてブログもYouTuberと同様、
ライバルがものすごく多いので、
埋もれないために更新をし続けなければいけません……。

 

また、競争が激しいという意味では
制作代行系のビジネスもそうです。

ライターとか、プログラマとか、
動画編集者とか、Webデザイナーとかのことです。

最近、特に流行ってるのは動画編集かな。

これはこの2〜3年で副業で始める人が本当に増えました。

今から始める人はかなりの後発組になります。

そうなると、何かしら工夫しないと、
かなり厳しい戦いを強いられることになります。

 

この間、それを如実に感じた出来事がありました。

僕がやっている事業の1つで
YouTubeをやっているんですが、

その動画編集を頼むために
クラウドワークス(外注募集サイト)を使って、
募集をかけたんですよね。

そしたら、条件がそこそこ良かったからか
24時間以内に100名以上の募集が集まったんですよ。

……まあ、たくさん応募があるのは
嬉しい限りなのですが、

僕もさすがに100人全員のプロフィールを
吟味している時間はないので、

サイト内の評価や実績を見て、
まず、応募者の数をざっくり絞っていったんです。

どれくらいざっくりかというと、
100人から一気に5人までに絞りました。

「これはナシ、これはナシ、これはアリ」と
秒で判断していったわけです。

ちなみに、そんなすぐに判断できるのは、
一目で実力がわかるレベルの人が多かったからです。

実際、応募があった100人のほとんどは、
まだ評価も実績もほとんどない人たちでした。

……これ、選ばれる側の身になるとけっこうキツいですよね。

後発組の初心者でも、最初から
実績のある上級者たちと同じ土俵で戦わなければいけないわけですからね。

「なら単価を安くして仕事をとって実績を作れば?」

と思うかもですが、
今って代行業界隈もかなり価格破壊が起こっていて
普通にレベル高い人でもけっこう安くお願いできちゃうんですよね。

中には実績が欲しいあまり、
「タダでお仕事請け負います!」
って言ってるような人もいるのですが、

「それ、普通にアルバイトをした方が良いのでは……」

と思わずにはいられません。

毎日朝から晩まで仕事しないとまともな稼ぎにならない。

おかげで時間はなくて、心もだんだん疲れてくる。

でも、書くのをやめたら収入がなくなるから、やめられない。

せっかく自由を求めて独立したのに、
気づけば1人でブラック企業状態

こんな風になっている人も少なくないんです。

 

……と、脅すような感じになってしまったかもですが、

最初で選択をミスると後で地獄になるので、
ぜひこのタイミングで知っておいて欲しかったのです。

 

ただ1つ断っておくと、
僕はこういった副業やビジネスを
絶対に選んでいけないと言っているわけではないんです。

大事なのは何をやるかより、どうやるか。

労働収入にしかならないやり方をするか、
きちんと不労収入に繋がっていくやり方をするか。

これで、
同じジャンルでビジネスをするにしても
労働量に対するリターンが10倍、100倍と変わってきます。

どんなビジネスも仕組み化することで、労働から切り離せる

では、労働から解放されたい場合どうすればいいのか?

答えは

仕組み化の技術を学ぶこと。

もう本当にこれに尽きます。

労働から解放されたければ、
日々、あなたが行う作業を、一度きりの報酬で終わらせないことです。

具体的には、
あなたが持っている知識やスキルを
動画や記事などのコンテンツに落とし込んでいきます。

たとえば、あなたが
「動画編集で10万円稼ぐ方法」を知っているなら、

その方法を教える教材を作って、
自動で売れるようにしていくのです。

もし仮に、
何もお金になりそうな知識やスキルがないなら、
これから学んだ知ことをコンテンツにしていけばいいのです。

とにかく、きちんと形として残すことが大事。

 

