" alt="">

手取り14万のフリーターから月440万円稼ぐ起業家に。ユウトのプロフィール

どうも、ユウトです。

僕は現在、東京の下北沢に済んでおり、
主に自宅を拠点としてマーケティング関連の仕事をしています。

 

僕がインターネットビジネスを知ったのは24歳の時。

なんとなく書店で手に取った本で
アフィリエイトを知ったことが、
僕の「働かずに稼ぐ」人生のスタートでした。

アフィリエイトとは?

ブログやサイトに広告を貼って稼ぐインターネットビジネスのこと。ブロガーやWebメディア運営者の主な収入源でもある。

当時、僕はフリーターだったのですが、
スタートから1年で独立に成功し、

専業アフィリエイター時代で一番調子がいい時は、
毎月200万円〜300万円の収入が
自動で入ってくる状態を作れていました。

 

しかし、
2018年のGoogleのアルゴリズム変動と
メインの取引先の企業が経営破綻したことで、売上が激減。

その後一時はぜんぜん稼げなくなって
特に仕事もせず、1年ほどフラフラしたりもしてましたが……

 

とあるキッカケから、
今のメインビジネスである「仕組み作り」の概念と出会い、
教材やコンサルなどを買いまくって猛勉強を開始。

その後、

  • 仕組みを使って自分の商品を販売したり、
  • 企業の商品の販売を裏方で手伝ったり、
  • 東京の青山にある英会話スクールの役員になったりして、

開始1年ほどで月収440万円を突破し、
今はそのうちの200万円前後を自動化し、のんびりと生活しています。

 

僕の得意技は、
ネットを使って自動で稼ぐこと。

 

……いや、正確に言うと、

最初に選んだビジネスが
自動で稼げるアフィリエイトだったせいもあり、
自分が手を動かさなければ稼げないビジネスが本当に苦手で。

 

コンサルティングなどの「実働が伴う仕事」も
一時期は経験のため積極的にやっていましたが、

最近は、役員の仕事や仕組みのメンテナンス程度にとどめ、
コンテンツ販売など、なるべく動かなくても
売上が立つビジネスの設計に力を入れています。

 

他にも、日常的なこととしては、

好きな時間に起き、カフェで朝食を食べながら仕事したり、

ノリで1人でシンガポールに出かけてマリーナベイ・サンズに泊まってみたり、

嫁とイギリスに旅行してハリー・ポッターのロケ地回ったり、大英博物館にロゼッタストーン見に行ったり、

マレーシアに住んでる投資家の友人の別荘で2週間ほどバカンスを楽しんだり、

もちろん遊んでいるだけじゃなく、仕事も(たまに)ちゃんとやってます。

(一緒に写っているのはクライアントさんたち。僕は右真ん中でピースしてる奴です(寝起き))

 

まあ、情報発信は楽しいし、
役員の仕事とかも、やる時は徹底的にやるんですが、

あまり頑張りすぎると疲れて病むので
ストレスのかからないよう、基本的には
のんびり楽しくやってます。

 

 

ただ、僕も起業する前は
こんなふうになれるなんて思っていませんでした。

というのも、もともと僕、
手取り14万円のフリーターだったんですよね。

金もない、友だちもいない、能力も低い。
そのくせプライドは無駄に高い。

で、そんな人間にありがちなんですが、
他人を否定することでしか自尊心を守ることが
できなかったので、

こういうビジネス系のブログを見たり、
なんかSNSでキラキラした発信をしている起業家たちを見たりするたびに、

「うわー……うさんくせー……」

って思ってました。

 

 

そんな僕が、今の考えと結果に至るまでの流れを、
めちゃくちゃざっくりとですが、まとめてみました。

過程とか僕のキャラがわかるかなと思うので
よければ読んでみてください。

周りに上手く馴染めなかった少年時代

僕は昔から、
「みんなの輪に入るのが苦手」
「人に合わせることが苦手」な子供でした。

幸いにも、ひどいいじめに遭ったとか
そういう経験はないのですが、

物心ついた時から、
社会の中で生きることに対する
「息苦しさ」や「面倒くささ」を感じていました。

 

具体的なエピソードを挙げると、

 