てか、かなり突っ込んだ話をしてしまうと、

何か専門技術を身につけて
プレイヤーとして働き続けるより、

ちょっと稼げるようになったら
すぐに教える側に回っちゃった方が遥かに稼げます。

物販で5万円稼いだら教える側に回る。

仕組み化の作り方を覚えたら、
それを教える側に回る。

この「すぐ教える側に回る」という
視点を持っている人は強いです。

どんなジャンルでも強者になれます。

というのもですね、教えるのって、
記事や動画に肩代わりさせられるから
どんどん自動化することができるんですよね。

そして在庫や人件費もかからないから
稼いだ金額が全てコストになる。

時間があまり、お金も手に入る。
こんな状態が作れるわけです。

これを踏まえて世の中を見渡すと、
あることに気づくことができます。

それは、Webデザインとか、動画編集とか
プログラミングとかの分野ですごく稼いでいる人って、

自分では案件捌いてないで
それを教えることで儲けてるってこと。

自分で営業をして案件を取ったり
朝から晩まで労働するのではなく、

動画編集者やブログラマになりたい人に向けて
やり方を教えることで稼いでいるってことです。

だからめちゃくちゃ儲かるんですよね。
自分はネットに労働を任せつつめちゃくちゃ儲かるから。

たとえば、僕の友人のとある女性経営者は
メルカリ物販で5万円くらい稼いだところから
すぐに教える側に周って、

そこから4年が経った今では
月に700万円くらい稼いでます。

いま彼女は、大手焼肉チェーンの
「牛◯」の会長さんと仲が良かったり、

芸能人の友だちも多かったり、

白金高輪(高級住宅エリア)のタワマンに
大きな部屋を借りていたりと、

かなりセレブリティな生活を送っていて
やっているビジネスも規模感が大きいです。

しかも、それだけ稼ぎながら、
毎日余裕がある、優雅な生活を送っている……と。

物販プレイヤーをずっとやってても、
絶対に辿り着けない領域にいるわけです。

もしあなたがこういう生き方に魅力を感じるなら、
プレイヤーとして頑張り続けるのではなく、
さっさと教える側に回った方がいいです。

これはマジです。

 

また、この話をすると、
よくこんな風に言う人がいます。

「自分よりも稼いでいる人がたくさんいるのに、
自分なんかが教えていいのだろうか……」

 

うん。気持ちはわかります。

 

でも、結論から言うと全く問題ありません。

 

だって、冷静に考えてみてください。

世の中には、
別にメジャーデビューとかしてないのに
ギターの弾き方を教えている人や、

ネイティブ英語圏の人じゃないのに
英語を教えて稼いでいる人とか、たくさんいますよね。

みんな冷静に考えれば
「自分よりもすごい人がいくらでもいるのに」
という状態でビジネスをやっています。

これはつまり、ガチガチのプロじゃなくても
その人に教わりたいって人たちがいることを意味します。

目的の違いですね。

たとえば、
稼ぐ方法を教えるのに、月100万円とか、
月1,000万円なんて稼いでいる必要は全くないんですよ。

なんなら月10万円、5万円、
いや、1万円でも、実績としては十分なんです。

そもそもの話、世の中みんながみんな、
「独立して食べていきたい」と思っているわけではないんですよね。

むしろ、

「自分で1万円でも稼いでみたい」とか
「月に5万円でも稼げたらいいな」とか

小さなところから始めていきたい人がほとんどなんですよ。

そして、こういった属性を狙うなら
実績がすごすぎない方がよかったりします。

たとえば
「家系のために在宅で副収入を作りたい」
という主婦の方からすれば

”月収1000万円のスーパー起業家”より
”子育てをしながら稼いでいる主婦”の方が、
「自分にもできるかも」ってイメージが湧くわけです。

再現性っていうのは教えるビジネスをする上では重要なキーワードです。

めちゃくちゃ実績を出しているカリスマでもなく、
すごく頼りがいのある先生でもなく、
一歩先を行っている先輩ポジションでも、十分ビジネスって成立するんですよね。

 

と、ここまでの話を踏まえて
何が言いたいかというと、

教える系のビジネスって、
労働集約型のビジネスと違って、ライバルに左右されにくいんです。

後発組でも、実績なしでも、稼げます。

そして、どんなジャンルでもビジネスを作れる。

ダイエット、筋トレ、恋愛、語学、受験、節約、金融……

誰かの悩みの解決に繋がることなら、何でもビジネスにできるわけです。

ニッチなところで言うと、
「犬のしつけ」とか「ゴルフのスコアの上げ方」とかでも十分ビジネスになります。

とにかくこれらの知識や情報を体系化して
教材などの商品を作り、それが自動で売れるように仕組みを作っていく。

これが、労働から解放されるための第一歩です。

 

ちなみに、仕組み作りを学ぶのは早ければ早いほどいいです。

「今やってるビジネスが軌道に乗ったらやろう」という考えは、実は危険

なぜなら、労働集約型のビジネスが軌道に乗る頃には、忙しすぎて作業に当てられる時間がなくなっているからです。

だからこそ……

 