クラスのお調子者が冗談を言って場が湧く

全く面白いと思えなくて黙っている

「ノリが悪い奴」とレッテルを張られ周りから浮く

 

みたいなことが多々あったり、

 

控えめに言ってあまり可愛くない
女の子に「可愛いでしょ?」と聞かれる

露骨に返答に困る

女子が怒り出し周りからは「ひどいやつ」扱い

 

みたいなことが
今までの人生で何度もあって、
よく「人間関係とか、うざいなあ……」って思っていました。

 

まあ、一言で言えば、
「空気が読めないやつ」なんですが、

別に空気が読めてないわけではないんです。

 

何てて言えば相手が喜ぶかはわかるし、
合わせようと思えば合わせることもできる。

でもそれが究極的に面倒くさいのと
合わせていると物凄くメンタルが消耗するので

自分の好きなように生きていたら、
「浮いている奴」「よくわからない奴」
と評価されるようになっていた、そんな感じです。

 

ちなみに性格以外の面で言うと、
僕は運動神経がめちゃくちゃ悪いし、全体的に鈍臭いです。

国語美術は得意でしたが、
それ以外は特に秀でた点はなく、
数学や英語はいつも赤点ギリギリ、みたいな感じでした。

遊びの面で言うと、
絵を描くのとか、レゴブロックで遊ぶとか、
遊戯王カードとかスマブラとかが好きで、

スポーツとか、アウトドア系は
全般的に苦手でした。

 

そんな僕の一番の趣味は、
小説を書くことでした。

ジャンルとしては、SFとか、
ファンタジーとかミステリかな?

ゾンビ物とか、近未来の戦闘物とか
学園ミステリーとか、いろいろ書いていました。

小説を初めて書いたのは中学2年生の時です。
その時は本当に、ただの趣味という感じだったのですが、

いつの間にか、
小説家を書くことは僕の日課となり、
小説家として成功することが僕の夢になっていました。

 

昔の僕は、根性なしで飽き性だったから
バイトも習い事もぜんぜん続かなかったのですが、
小説を書くことだけはなぜかずっと続けられて、

その後も高校→短大→大学と、
環境やつるむ仲間が変わっても、
ひたすら小説を書き続けてきました。

 

それと同時に、「社会に馴染めない感」は
歳を取るごとにどんどん強くなっていき、

小説で一旗上げたかったということもあり、
就活はろくにせず、大学卒業後はフリーターになりました。

 

 

フリーターをして最初の2年くらいは
ほぼバイトと小説だけの生活を送っていました。

一見すると楽な生活をしているように
思えるかもですが、なかなかハードな2年間でした。

経済的な問題もそうですが、
どちらかというとしんどかったのは精神面。

四六時中、小説のことばかりを考え、
寝る間を惜しんで読み書きしていたのですが、

いくら作品を書いて賞に送っても、
端にも棒にもかかることはありませんでした。

 

経験値の問題か? と思えば、
自分より年下で、歴も浅い人たちが
どんどん賞を取っていく。

センスのなさと実力のなさに絶望しながらも
「夢を諦めたら何も残らないから」と夢にしがみつく日々。

でもそんな状態が長く続くはずはなく……。

24歳の時に、泣く泣く10年来の夢を断念することになりました。

 

夢を失った僕は空っぽになりました。

いや、空になっただけならいいのですが、
自分の破滅的なステータスを自覚すると、絶望しました。

 

  • 手取りは14万円。貧困生活
  • 社会で役立つ知識もスキルも何も持ってない
  • 友達がいない。合コンや結婚式にも一度も呼ばれたことがない
  • 底辺ステータスのくせに無駄にプライドは高い
  • 理想と現実のギャップが激しく、去勢を張りまくる毎日

 

センスもなく、無能なくせに、
夢を志した人間の末路です。

我ながら「終わってるなあ」とよく思ってました。

社会からの独立

小説家という人生の目標を失った僕は、
何の意義も希望も見出せない毎日を送っていました。

会社という場所は
ただの苦痛を生み出す箱でしかありませんでした。

同僚とも話やノリ話が合わず、
愛想笑いしながら話を合わせる毎日はひたすら不毛で、

上司にはいつも理不尽な理由で怒られ、
身勝手なクレーマーに謝らなければいけないのも
なんかちょっと意味がわかりませんでした。

一応、社員になる道も残されていましたが、
自分の未来の投影である同性の上司たちは、

髪の毛が薄くなっていたり、
奥さんに不倫されていたり、
本音とルールの板挟みになっていたりと、
まったく魅力を感じられない生き方をしていました。

その不倫されていた上司は
比較的、仲が良い方だったのですが、

「それでいいんですか?」と憤って尋ねると、
「まあ、仕方ないよね」と苦笑い。

「ああ、これはもう無理だ」と思いました。

ここにいると、同じ末路を辿ることになる。

 

僕の頭の中に「起業」という選択肢が
生まれたのはその頃でした。

もう会社を辞められるなら何でも良かったので、

「何か、自宅にいながら稼げる方法はないか」

「こんな息苦しい場所から抜け出す方法はないか」

と条件を広めに設定して、
書店やインターネットなどで情報収集をしました。

そこでアフィリエイトに出会いました。

僕がアフィリエイトに興味を持ったのは
ある程度文章は書けるから、というのもそうですが

自動で収益が入ってくる状態を作れる

というのがとても大きかったです。

 

やる気の起爆剤となったのは、
ネットでアフィリエイトについて調べている時に見つけた、

自宅から出ずに、サイト運営だけで
200〜300万円という金額を稼いでいる人のブログでした。

最初にその話を読んだ時は、
思わず「は?」と声に出してしまいました。

 

僕の手取りが、
社員と同じフルタイムで働いて
14万円とかなのに対し、

その人はたまにブログをメンテナンスするだけで
毎月200〜300万円が口座に振り込まれる、とか言ってるんです。

「え、何これ、詐欺?」

「俺、騙されてる……?」

そんな風にも思いましたが、

その人のブログやメルマガを読み込んでみると、
言っていることの筋は通っているように感じました。

自分でもアフィリエイトの本を買って
いろいろ勉強してみました。

すると、「解像度が上がる」っていうんですかね、
知識を増えるに連れ、話の全体像がクリアになっていき、

「自分でもできるかも?」という
可能性や再現性を感じるようになっていきました。


「自分はポンコツ人間だから、
月100万円の自動化は難しそうな気がするけど、

ここに書いてある通りやったら、
月に20〜30万円とかならイケるんじゃないか?」

そんな風に思うと、
不安や心配がいつの間にか薄れていき、

「やってみたい」

という気持ちが強まっていきました。

 

また、インターネットビジネスは、
始めるのにコストがほとんどかからないというのも
貧乏フリーターだった僕には魅力的でした。

コストもほぼゼロ。リスクもない。
でも成功すれば幸福な人生が手に入る。

やらない理由はありませんでした。

「僕はビジネスをやる。
これで今度こそ人生を変える。
もしダメだったら実家に帰ろう」

そんな風に「決めた」僕は、
そこからビジネスについて猛勉強し始めました。

積み上がる報酬。広がり続ける世界

正直、最初はけっこう苦戦しました。

ブログの作り方もわからないし、
ビジネスに対する知識もほぼ皆無。

難しい専門用語が並ぶと
脳の処理が追いつかず、よくオーバーヒートしてました。

(キィィィィィィ! みたくよくなっていました笑)

数字も大の苦手だったので、
ことあるごとに躓く自分に悲しくなりましたが、

本気で現状を変えたかったので
睡眠時間も削って、勉強と作業に臨みました。

 

最初は不安もありましたが、
知識が増えるに連れて自然と自信がついていき、
作業をするのが楽しくなってきました。

 

初めての利益が出たのは半年後。
金額としてはたった数十円ほどだったのですが、

それまでの人生の中で
まともな成功体験をしたことがなかった僕は
死ぬほど喜びました。

 

「本当に稼げるんだ」と思えると、
勉強にも作業にも熱が入り、
売上も右肩上がりに伸びていきました。

 

 

話は変わりますが、
アフィリエイトの面白いところは
積み上げが効くところです。

これは僕が今やっている
「仕組み作り」にも共通する特徴なのですが、

ネット上に記事や動画などの
「コンテンツ」を作り続けることで

それが資産として積み上がり、
やればやるだけ自動収入が増えていく。

これが本当にすごいと思いました。

 