仕組み作りは今すぐ始めるのがベスト。

 

なるべく早いうち、暇なうちから、
資産になるコンテンツを積み上げ始める。

あとこれ、
すごく重要なので覚えておいて欲しいんですが、

たった一度の報酬をもらうために労働するのって、本当に勿体無いんですよ。

同じ時間を作業するなら、
単発の利益をもらって終わるより、

長きに渡って利益を生み出す資産を作っていった方が、
はるかに労力対効果が良いですよね。

しかも積み上げれば積み上げるだけ不労収入が増える。

なら、始めるのは早ければ早い方がいいです。

 

また、早く始めるのにはもう1つ大きなメリットがあります。

今、ここからの成長記録をコンテンツに落とし込んでいく。

そうすれば、
あなたが月収50万、100万円と稼ぐ頃には、
そこまでの軌跡が記録されたコンテンツ群ができあがります。

これがまた、すごく価値ある資産になるんですよね。

だって世の中の多くの人は
「実績がないうちからどうやって成功したのか?」を知りたいわけですから。

あなただってそう思ってませんか?

どうやって雑魚フリーターだったユウトが、
月440万円を稼げるようになったのか。

「1から順序立てて具体的に教えてよ」と、
思っているのではないでしょうか。

まあ、思わないにしても、

「ゼロから結果を出す過程が知りたい」
って思っている人はたくさんいるんです。

だからこそ、最初からコンテンツにして、
成長記録として残しておくんです。

 

そうすれば、
あなたの過去のコンテンツを見たお客さんが
「本当にゼロから成功した人なんだ」と思ってくれる。

そう思ってもらえれば、
あなたが教えていることに再現性を感じて、
商品を買ってくれるんです。

というわけで、もしあなたが、
今すでに何か副業やビジネスをやっているなら、
どんどんそれをコンテンツにしていって、

仕組み作りと並行して行っていくことをオススメします。

まだコンテンツ化できるものを持っていない場合は?

こういった質問もよく受けます。

「コンテンツにするネタがない場合はどうするか?」

この質問に対する答えは1つです。

「これから学びながら、それと同時にコンテンツ化していく」

これでOK。

稼ぐ方法でも、ダイエットでも、筋トレでも、何でもOK。

とにかく、
あなたが今後本気で学んでいきたいことや、
情熱を注げるテーマを選ぶことが大事です。

学んだこと、経験したことをアウトプットがてら、
逐一コンテンツに落とし込んでいきましょう。

あなたの後輩となる人たちに教えてあげるつもりで
コンテンツを作っていくのです。

この方法の良いところは、効率の良さもそうですが、
インプットとアウトプットをセットで行えることです。

人って忘れっぽい生き物なので、
学んだことをすぐに忘れちゃうんですが、
アウトプットすることで脳みそにきちんと定着するんですよね。

学んだことをきちんとアウトプットし続けると、
人は急速に成長していきます。

アウトプットの仕方については、
何か学ぶ度に1記事書くとか、短い1本動画を撮るとか、そんなのでOKです。

下手くそで全然OK。

上手く書けなくても、上手く話せなくてもOK。

それ自体が練習になるので、
クオリティにはあまりこだわらず、数をこなす意識が大事。

続けていけば確実に上手くいっていきます。

1年も経つ頃には見違えるくらいに成長できることでしょう。

その頃には、十分に教えられる立場の人間になっているはずです。

ぜひ、今回のマガジンの質問・感想を僕にアウトプットしてみて、今日の学びを定着させましょう

今日もマガジンを読んでいただき、ありがとうございました。

もしよければ、今回のマガジンで学んだことや気づいたことなどを、アウトプットがてら僕に送ってみてください。

知識や情報は学んだ時にすぐアウトプットすることで脳の定着率が10倍以上アップすると言われています。

学んだら即アウトプット。

これはぜひ週刊にしてみてください。

ものすごい速度で脳みそがレベルアップしていくのを実感するはずです。

また、僕もいただいた感想には全て目を通させていただきますし、できる限りアドバイスもさせていただきます。

  • 「ここがわからなかった!」
  • 「こういう場合はどうなの?」
  • 「こんなことで悩んでます……」

といったことなども、ドシドシお待ちしています。

ぜひこのマガジンを有効活用してみてくださいね。

感想は、僕のLINEマガジンに直接返信する形でいただければと思います。

 

それではまた、次回のマガジンでお会いしましょう!