それまでの僕にとっての常識だった
フリーターや会社員などの
自分の時間の切り売りの稼ぎ方とは、まるで違う稼ぎ方。

「やればやるだけ積み上がる」
「自分の作業が全て資産作りになる」

この感覚が新しく、
楽しくて仕方がありませんでした。

 

始めて1年も経つ頃には
月15万が自動で入ってくるようになり、
バイトの収入を上回ったので、独立しました。

専業になってさらに作業に打ち込むと、
15万、40万、70万と収入が増えていき、

そのお金を使って教材を買ったり、
30万円以上の高額スクールに投資したりと、

そうやった学びと経験を重ねていくことで
知識が増え、実力がつき、人脈も広がり、
何より自分に自信がついていきました。

 

そして、独立して2年目には、
金融系の商品を取り扱う企業と提携して
高額な商品を取り扱うようにもなり、

月にだいたい200〜300万円くらいの収入が
自動で生まれるようになっていました。


当時使っていた口座の1つ。トータル220万円くらい。当時は楽天銀行も併用して使っており、残りの100万円程度の報酬はそちらに入ってきていました。

結論:「他人に依存しないビジネス × 自動収益が積み上がるビジネス」が最強

と、ここまでの話は、
僕が起業して今のステータスを得るまでの話です。

実はこのあと、
僕はアフィリエイトで全然稼げなくなって、

(Googleの大規模なアルゴリズム変更があったり、
取引先の企業が経営破綻したりしたのが原因です)

そのことで自信を失ってうつ病になり、
1年間、何もせずニート生活を送ることになるのですが……

その後、今メインでやっている
コンテンツビジネスと出会ったことで、

1年足らずでゼロから月収100万円以上に
戻ることに成功し、今の最高月収は440万円を超えるまでになりました。

この辺の話をし始めると、
すごく話が長くなってしまうので、
詳細は僕の公式LINEなど、別の機会でお話することにしますが、

とにかく僕がこの経験から学んだのは、

人のビジネスに依存した稼ぎ方をしている以上
常にリスクに付き纏われるし、

お客さんの信頼も売上も、
大半が企業側のものになってしまうので
かなり勿体無い、ということでした。

その点、コンテンツビジネスの場合、
自分の商品を取り扱うビジネス。

誰かの商品を扱うわけではないので、
全てが自分の利益になるし、

全ての作業がきちんと
資産として積み上がり、
自動収入を生み出すことができるので、

個人ができるビジネスとしては、
これが最強だと今は認識しています。

僕は今、このコンテンツビジネスで
自動収益を積み上げながら、

自分が今まで培ってきた
知識や経験を活かして、

企業のマーケティングを手伝ったり、

初心者の人にコンテンツビジネスで
稼ぐ方法を教えたりすることを
メインのお仕事として活動しています。

他にも、英会話スクールの役員をしたり、
自社で恋愛サービスやシステム開発をしたりと色々なことをしていますが、

その根底にあるのは
ネットを使って自動収益を生み出す
インターネットビジネスの知識とスキル

これに通ずるかなと。

これができるようになるだけで
ぶっちゃけ人生は勝ちゲーですし、

ストレスだらけの労働生活から完全に解放されて、
自分の思い通りの人生を送れるようになるので、

その素晴らしさを昔の僕のような
社会に生きづらさを感じている人たちに
1人でも多く知ってほしいと思っているので

このブログや公式LINEなどで
発信を行っているわけです。

ビジネスが持つ「人生を変える力」

僕は起業する前まで、
ビジネスって言葉が大嫌いでした。


だって怪しいじゃないですか。

 

詐欺師みたいな連中もたくさんいるし。
ポジティブすぎる人たちはなんかキモいし。

 

また僕は、大学生時代に
ネットワークビジネスの勧誘を
受けまくった経験があるので、

「お金と時間の自由が〜」
とか言っている人が胡散臭くて、
ある種のトラウマでした。

 

ではなぜ、そんな僕が、
今こうしてビジネスにハマり、

結論として「お金と時間の自由」を
手に入れる方法を多くの人に説いているかというと、

それは僕が、今までの人生の中で、
ビジネスが秘める可能性の大きさ

身にしみて体感してきたからです。

 

ビジネスには、人の人生を変える力があります。

 

  • 年齢も性別も学歴も関係なく、正しい努力をすれば誰でも人生を変えられる
  • 社会の底辺でも人生に希望を持てる
  • パソコンが1台あれば、ノーリスクで起業できる
  • 良い商品やサービスを持っているのに、売り方がわからず困っている企業の売上を飛躍的に伸ばすことができる
  • 人の人生を変えて、感謝されて、その上でお金をもらうことができる
  • 経済的にも、精神的にも、社会的にも強い個人になって、理想のパートナーを作ることができる

これ、全部僕が経験してきた「変化」です。

 

僕はビジネスが持つ「人の人生を大きく変え、豊かにする力」に魅了されたのです。

 

ビジネスはわりと、
知ったもんがち、やったもんがちの世界です。

何も知らず、何もやらず
のうのうと生きている人に、
幸福な未来は訪れませんが、

素直に学ぶ姿勢を持ち、
行動に移していけている人なら、

ビジネスという「手段」を
自分の人生を変えるために有効に活かすことができます。

ビジネスは知識ゲー。必要な知識を正しい順序で学んでいけば誰でも成功できる

僕は、途中でもお伝えしたような
自動収益を生み出すビジネスを構築し、

自分の人生を、自分の力だけで
最高に楽しめる人たちを増やしたい

と思って発信しています。

ただ、僕がいくらTwitterやブログで
大事なことを伝えていっても、

初心者の方が、
そういった断片的な情報を繋ぎ合わせて、

自力で形にしていくのは難しいと思います。

そこで僕が考えたのが、
必要なことだけを要点をまとめ、
順序立てて配信していくことでした。

僕が自分の公式LINEにて
無料で発行しているLINEマガジンでは、

  • そもそもビジネスとは何なのか?
  • ガチの初心者がどうやってネット上に自動収益源を構築していくのか?
  • 一切売り込まなくても商品がバンバン売れる、文章術、トーク術とは?
  • 短期間で爆発的に成果を上げる人と一生そのままの人。成功する側に至る秘訣とは?
  • 読者限定のイベントや懇親会の案内

などといったことを発信しています。

 

成功するために絶対欠かせない考え方とか、
明日から使える爆益を生むテクニックとか、
かなりコアなことを話しています。

さらに今なら
登録者限定のプレゼントも用意しています。

こちら、既に100名以上の方に
受け取ってもらっていますが、

  • 「自分の今後やるべきことが明確になり、稼げる未来が見えました! 」
  • 「経験者ですが、全く新しい観点で勉強になりました!」

などと嬉しい声をたくさんもらっています。


今だけ限定で無料公開
しているものなので
ぜひ、詳細ページだけでも見てみてくださいね。

 

ユウト社長のビジネスマガジン(公式LINE)

 

それでは、今回はこの辺で失礼いたします。

長い記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

人生逆転の方法が無料で学べる「電子書籍」「動画セミナー」をプレゼント中!

僕はもともと手取り14万円のフリーターでした。

好きな女の子には
「ちゃんと仕事している人がいい」と振られたり、

職場の近くにあるデパートの
ショーウィンドウに並ぶ高級ブランド品を眺めて

「俺には一生縁のない世界だなあ……」

といつもため息をついていました。

金もなし、時間なし、友達なし、
精神的な余裕もなし。

将来のことを考えると不安しかありませんでした。

 

だからこそ、
そんな何も選べない人生を変えるために
インターネットを使って経済的自立を目指そうと思ったんです。

 

それがまさか、
月収300万円を自動で稼ぐまでになり、
自分の株式会社も持つまでになるとは……。

 

僕の公式LINEマガジンでは

  • 個人がやるべき最強のビジネスとは?
  • 自動で収益を生み出す仕組みとは?
  • 個人が最短で人生逆転をするには?

などなど、

ブログでは書ききれない情報を
たくさんお届けしています。

さらに、登録の無料プレゼントとして、

僕が人生を逆転したビジネス、

「月100万円以上の自動で生み出す
コンテンツビジネス×自動化」

の理論を詳しく解説した
「電子書籍」と「動画セミナー」を用意いたしました!

 

 

こちらの配布は期間限定となっておりますので、ぜひお早めに受け取ってみてください!

>>「電子書籍」と「動画セミナー」を受け取る!